ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

Standard Jazz Songコミュのアーヴィング・バーリン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

世に作曲家・作詞家・演奏家・歌手たちのソングブックと称するアルバムはたくさん出ています。

しかし、寡聞にしてこれらソングブックを系統的に整理した資料を目にした記憶がありません。

かねてより考えていたのですが、世にないのなら、このコミュニティで手がかりになりそうなトピックを立ち上げられないだろうか、という強い思いを持っていました。
しかし、私自身のパワー、力量ではなかなか手が付けられませんでした。
また、心ありそうな、ジャズ経験をお持ちの方にもご相談させていただいておりました。
それでも『全てがバラ色に熟するまで待っているのか?』という自問の末、手がつきそうなところから始めてみようという思いが勝り、どれだけのものが出来るのかは全く見通せてはいませんが、立ち上げることにしました。

方針としては、作曲家・作詞家・演奏家・歌手たちの一人を1トピックとして、その中でソングブック・アルバムを取り上げ、各ソングブックの曲の解説を展開するという方法をとりたいと考えています。

これらソングブックはスタンダード・ジャズ・ソングの塊でもあるでしょう。

============================================
最初はアーヴィング・バーリン ソングブック から始めてみます。
============================================

Irving Berlin ( May 11, 1888 – September 22, 1989)
https://en.wikipedia.org/wiki/Irving_Berlin

「アメリカのシューベルト」とも呼ばれるアーヴィング・バーリンはその生涯で1500曲を超える曲を書いたとされています。
彼は作曲だけでなく作詞も同時に手がけています。

ユダヤ系ロシア人としてロシアのベラルーシで生まれたアーヴィングは1893年に両親と共に米国に移住しています。
彼は18歳の頃、NYで音楽の仕事にありつき、自身で歌うために作曲を始めたようです。

その後1910年頃にはミュージカルの仕事を手がけるまでになり、
http://ibdb.com/person.php?id=6452
1927年のトーキー映画出現以降は映画の仕事も手がけています。
http://www.imdb.com/name/nm0000927/

1970年には Songwriters Hall of Fame になりました。
http://songwritershalloffame.org/exhibits/C3
彼の作品リストはここにあります(全てを網羅しているかどうかまでは調べていません)
http://songwritershalloffame.org/songs/C3

ここにもリストがあります。
http://jazzshiryokan.net/jazzDB/FMPro?-DB=songbooks.fp5&-Format=bookdata_detail.htm&-Lay=detail&-op=eq&-Max=1&recordID=S167&-Token.1=&-Find

アーヴィング・バーリンの作曲年毎の曲リストがありました。
List of Irving Berlin songs (chronological)
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Irving_Berlin_songs_%28chronological%29


アーヴィング・バーリンが書いた曲というと、最初に思い浮かびますのは、最初の大ヒット曲になった"Alexander's Ragtime Band"(1911) がありますね。
そう、あの『鴨の日、鴨の日』と歌われる有名曲です :-)
そして、1927年のトーキー映画の傑作『ジャズ・シンガー』ではアル・ジョルスンが歌う "Blue Skies"が大ヒット曲になっています。
また、クリスマスシーズンには必ず流れる "White Christmas"(1935) も彼の作曲になります。

アーヴィング・バーリンは正規の音楽教育は受けていなくて、自身で楽譜が書けなかったというのもよく知られていて、彼がピアノを演奏して、助手が採譜していたそうです。
また、その出自から、英語に英文学に特別な深い教養があるわけではないので、比較的易しい言葉で歌詞を書いていたのが、逆に大衆に受け入れられた要因の一つであろうというのもよく知られています。

アーヴィングのようにロシア系だけでなく欧州系のユダヤ系作曲家が大勢輩出しているのは、彼等の才能だけではなく、音楽が当時の新興産業の一つであったという社会分析もありました。


この偉大な作曲家、アーヴィング・バーリンの曲ばかりを集めたソングブック・アルバムを大勢の歌手や演奏家たちが手がけるのも、ごく自然なことなのかもしれません。

アーヴィング・バーリンを知るための資料としては、このような本が出ています。
Irving Berlin Anthology
http://www.amazon.com/Irving-Berlin-Anthology/dp/0793530385/ref=pd_sim_14_1?ie=UTF8&refRID=1QSK69Q7DQ4TX8YTP9ZC

米amazonで Irving Berlin を検索しますといろいろと出てきます。
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss_2?url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=irving+berlin
女性歌手では、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ローズマリー・クルーニー、スザンナ・マッコークル、ヘレン・メリル等がアーヴィング・バーリン・ソングブックを出していますし、男性歌手では、ビング・クロスビー、ビリー・エクスタイン等がソングブックを出しています。
器楽演奏では、デイヴ・ペル、オスカー・ピーターソン等が出しています。
その他有象無象山ほど出てきますが、どれがオリジナルなのかオムニバスなのか、よく判りません(汗)



一つお断りしておきたいのは、わたし自身はコレクターでもなく研究者でもありません。
また、手持ちのアルバムも殆ど無く、このトピックを継続するだけの充分なリソースを持っていません。
そこで、みなさんがお持ちのリソースを充分に活用させていただけるよう、お手持ちのアルバムがございましたらぜひ紹介をお願いします。


reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************

#93 - Helen Merrill ‎/ Helen Merrill sings Irving Berlin / Victor / 1987
#76 - Susannah McCorkle ‎/ Let's Face The Music (The Songs Of Irving Berlin) / Concord Records / 1996
#36 - Ella Fitzgerald / Sings the Irving Berlin Song Book / Verve / 1958
#4 - Say it isn't so / Claire Martin & Richard Rodney Bennett
    A collection of songs by Irving Berlin / Linn Records / 2011



*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Irving Berlin Songbook】
 Ann Tofflemire / Let's Face the Music: Anne Tofflemire sings Irving Berlin
 Billy Eckstine / Sarah Vaughan / The Irving Berlin Songbook / EmArcy / 1957
 Bing Crosby / Bing Sings the Irving Berlin Songbook Import
 Dave Pell / The Dave Pell Octet Plays Irving Berlin / 1953
 Dick Haymes & Carmen Cavallaro / Sings Irving Berlin Songs
 Elisabeth Welch / Irving Berlin Songbook
 Fred Astaire / Irving Berlin Songbook
 John Bunch / Plays the Music of Irving Berlin
 Kiri Te Kanawa / Kiri Sings Berlin
 Lee Wiley / Sings Irving Berlin
 Michael Feinstein / Remember: Michael Feinstein Sings Irving Berlin
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays Irving Berlin / 1952
 Paolo Birro / Irving Berlin Songbook
 Ralph Sharon / The Magic of Irving Berlin
 Joni Janak / Ron Moewes / Ralph Sharon / Always: The Music of Irving Berlin
 Robert Clary / Sings Harburg & Berlin
 Rosemary Clooney / Sings the Music of Irving Berlin / Concord / 1984
 Teresa Brewer / American Music Box, Vol. 1 (Songs of Irving Berlin)
 Wesla Whitfield / The Best Thing for You Would Be Me: The Irving Berlin Songbook




*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Alexander's Ragtime Band" (Irving Berlin/1911) - (#45)
"All by Myself" (Irving Berlin/1921) - (#52)
"Always" (Irving Berlin/1925) - (#69)
"Better Luck Next Time" (Irving Berlin/1948) - (#17, 89)
"Blue Skies" (Irving Berlin/1926) - (#14, 74)
"Change Partners" (Irving Berlin/1938) - (#6, 71)
"Cheek to Cheek" (Irving Berlin/1935) - (#48, 85)
"Everybody Knew But Me" (Irving Berlin/1945) - (#82)
"Get Thee Behind Me Satan" (Irving Berlin/1936) - (#7, 44)
"He Ain't Got Rhythm" (Irving Berlin/1937) - (#10)
"Heat Wave" (Irving Berlin/1933) - (#57, 80)
"How About Me?" (Irving Berlin/1928) - (#47)
"How Deep Is the Ocean" (Irving Berlin/1932) - (#12, 51, 81, 94)
"How's Chances?" (Irving Berlin/1933) - (#56)
"I Got Lost in His Arms" (Irving Berlin/1946) - (#7)
"I Used to Be Color Blind" (Irving Berlin/1938) - (#49)
"I'd Rather Lead A Band" (Irving Berlin/1936) - (#77)
"I'm Putting All My Eggs in One Basket" (Irving Berlin/1936) - (#67)
"I've Got My Love to Keep Me Warm" (Irving Berlin/1937) - (#73)
"Isn't This a Lovely Day?" (Irving Berlin/1935) - (#59, 79)
"It Only Happens When I Dance With You" (Irving Berlin/1948) - (#88)
"It's a Lovely Day Today" (Irving Berlin/1950) - (#70)
"Lazy" (Irving Berlin/1924) - (#50)
"Let Yourself Go" (Irving Berlin/1936) - (#40, 90)
"Let's Face the Music and Dance" (Irving Berlin/1936) - (#37, 78)
"Lonely Heart" (Irving Berlin/1933) - (#13)
"Love And The Weather" (Irving Berlin/1947) - (#86)
"Love, You Didn’t Do Right By Me" (Irving Berlin/1954) - (#11)
"No Strings (I'm Fancy Free)" (Irving Berlin/1935) - (#72)
"Now it Can Be Told" (Irving Berlin/1938) - (#68)
"Puttin' On the Ritz" (Irving Berlin/1927) - (#43)
"Reaching for the Moon" (Irving Berlin/1930) - (#62)
"Remember" (Irving Berlin/1925) - (#54)
"Russian Lullaby" (Irving Berlin/1927) - (#42)
"Say it Isn't So" (Irving Berlin/1932) - (#27)
"Shakin' the Blues Away" (Irving Berlin/1948) - (#14)
"Slumming on Park Avenue" (Irving Berlin/1937) - (#64)
"The Song Is Ended (but the Melody Lingers On)" (Irving Berlin/Beda Loehner/1927) - (#66)
"Steppin’ Out" (Irving Berlin/1948) - (#5)
"Supper Time" (Irving Berlin/1933) - (#55, 87)
"There's No Business Like Show Business" (Irving Berlin/1946) - (#84)
"They Say It's Wonderful" (Irving Berlin/1946) - (#95)
"Top Hat, White Tie and Tails" (Irving Berlin/1935) - (#46)
"Waiting At The End of the Road" (Irving Berlin/1929) - (#29, 91)
"What’ll I Do?" (Irving Berlin/1923) - (#28)
"When You Walked Out Someone Else Walked Right In" (Irving Berlin/????) - (#82)
"White Christmas" (Irving Berlin/1940) - (#96)
"You Can Have Him" (Irving Berlin/1949) - (#41)
"You Keep Coming Back Like a Song" (Irving Berlin/1943) - (#61)
"You're Easy To Dance With" (Irving Berlin/1942) - (#88)
"You're Laughing at Me" (Irving Berlin/1937) - (#39)







コメント(96)

"Heat Wave"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1933

この曲はレビュー(舞台)As Thousands Cheer (1933) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/As_Thousands_Cheer

can-can (カンカン)というのは19世紀半ばあたりのフレンチ・キャバレーで始まった踊りです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Can-can

これが1933年の曲?と思えるくらい現代的な曲に聞こえます。



We're having a heat wave
A tropical heat wave
The temperature's rising
It isn't surprising
She certainly can can-can

She started a heat wave
By letting her seat wave
In such a way that
The customers say that
She certainly can can-can

Gee, her anatomy
Makes the mercury
Jump to ninety-three

We're having a heat wave
A tropical heat wave
The way that she moves
That thermometer proves
That she certainly can can-can

引用元はここ
https://genius.com/Irving-berlin-heat-wave-lyrics

歌詞の和約があります。
(最後の方の和約は省略されています。Gee, her anatomy makes the mercury Jump to ninety-three は、直訳すると、「おやまあ、彼女を解剖学的に見たら、水銀体温計が93度まで上昇してるよ」ということだろうと思うのですが、華氏93度はセ氏34度ぐらいなので、このあたりの表現は大目に見た方がいいのかなぁ…華氏100度でセ氏38度程度です。それともここのところはセ氏の表現で、水が沸騰する温度近くまで上昇しているよ、とみる方がいいのでしょうか?……1933年頃はUSでは温度は華氏で表現していたのではないかと(勝手に)思っているのですが…)
http://naritaetuko.blogspot.com/2014/09/heat-wave-irving-berlin.html

>>[57]

Gee, her anatomy makes the mercury Jump to ninety-three

ここのところは気温が華氏93度まで上昇すると読んだらもう少しつじつまが合いそうです。
地球温暖化で、現在では華氏93度(セ氏34度)はびっくりするほどの温度ではありませんが、1933年当時は今よりも気候が穏やかだったと、こう考える方がいいのかもしれません。

"Isn't This a Lovely Day?"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1935

この曲は、映画 Top Hat (1935) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Top_Hat
https://www.imdb.com/title/tt0027125/?ref_=fn_al_tt_1
フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコンビの映画です。



(Verse)
The weather is fright'ning
The thunder and lightning
Seem to be having their way
But as far as I'm concerned
It's a lovely day

The turn in the weather
Will keep us together
So I can honestly say
That as far as I'm concerned
It's a lovely day
And everything's o.k

(Chorus)
Isn't this a lovely day
To be caught in the rain?
You were going on your way
Now you've got to remain

Just as you were going
Leaving me all at sea
The clouds broke
They broke and oh!
What a break for me

I can see the sun up high
Tho' we're caught in the storm
I can see where you and I
Could be cozy and warm

Let the rain pitter patter
But it really doesn't matter
If the skies are gray
Long as I can be with you
It's a lovely day

引用元はここ
https://genius.com/Irving-berlin-isnt-this-a-lovely-day-lyrics

歌詞の和約があります。
http://blog.livedoor.jp/beatlesjapan-blog/archives/63591377.html

>>[59]
"Isn't This a Lovely Day?"

映画の1シーンです。


"You Keep Coming Back Like a Song"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1943

この曲は映画 Blue Skies (1946) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Blue_Skies_(1946_film)
主演はビング・クロスビー、フレッド・アステア、ジョーン・コールフィールドです。


"Blue Skies" という曲がありますが、この曲はミュージカル(舞台)"Betsy (1926)" で使われました。
http://www.ibdb.com/production.php?id=10189
(紛らわしいですね─ ^^;)

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Can't run away from you, dear
I've tried so hard but I fear
You'll always follow me near and far
Just when I think that I'm set
Just when I've learned to forget
I close my eyes, dear, and there you are

You keep coming back like a song
A song that keeps saying, remember

The sweet used-to-be
That was once you and me
Keeps coming back like an old melody

The perfume of roses in May
Returns to my room in December

From out of the past where forgotten things belong
You keep coming back like a song

引用元はここ
https://genius.com/Ella-fitzgerald-you-keep-coming-back-like-a-song-lyrics


映画のクリップがYTには見当たりませんでした。
作品中ではビング・クロスビーが歌っているそうです。
ビング・クロスビーの録音を聴いておきましょう。



"Reaching for the Moon"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1930

曲情報については【アーヴィング・バーリン ソングブック】#52 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=90408556



>>[62]

間違えました ^^;

曲情報については【アーヴィング・バーリン ソングブック】#52 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=90408556

            ↓ ↓

曲情報については【月見る月は多けれど】#52 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=90408556

"Slumming on Park Avenue"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1937

この曲はミュージカル映画 On the Avenue (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029345/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/On_the_Avenue

歌詞が載っているサイトが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。




映画の主演女優、アリス・フェイの録音がありました。



>>[64]

"Let's Go Slumming On Park Avenue" として検索したら出てきました ^^;

[Verse 1:]
Put on your slumming clothes
And get your car
Let's go sightseeing
Where the high-toned people are

Come on, there's lots of fun in store for you
See how the other half lives on Park Avenue

[Verse 2:]
Let's go slumming, take me slumming
Let's go slumming on Park Avenue

Let us hide behind a pair of fancy glasses
And make faces
When a member of the classes passes

[Verse 3:]
Let's go smelling
Where they're dwelling
Sniffing ev'rything the way they do

Let us go to it, they do it
Why can't we do it too?
Let's go slumming, nose thumbing
On Park Avenue
[Verse 4:]
Let's go slumming, take me slumming
Let's go slumming on Park Avenue

Where the social hearts for
Broadway lights are throbbing
And they spend their nights in
Smart cafes hobknobbing, snobbing

[Verse 5:]
Come, let's eye them
Pass right by them
Looking down our noses as they do

Let us go to it, they do it
Why can't we do it too?
Let's go slumming, crumb bumming
On Park Avenue

引用元はここ
https://genius.com/Ella-fitzgerald-slumming-on-park-avenue-lyrics

"The Song Is Ended (but the Melody Lingers On)" (lyrics by Beda Loehner)

作曲: Irving Berlin
作詞: Beda Loehner
作曲年 1927

この曲は映画や舞台とは関係なく作られた曲のようです。



My thoughts go back to a heavenly dance
A moment of bliss we spent
Our hearts were filled with a song of romance
As into the night we went
And sang to our hearts' content

The song is ended
But the melody lingers on
You and the song are gone
But the melody lingers on

The night was splendid
And the melody seemed to say
"summer will pass away
Take your happiness while you may"

There 'neath the light of the moon
We sang a love song that ended too soon

The moon descended
And I found with the break of dawn
You and the song had gone
But the melody lingers on

引用元はここ
https://genius.com/Irving-berlin-the-song-is-ended-but-the-melody-lingers-on-lyrics

歌詞の和約があります。
https://ameblo.jp/tosinginetoj/entry-12412616404.html


"I'm Putting All My Eggs in One Basket"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1936

この曲は映画 Follow the Fleet 邦題『艦隊を追って』で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Follow_the_Fleet
https://www.imdb.com/title/tt0027630/?ref_=nv_sr_1?ref_=nv_sr_1

主演はフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースです。

歌詞の適当な和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



I've been a roaming Romeo, my Juliets have been many
But now my roaming days have gone
Too many irons in the fire is worse than not having any
I've had my share and from now on..

I'm puttin' all my eggs in one basket
I'm betting everything I've got on you
I'm giving all my love to one baby
Heaven help me if my baby don't come true

I've got a great big amount saved up in my love account
Honey, and I've decided love divided in two won't do
So I'm putting all my egs in one basket
I'm betting everything I've got on you

I'm puttin' all my eggs in one basket
I'm betting everything I've got on you
I'm giving all my love to one baby
Heaven help me if my baby don't come true

I've tried to love more than one, finding it just can't be done
Honey, there's one I lied to when I tried to be true to two
So I'm putting all my eggs in one basket
I'm betting everything I've got on you

引用元はここ
https://genius.com/Fred-astaire-im-putting-all-my-eggs-in-one-basket-lyrics

映画の1シーンです。
フレッド・アステアがピアノを弾いている!
コミカルなダンスです。



"Now it Can Be Told"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1938

この曲は映画 Alexander's Ragtime Band (1938) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Alexander%27s_Ragtime_Band_(film)

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



All the world's great lovers have been glorified
History placed them in a romantic set
In between book covers they are side by side
But the real thing hasn't been written yet

Now it can be told
Told in all it's glory
Now that we have met
The world may know the sentimental story

The greatest romance they ever knew
Is waiting to
Unfold

Now it can be told
As an inspiration
Every other tale
Of boy meets girl is just an imitation

The great love story
Has never been told before
But now
Now it can be told

引用元はここ
https://www.lyricsfreak.com/i/irving+berlin/now+it+can+be+told_20068107.html




"Always"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1925

この曲はアーヴィング・バーリンが彼の奥方 Ellin Mackay との結婚の贈り物として書きました。
二人は1926年に結婚しています。

この曲名ですので、同名異曲がたくさんあります。

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

ここの表現ですが
Not for just an hour
Not for just a day
Not for just a year
But Always

アイラ・ガーシュインが Not for a year, but forever and a day と書いた "Love Is Here to Stay" は1937年の曲です。

そして、ジョニー・マーサーが And spend the next eternity or two with you と書いた "Out of This World" は1944年の曲です。

作詞家のセンスの見せ所になるのでしょうか :-)



Everything went wrong
And the whole day long
I'd feel so blue
For the longest while
I'd forget to smile
Then I met you
Now that my blue days have passed
Now that I've found you at last -

I'll be loving you Always
With a love that's true Always
When the things you've planned
Need a helping hand
I will understand Always

Always

Days may not be fair Always
That's when I'll be there Always
Not for just an hour
Not for just a day
Not for just a year
But Always
I'll be loving you, oh Always
With a love that's true Always
When the things you've planned
Need a helping hand
I will understand Always

Always

Days may not be fair Always
That's when I'll be there Always
Not for just an hour
Not for just a day
Not for just a year
But Always

Not for just an hour
Not for just a day
Not for just a year
But Always

引用元はここ
https://genius.com/Irving-berlin-always-lyrics


"It's a Lovely Day Today"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1950

この曲はミュージカル(舞台)Call Me Madam (1950) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Call_Me_Madam
アーヴィング・バーリンにとっては最後の方の仕事になります。

アーヴィング・バーリンには Isn't This a Lovely Day? (1935) という曲もあり、なんとなく似た曲名ですので混乱しないようにしてください :-)



It's a lovely day today
So whatever you've got to do
You've got a lovely day to do it in, that's true

And I hope whatever you've got to do
Is something that can be done by two
For I'd really like to stay

It's a lovely day today
And whatever you've got to do
I'd be so happy to be doing it with you

But if you've got something that must be done
And it can only be done by one
There is nothing more to say
Except it's a lovely day for saying
It's a lovely day

[2]
It's a lovely day today
And whatever I've got to do
I've got a lovely day to do it in, that's true

But perhaps whatever I've got to do
Is something that can be done by two
If it is then you could stay
It's a lovely day today
But you're probably busy too
So I suppose there's nothing we can do

For if you've got something that must be done
And it can only be done by one
There is nothing more to say
Except it's a lovely day for saying
It's a lovely day

[3]
It's a lovely day today
If you've something that must get done
Now don't forget two heads are better than just one

And besides I'm certain if you knew me
You'd find I'm very good company
Won't you kindly let me stay?

[4]
It's a lovely day today
And whatever we've got to do
We've got a lovely day to do it in, that's true

And I know whatever we've got to do
Is something that can be done by two
I'll say it's a lovely day for saying
It's a lovely day

引用元はここ
https://genius.com/Ella-fitzgerald-its-a-lovely-day-today-lyrics

歌詞の和約があります。
https://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200510260000/




"Change Partners"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1938

曲情報については>>[6] をご覧ください。



"No Strings (I'm Fancy Free)"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1935

この曲は、映画 Top Hat (1935) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Top_Hat
https://www.imdb.com/title/tt0027125/?ref_=fn_al_tt_1
フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコンビの映画です。



I wake up every morning with a smile on my face
Everything in it's place as it should be
I start out every morning just as free as the breeze
My cares upon the shelf
Because I find myself with

No strings and no connections
No ties to my affections
I'm fancy free and free for anything fancy

No dates that can't be broken

No words that can't be spoken
Especially when I am feeling romancy

Like a robin upon a tree
Like a sailor that goes to sea
Like an unwritten melody
I'm free, that's me

So

Bring on the big attraction
My decks are cleared for action
I'm fancy free and free for anything fancy

引用元はここ
https://genius.com/Fred-astaire-no-strings-im-fancy-free-lyrics

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

映画の1シーンです。



"I've Got My Love to Keep Me Warm"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1937

この曲はミュージカル映画 On the Avenue (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029345/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/On_the_Avenue

聴いてみると、ああっ、あの曲だったかと思い出せるのではないでしょうか。



The snow is snowing and the wind is blowing
But I can weather the storm!
What do I care how much it may storm?
For I've got my love to keep me warm
I can't remember a worse December
Just watch those icicles form!
Oh, what do I care if icicles form?
Oh, I've got my love to keep me warm
Off with my overcoat, off with my glove
I need no overcoat, I'm burning with love!
My heart's on fire, the flame grows higher
So I will weather the storm!
What do I care how much it may storm?
Oh, I've got my love to keep me warm
The snow is snowing, the wind is blowing
But I can weather the storm!
What do I care how much it may storm?
Oh, I've got my love to keep me warm
I can't remember a worse December
Just watch those icicles form!
What do I care if icicles form?
Oh-ho-ho, I've got my love to keep me warm
Off with my overcoat, off with my glove
I need no overcoat, I'm burning with love!
My heart's on fire, the flame grows higher
So I will weather the storm!
What do I care how much it may storm?

引用元はここ
https://genius.com/Irving-berlin-ive-got-my-love-to-keep-me-warm-lyrics

適当な歌詞の和約が見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。


映画の1シーンのようです。




"Blue Skies"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1926

曲情報については>>[14] をご覧ください。

>>[36] にありますように、LP再発売の時に付け加えられたボーナストラックです。



これで
Ella Fitzgerald / Sings the Irving Berlin Song Book
の全トラックが紹介できました。

また、これで、一連のトピックで、エラが Decca, Verve に残したソングブック・アルバムをすべて紹介したことになります。

あとは Pablo に Ella Abraça Jobim というトム・ジョビンのソングブック・アルバムがあるのですが、これについては【アントニオ・カルロス・ジョビン ソングブック】でいずれ取り上げられることを期待しましょう。
https://en.wikipedia.org/wiki/Ella_Abra%C3%A7a_Jobim

アーヴィング・バーリンのソングブック・アルバムはまだまだ発見できています。

ぼちぼちと続けていきましょう。

次はこれにしましょう
Susannah McCorkle ‎– Let's Face The Music (The Songs Of Irving Berlin)

Label: Concord Records

Recorded at Sound On Sound Studios, New Youk, NY October 28-30, 1996

1. I'd Rather Lead A Band
2. Let's Face The Music And Dance
3. Isn't This A Lovely Day (To Be Caught In The Rain)
4. Heat Wave
5. How Deep Is The Ocean
6. Everybody Knew But Me/When You Walked Out Someone Else Walked Right In
7. There's No Business Like Show Business
8. Cheek To Cheek
9. Love And The Weather
10. Supper Time
11. Medley: You're Easy To Dance With/It Only Happens When I Dance With You
12. Better Luck Next Time
13. Let Yourself Go
14. Waiting At The End Of The Road

Musicans:
Susannah McCorkle (vo)
Allen Farnham (p)
Al Gafa (g)
Rich DeRosa (ds, synthesizer)
Steve Gilmore (b)
Jerry Dodginon (as, fl)
Gregory Gisbert (tp, fluegelhorn)
Conrad Herwig (tb)
Chris Potter (ts, cl, alto fl)

一連のトピックでおなじみのスザンナ・マッコークルのアーヴィング・バーリン・ソングブックです。
彼女は55歳という若さで亡くなったことが惜しまれます。
https://en.wikipedia.org/wiki/Susannah_McCorkle



"I'd Rather Lead A Band"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1936

この曲は映画 Follow the Fleet (1936) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Follow_the_Fleet
主演はフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースです。



I haven't ambitions for lofty positions
That wind up with the wealth of the land
I'll give you the throne that a king sat on
For just a small baton
Providing you included a band

If I could be the wealthy owner of a large industry
I would say, "Not for me"
I'd rather lead a band

If I could be a politician with a chance to dictate
I would say, "Let it wait"
I'd rather lead a band

My ev'ry care ceases
I'm rich as old Croesus
When I've got ten pieces in hand

If Josephine had left Napoleon and climbed in my lap
I'd say, "Go back to Nap"
I'd rather lead a band

If I could have a millionairess with a whole flock of banks
I would just whisper "Thanks"
I'd rather lead a band

引用元はここ
https://genius.com/Fred-astaire-id-rather-lead-a-band-lyrics

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

映画の1シーンです。



"Let's Face the Music and Dance"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1936

曲情報については>>[37] をご覧ください。



映画の1シーンです。



ここにあるエピソードが面白いですね。
https://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200510200000/

"Isn't This a Lovely Day?"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1935

曲情報については>>[59] をご覧ください。

この動画に使われているアルバムはコンピレイション・アルバム Sounds Of Winter です。
https://www.discogs.com/ja/Various-Jazz-Moods-Sounds-Of-Winter/release/7549556
元の音源は、今展開しているアルバムのものです。



"Heat Wave"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1933

曲情報については>>[57] をご覧ください。



"How Deep Is the Ocean"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1932

曲情報については>>[12] をご覧ください。



"Everybody Knew But Me / When You Walked Out Someone Else Walked Right In"

"Everybody Knew But Me"
作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1945

"When You Walked Out Someone Else Walked Right In"
作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 ????

どちらもあまり耳にしない曲のようなのですが、特に後者はそのようで、曲情報を探し出せませんでした。




"Everybody Knew But Me" はダイナ・ショアが1945年に初録音しています。
Dinah Shore ‎– Shades Of Blue (コンピレイション・アルバムのようです)
https://www.discogs.com/ja/Dinah-Shore-Shades-Of-Blue/release/9402298



[Verse:]
Love sees ev'rything right but love can be blind
I've seen things with my heart instead of my mind
Love sees ev'rything high when ev'rything's low
And the first to be hurt is the last one to know

[Refrain:]
Ev'rybody knew but me
You were longing to be free

I thought that I was in clover but my dreams were over
And ev'rybody knew but me

We were in a minor key
We were bound to disagree

And ev'rybody saw the things that I was too much in love to see
You were getting thru and ev'rybody knew but me

引用元はここ
https://www.oldielyrics.com/lyrics/irving_berlin/everybody_knew_but_me.html
>>[82]

"When You Walked Out Someone Else Walked Right In"


Fletcher Henderson And His Orchestra ‎– 1921-1923 というアルバムに収録されています。
https://www.discogs.com/ja/Fletcher-Henderson-And-His-Orchestra-1921-1923/release/8203026




[1st verse:]
My honey, do you remember 'twas a December day
I said that you would repent the day that you went away
You turned as red as a ruby, much too good to be true
You thought I'd sit around lonely thinking of only you
Little you knew that

[Refrain:]
When you walked out someone else walked right in
Someone with good news
Stepped right in your shoes

Somebody else took your place on my knee
Another sweetie in clover fussin' all over me

I saw that you grew so cold, love
So what could I do?
Off with the old love
And on with the new

When you walked out
Honey I just had to grin
You left the door wide open and
Somebody else walked in

[2nd verse:]
A happy couple were we two while you were sweet to me
But now I'm sending bad news to my little used to be
You thought the minute you'd shake me that it would make me blue
And I would sit around lonely thinking of only you
Little you knew that

引用元はここ
https://www.oldielyrics.com/lyrics/irving_berlin/when_you_walked_out_someone_else_walked_right_in.html

"There's No Business Like Show Business"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1946

この曲はミュージカル(舞台)Annie Get Your Gun (1946) で使われました。
http://www.ibdb.com/production.php?id=1440
https://en.wikipedia.org/wiki/Annie_Get_Your_Gun_(musical)

この作品の台本に作詞家のドロシー・フィールズがかかわっていることにも注目しておくといいでしょう。
コットン・クラブで作詞家としてデビューしたドロシーは、このころはアーヴィング・バーリンと組んでいたのですね。
彼女は最後はサイ・コールマンと組んでいます。
(ドロシー・フィールズのソングブック・アルバムを探しているのですが、ご本人のもの以外はまだ発見できていません)

アーヴィング・バーリンの曲の中でも非常によく知られた曲の一つですね。



歌詞が長くて収まり切れないのでリンクだけにします。

https://genius.com/Irving-berlin-theres-no-business-like-show-business-reprise-feat-ethel-merman-lyrics

歌詞の和約があります。
https://wineroses.hatenadiary.org/entry/20081109

"Cheek to Cheek"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1935

曲情報については>>[48] をご覧ください。





YTの動画はしょっちゅう消えてしまって、データとしては非常に不安定です。

>>[48] のエラの動画も消えてしまっていますので、別の動画を貼り付けておきます。
同様にこの前後の動画も全部消えてしまっているようですが、YTを漁れば他の人がアップしてくれている動画がありますので、それぞれを検索してみるといいでしょう。



"Love And The Weather"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1947

この曲がいずれかのミュージカルで使われたものかどうかは調べきれませんでした。
この曲の初録音は Harry James and His Orchestra - Vocal Chorus by Marion Morgan (July 28, 1947) となっています。

ヴァースのところが、"Call Me Irresponsible" (Jimmy Van Heusen/Sammy Cahn/1963) のアイデアのもとになったんじゃないかなぁとも思ってしまいます :-)



[Verse:]
Unpredictable, irresponsible
Unbelievable, unreliable
Ever since the world began
Are Cupid and the weather man

[Refrain:]
Love and the weather, birds of a feather
Can't be depended upon
One day it's sunny, next day the sunshine has gone

Love and the weather, always together
Planning another surprise
Bringing the raindrops just like the tears to your eyes

There was I with love close by
So cozy and warm
Love walked out and so did I
Right out of the warm
Into a storm

Moonlight romances have to take chances
That's what I learned with the dawn
Love and the weather can't be depended upon

[Alternate Final Strain:]
Moonlight advances, love's golden chances
Rain comes along and they're gone
Love and the weather can't be depended upon

引用元はここ
https://genius.com/Irving-berlin-love-and-the-weather-lyrics


Harry James and His Orchestra - Vocal Chorus by Marion Morgan (July 28, 1947) の音源がありました。



"Supper Time"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1933

曲情報については>>[55] をご覧ください。

白人歌手がこの曲を歌うのは珍しいのかもしれません。



"Medley: You're Easy To Dance With / It Only Happens When I Dance With You"

"You're Easy To Dance With"
映画 Holiday Inn (1942)
https://en.wikipedia.org/wiki/Holiday_Inn_(film)

"It Only Happens When I Dance With You"
映画 Easter Parade (1948)
https://en.wikipedia.org/wiki/Easter_Parade_(film)

どちらの映画もフレッド・アステアが主演しています。



"You're Easy To Dance With"

I could dance nightly just holding you tightly my sweet
I could keep right on because you're so light on youre feet
You're easy to dance with

There is no doubt in the way we stand out in the crowd
Though it's called dancing to me it's romancing out loud
You're easy to dance with

Loving you the away I do makes you easy to dance with
That is why I'm always right on the beat
All those charms in one man's arms makes you easy to dance with
I can hardly keep my mind on my feet

Let's dance forever come on say we'll never be through
It's so easy to dance with you

Loving you the away I do makes you easy to dance with
That is why I'm always right on the beat
All those charms in one man's arms makes you easy to dance with
I can hardly keep my mind on my feet

So let's dance forever come on say we'll never be through
It's so easy to dance with you

"It Only Happens When I Dance With You"

It only happens when I dance with you
That trip to heaven till the dance is through
With no one else do the heavens seem quite so near
Why does it happen, dear, only with you?

Two cheeks together can be so divine
But only when those cheeks are yours and mine
I've danced with dozens of others the whole night through
But the thrill that comes with spring when anything can happen

That only happens with you


引用元はここ
https://genius.com/Fred-astaire-youre-easy-to-dance-with-lyrics
https://genius.com/Irving-berlin-it-only-happens-when-i-dance-with-you-lyrics

Holiday Inn (1942)



Easter Parade (1948)



"Better Luck Next Time"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1948

曲情報については>>[17] をご覧ください。



"Let Yourself Go"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1936

曲情報については >>[40] をご覧ください。





>>[40] の動画が消えていましたので、別の動画を貼り付けておきます。



"Waiting At The End of the Road"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1929

曲情報については >>[29] をご覧ください。



>>[29] での引用元はここです。
https://www.allthelyrics.com/lyrics/irving_berlin/waiting_at_the_end_of_the_road-lyrics-590582.html

これで
Susannah McCorkle ‎– Let's Face The Music (The Songs Of Irving Berlin)
の全トラックが紹介できました。


アーヴィング・バーリンのソングブック・アルバムはまだまだ発見できています。
ぼちぼちと続けていきましょう。



次はこれにしましょう。

Helen Merrill ‎/ Helen Merrill sings Irving Berlin

Label: Victor

Recorded December 14, 15, 16, 1987 at the Angel Recording Studios, LTD, London, England

1 How Deep Is The Ocean
2 They Say Its Wonderful
3 White Christmas
4 Let's Face The Music And Dance
5 Always/When I Lost You
6 Easter Parade
7 I Used To Be Color Blind
8 Blue Skies
9 There's No Business Like Showbusiness
10 Music Makers (Merrill, Zito)

Musicans:
Helen Merrill (vo)
Gordon Beck (p)

Torrie Zito (Arranged By, Conductor)

大規模なストリングセクションを中心とするオーケストラをバックにヘレン・メリルが歌ったアーヴィング・バーリンのソングブック・アルバムです。
これまで彼女のアルバムは何枚か取り上げてきましたが、それぞれを聴いてみても彼女はジャズ・シンガーというよりもバラード・シンガーという方が的確かもしれません。

彼女にはこのアーヴィング・バーリンのソングブック・アルバムの他に、ガーシュイン、ポーター、ロジャース&ハマーシュタイン、カーンのソングブックがあり、さらにクリフォード・ブラウンに捧げるアルバムがあります。
(全部このコミュで取り上げてきました。他にありましたらお教えください)

この手のアルバムは耳障りなく聞けます。







"How Deep Is the Ocean"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1932

曲情報については>>[12] をご覧ください。



"They Say It's Wonderful"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1946

この曲はミュージカル(舞台)Annie Get Your Gun (1946) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Annie_Get_Your_Gun_(musical)

みなさんはジョン・コルトレーンとジョニー・ハートマンの共演アルバムに収録されていたこの曲はよく耳にされていることでしょう。



They say that falling in love is wonderful
It's wonderful, so they say

And, with a moon up above, it's wonderful
It's wonderful, so they tell me

I can't recall who said it
I know I never read it
I only know they tell me that love is grand
And

The thing that's known as romance is wonderful, wonderful
In every way, so they say

To leave your house some morning
And, without any warning
You're stopping people, shouting that love is grand
And

To hold a girl in your arms is wonderful, wonderful
In every way
So they say

引用元はここ
https://genius.com/Irving-berlin-they-say-its-wonderful-lyrics

1946年の舞台でアニー・オークレイを演じたエセル・マーマンの録音がありました。




"White Christmas"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1940

曲情報については【クリスマス・ソング ソングブック】#74 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=83160273



ログインすると、残り56件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。