ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ドリス・デイ ソングブック

Standard Jazz Songコミュのドリス・デイ ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Doris Day (born Doris Mary Ann Kappelhoff; April 3, 1922)
https://en.wikipedia.org/wiki/Doris_Day

「ソバカス美人」として知られ、歌手として、俳優として大活躍したドリス・デイ、彼女が歌った最初のヒット曲 "Sentimental Journey" を出した1939年以来、数多くのヒット曲を生み、それらは今もスタンダード曲として親しまれています。
これらの多くは彼女が主演・出演した映画で使われた曲と思うのですが、これもあわせて掘り起こして行きたいと考えています。
彼女がヒットさせた曲は多くの人たちが取り上げており、ソングブックとしてもいくつかのアルバムが出ています。

どのような展開ができるか、それは "Que sera sera" です :-)

ご本人のサイト
http://www.dorisday.com

彼女の出演映画の一覧 (IMDb)
http://www.imdb.com/name/nm0000013/

数多くのアルバムがあります (All Music - Discography)
http://www.allmusic.com/artist/doris-day-mn0000189644/discography

FB
https://www.facebook.com/Doris-Day-216418825040802/

tw
https://twitter.com/therealdorisday





----- この項は推敲中です ------


*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#1 - Nicki Parrott / Sentimental Journey / Venus Records / 2015

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Doris Day Songbook】
 Janet Seidel / Doris & Me
 Sue Raney / A Tribute to Doris Day: Heart's Desire

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Again" (Lionel Newman/Dorcas Cochran/1948) - (#3)
"Fools Rush In" (Rube Bloom/Johnny Mercer/1940) - (#5)
"If I Give My Heart To You" (Jimmy Brewster, Jimmie Crane, and Al Jacobs/1954) - (#6)
"I'll See You In My Dreams" (Isham Jones/Gus Kahn/1924) - (#7)
"It's Magic" (Jule Styne/Sammy Cahn/1947) - (#2)
"Just One of Those Things" (Cole Porter/1935) - (#4)

コメント(7)

最初はこれにしましょう。

Nicki Parrott / Sentimental Journey

Label : Venus Records, Inc.

Recorded at New York, April 28, 2015.

1 It's Magic
2 Again
3 Just One Of Those Things
4 Fools Rush In
5 If I Give My Heart To You
6 I'll See You In My Dreams
7 Que Sera, Sera
8 That Old Feeling
9 My One And Only Love
10 Blue Skies
11 Quizas, Quizas, Quizas
12 Secret Love
13 Sentimental Journey
14 Dream A Little Dream Of Me

Musicians
Nicki Parrot (vo, b)
John De Martino (p)
Adrian Cunningham (ts, cl, fl)
Frank Vignola (g)
Alvin Atkinson (ds)

シンガー=ベーシストとして大人気のニッキ・パロットのドリス・デイ・トリビュート・アルバムです。
彼女については【気になる現代の歌姫たち】#126 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

収録曲リストを見ますと、ドリスがヒットさせた曲だなぁとすぐに判るものと、これはドリスが歌ってヒットした曲だったかなぁ?と思えるものがあります。

このあたりも掘り起こせたらなぁと考えています。

"It's Magic"

作曲 : Jule Styne
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1947

この曲は映画 Romance on the High Seas (1948) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0040745/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Romance_on_the_High_Seas
この映画はドリス・デイの初出演映画になるようで、映画の中で彼女が歌っているシーンが初々しいですね :-)
1922年生まれのドリスは、この映画公開当時25歳ぐらいです。


アルバムの最初はこの名曲から始まっています。
ニッキの飾らない、それでいてしっかりとジャズになっている、すばらしい歌唱と演奏を聴いてください。



You sigh, a song begins,
You speak and I hear violins
It's magic
The stars desert the skies
And rush to nestle in your eyes
It's magic

Without a golden wand
Or mystic charms,
Fantastic things begin
When I am in your arms

When we walk hand in hand
The world becomes a wonderland
It's magic
How else can I explain
Those rainbows when there is no rain
It's magic...

Why do I tell myself
These things that happen are all really true
When in my heart I know
The magic is my love for you

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/itsmagic.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20100707

映画の1シーンです。

"Again"

作曲 : Lionel Newman
作詞 : Dorcas Cochran
作曲年 1948

この曲は映画 Road House (1948) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0040740/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_House_(1948_film)
映画の中では Ida Lupino が歌っています。

Lionel Newman
https://en.wikipedia.org/wiki/Lionel_Newman

Dorcas Cochran
https://en.wikipedia.org/wiki/Dorcas_Cochran


ドリス・デイは1949年にこの曲をカヴァーし、彼女の歌が大ヒットしました。

The recording by Doris Day was recorded in February 1949 and released by Columbia Records as catalog number 38467. The flip side was "Everywhere You Go". It first reached the Billboard magazine Best Seller chart on May 13, 1949 and lasted 19 weeks on the chart, peaking at #2.

きれいな曲ですね。



Again, this couldn't happen again
This is that once in a lifetime
This is the thrill divine

What's more, this never happened before
Though I have prayed for a lifetime
That such as you would suddenly be mine

Mine to hold as I'm holding you now and yet never so near
Mine to have when the now and the here disappear
What matters, dear, for

When this doesn't happen again
We'll have this moment forever
But never, never again (never, never)
We'll have this moment for ev er
But never, never again (never, never)

引用元はここ
http://www.lyricsmode.com/lyrics/d/doris_day/again.html

歌詞の和訳があります。
http://oyogetaiyakukun.blogspot.jp/2016/04/again-doris-day.html

ドリス・デイの音源です。



映画の1シーンです。
2曲目が "Again" です。


"Just One of Those Things"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1935

この曲はミュージカル(舞台)Jubilee (1935) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/12000

この曲とドリス・デイとの関係は(?)というのは、彼女が主演した映画2作品で使われ、彼女の歌がヒットしているのです。

Lullaby of Broadway (1951)
http://www.imdb.com/title/tt0043762/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Lullaby_of_Broadway_(film)
主演はドリス・デイ

Young at Heart (1954)
http://www.imdb.com/title/tt0047688/?ref_=nv_sr_2
https://en.wikipedia.org/wiki/Young_at_Heart_(1955_film)
主演はドリス・デイとフランク・シナトラ

曲情報(歌詞・和訳・解説)については【コール・ポーター ソングブック】>>[21] をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78794438



映画 Lullaby of Broadway (1951) の1シーンです。



映画 Young at Heart (1954) の1シーンです。
フランク・シナトラが2曲目に歌っています。



"Fools Rush In"

作曲 : Rube Bloom
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1940

曲情報(歌詞・和訳・解説)については【ジョニー・マーサー ソングブック】#43 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78960498

この曲とドリス・デイとの関係はといいますと、彼女とアンドレ・プレヴィンのアルバム Duet (Doris Day and André Previn) に収録され、有名な人気アルバムになっています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Duet_(Doris_Day_and_André_Previn_album)



Duet (Doris Day and André Previn) の音源です。



"If I Give My Heart To You"

作曲・作詞 : Jimmy Brewster, Jimmie Crane, and Al Jacobs.
作曲年 1954

1954年にドリス・デイの録音が大ヒットしました。
映画とは関係なさそうです。

すてきな曲ですね。

ニッキはベース・ソロから入るところがさすが :-)



If I give my heart to you
Will you handle it with care
Will you always treat me tenderly
And in every way be fair

If I give my heart to you
Will you give me all your love
Will you swear that you'll be true to me
By the light that shines above

And will you sigh with me when I'm sad
Smile with me when I'm glad
And always be as you are with me tonight

Think it over and be sure
Please don't answer till you do
When you promise all those things to me
Then I'll give my heart to you

And will you sigh with me when I'm sad
Smile with me when I'm glad
And always be as you are with me tonight

Think it over and be sure
Please don't answer till you do
When you promise all those things to me
Then I'll give my heart to you

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/ifigivemyhearttoyou.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song149.html

ドリス・デイの音源です。
いかにも1950年代半ば風 :-)
ドリスは肺活量が大きかった?


"I'll See You In My Dreams"

作曲 : Isham Jones
作詞 : Gus Kahn
作曲年 1924

この曲とドリス・デイとの関係は、彼女が主演する映画 I'll See You in My Dreams (1951) によるものです。
http://www.imdb.com/title/tt0043669/?ref_=nv_sr_2
https://en.wikipedia.org/wiki/I%27ll_See_You_in_My_Dreams_(1951_film)

よく知られたスタンダード曲ですね。
すてきな曲です。

このトラックは、かなりニッキ風ジャズになっています :-)



Tho' the days are long,
Twilight sings a song,
Of the happiness that used to be;
Soon my eyes will close,
Soon I'll find repose,
And in dreams you're always near to me.

[Chorus]
I'll See You In My Dreams
Hold you in my dreams,
Someone took you out of my arms,
Still I feel the thrill of your charms,
Lips that once were mine,
Tender eyes that shine,
They will light my way tonight,
I'll See You In My Dreams.

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/d/doris+day/ill+see+you+in+my+dreams_20810158.html

歌詞の和訳があります。
http://lyricdata.seesaa.net/article/36556730.html


映画の1シーンです。


ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。