ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Standard Jazz Song > トピック一覧 > ドリス・デイ ソングブック

Standard Jazz Songコミュのドリス・デイ ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Doris Day (born Doris Mary Ann Kappelhoff; April 3, 1922)
https://en.wikipedia.org/wiki/Doris_Day

「ソバカス美人」として知られ、歌手として、俳優として大活躍したドリス・デイ、彼女が歌った最初のヒット曲 "Sentimental Journey" を出した1939年以来、数多くのヒット曲を生み、それらは今もスタンダード曲として親しまれています。
これらの多くは彼女が主演・出演した映画で使われた曲と思うのですが、これもあわせて掘り起こして行きたいと考えています。
彼女がヒットさせた曲は多くの人たちが取り上げており、ソングブックとしてもいくつかのアルバムが出ています。

どのような展開ができるか、それは "Que sera sera" です :-)

ご本人のサイト
http://www.dorisday.com

彼女の出演映画の一覧 (IMDb)
http://www.imdb.com/name/nm0000013/

数多くのアルバムがあります (All Music - Discography)
http://www.allmusic.com/artist/doris-day-mn0000189644/discography

FB
https://www.facebook.com/Doris-Day-216418825040802/

tw
https://twitter.com/therealdorisday





----- この項は推敲中です ------


*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#19 - Janet Seidel / Doris & Me / La Brava Music / 2001
#1 - Nicki Parrott / Sentimental Journey / Venus Records / 2015

*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Doris Day Songbook】
 Sue Raney / A Tribute to Doris Day: Heart's Desire

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Again" (Lionel Newman/Dorcas Cochran/1948) - (#3)
"Blue Skies"(Irving Berlin/1926) - (#11, 20)
"Canadian Capers" (Earl Burtnett, Gus Chandler, Bert White, and Henry Cohen/1915) - (#32)
"Dream A Little Dream Of Me"(Fabian Andre & Wilbur Schwandt/Gus Kahn/1931) - (#17)
"Embraceable You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#30)
"Fools Rush In" (Rube Bloom/Johnny Mercer/1940) - (#5)
"I Got the Sun in the Morning" (Irving Berlin/1946) - (#29)
"I May Be Wrong (but I Think You're Wonderful)" (Henry Sullivan/Harry Ruskin/1929) - (#25, 28)
"If I Give My Heart To You" (Jimmy Brewster, Jimmie Crane, and Al Jacobs/1954) - (#6)
"I'll See You In My Dreams" (Isham Jones/Gus Kahn/1924) - (#7)
"I'll String Along With You" (Harry Warren/Al Dubin/1934) - (#24)
"It's Magic" (Jule Styne/Sammy Cahn/1947) - (#2, 31)
"Just One of Those Things" (Cole Porter/1935) - (#4)
"Let's Be Buddies" (Cole Porter/1940) - (#25, 27)
"My Dreams Are Getting Better All the Time" (Victor Mizzy/Manny Curtis/1944) - (#25, 26)
"My One And Only Love"(Guy Wood/Robert Mellin/1952) - (#10)
"Que Sera, Sera" (Jay Livingston and Ray Evans/1956) - (#8)
"Quizás, Quizás, Quizás"(Osvaldo Farrés Farrés/Bobby Capó & Joe Davis /1947) - (#12)
"Somebody Loves Me" (George Gershwin/Ballard MacDonald & Buddy DeSylva/1924) - (#20)
"Secret Love"(Sammy Fain/Paul Francis Webster/1953) - (#13, 23)
"Sentimental Journey"(Les Brown & Ben Homer/Bud Green/1944) - (#16, 22)
"That Old Feeling" (Sammy Fain/Lew Brown/1937) - (#9)
"Too Marvelous for Words" (Richard A. Whiting/Johnny Mercer/1937) - (#34)

コメント(34)

最初はこれにしましょう。

Nicki Parrott / Sentimental Journey

Label : Venus Records, Inc.

Recorded at New York, April 28, 2015.

1 It's Magic
2 Again
3 Just One Of Those Things
4 Fools Rush In
5 If I Give My Heart To You
6 I'll See You In My Dreams
7 Que Sera, Sera
8 That Old Feeling
9 My One And Only Love
10 Blue Skies
11 Quizas, Quizas, Quizas
12 Secret Love
13 Sentimental Journey
14 Dream A Little Dream Of Me

Musicians
Nicki Parrot (vo, b)
John De Martino (p)
Adrian Cunningham (ts, cl, fl)
Frank Vignola (g)
Alvin Atkinson (ds)

シンガー=ベーシストとして大人気のニッキ・パロットのドリス・デイ・トリビュート・アルバムです。
彼女については【気になる現代の歌姫たち】#126 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78105808

収録曲リストを見ますと、ドリスがヒットさせた曲だなぁとすぐに判るものと、これはドリスが歌ってヒットした曲だったかなぁ?と思えるものがあります。

このあたりも掘り起こせたらなぁと考えています。

"It's Magic"

作曲 : Jule Styne
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1947

この曲は映画 Romance on the High Seas (1948) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0040745/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Romance_on_the_High_Seas
この映画はドリス・デイの初出演映画になるようで、映画の中で彼女が歌っているシーンが初々しいですね :-)
1922年生まれのドリスは、この映画公開当時25歳ぐらいです。


アルバムの最初はこの名曲から始まっています。
ニッキの飾らない、それでいてしっかりとジャズになっている、すばらしい歌唱と演奏を聴いてください。



You sigh, a song begins,
You speak and I hear violins
It's magic
The stars desert the skies
And rush to nestle in your eyes
It's magic

Without a golden wand
Or mystic charms,
Fantastic things begin
When I am in your arms

When we walk hand in hand
The world becomes a wonderland
It's magic
How else can I explain
Those rainbows when there is no rain
It's magic...

Why do I tell myself
These things that happen are all really true
When in my heart I know
The magic is my love for you

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/itsmagic.html

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20100707

映画の1シーンです。

"Again"

作曲 : Lionel Newman
作詞 : Dorcas Cochran
作曲年 1948

この曲は映画 Road House (1948) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0040740/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Road_House_(1948_film)
映画の中では Ida Lupino が歌っています。

Lionel Newman
https://en.wikipedia.org/wiki/Lionel_Newman

Dorcas Cochran
https://en.wikipedia.org/wiki/Dorcas_Cochran


ドリス・デイは1949年にこの曲をカヴァーし、彼女の歌が大ヒットしました。

The recording by Doris Day was recorded in February 1949 and released by Columbia Records as catalog number 38467. The flip side was "Everywhere You Go". It first reached the Billboard magazine Best Seller chart on May 13, 1949 and lasted 19 weeks on the chart, peaking at #2.

きれいな曲ですね。



Again, this couldn't happen again
This is that once in a lifetime
This is the thrill divine

What's more, this never happened before
Though I have prayed for a lifetime
That such as you would suddenly be mine

Mine to hold as I'm holding you now and yet never so near
Mine to have when the now and the here disappear
What matters, dear, for

When this doesn't happen again
We'll have this moment forever
But never, never again (never, never)
We'll have this moment for ev er
But never, never again (never, never)

引用元はここ
http://www.lyricsmode.com/lyrics/d/doris_day/again.html

歌詞の和訳があります。
http://oyogetaiyakukun.blogspot.jp/2016/04/again-doris-day.html

ドリス・デイの音源です。



映画の1シーンです。
2曲目が "Again" です。


"Just One of Those Things"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1935

この曲はミュージカル(舞台)Jubilee (1935) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/12000

この曲とドリス・デイとの関係は(?)というのは、彼女が主演した映画2作品で使われ、彼女の歌がヒットしているのです。

Lullaby of Broadway (1951)
http://www.imdb.com/title/tt0043762/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Lullaby_of_Broadway_(film)
主演はドリス・デイ

Young at Heart (1954)
http://www.imdb.com/title/tt0047688/?ref_=nv_sr_2
https://en.wikipedia.org/wiki/Young_at_Heart_(1955_film)
主演はドリス・デイとフランク・シナトラ

曲情報(歌詞・和訳・解説)については【コール・ポーター ソングブック】>>[21] をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78794438



映画 Lullaby of Broadway (1951) の1シーンです。



映画 Young at Heart (1954) の1シーンです。
フランク・シナトラが2曲目に歌っています。



"Fools Rush In"

作曲 : Rube Bloom
作詞 : Johnny Mercer
作曲年 1940

曲情報(歌詞・和訳・解説)については【ジョニー・マーサー ソングブック】#43 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78960498

この曲とドリス・デイとの関係はといいますと、彼女とアンドレ・プレヴィンのアルバム Duet (Doris Day and André Previn) に収録され、有名な人気アルバムになっています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Duet_(Doris_Day_and_André_Previn_album)



Duet (Doris Day and André Previn) の音源です。



"If I Give My Heart To You"

作曲・作詞 : Jimmy Brewster, Jimmie Crane, and Al Jacobs.
作曲年 1954

1954年にドリス・デイの録音が大ヒットしました。
映画とは関係なさそうです。

すてきな曲ですね。

ニッキはベース・ソロから入るところがさすが :-)



If I give my heart to you
Will you handle it with care
Will you always treat me tenderly
And in every way be fair

If I give my heart to you
Will you give me all your love
Will you swear that you'll be true to me
By the light that shines above

And will you sigh with me when I'm sad
Smile with me when I'm glad
And always be as you are with me tonight

Think it over and be sure
Please don't answer till you do
When you promise all those things to me
Then I'll give my heart to you

And will you sigh with me when I'm sad
Smile with me when I'm glad
And always be as you are with me tonight

Think it over and be sure
Please don't answer till you do
When you promise all those things to me
Then I'll give my heart to you

引用元はここ
http://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/ifigivemyhearttoyou.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song149.html

ドリス・デイの音源です。
いかにも1950年代半ば風 :-)
ドリスは肺活量が大きかった?


"I'll See You In My Dreams"

作曲 : Isham Jones
作詞 : Gus Kahn
作曲年 1924

この曲とドリス・デイとの関係は、彼女が主演する映画 I'll See You in My Dreams (1951) によるものです。
http://www.imdb.com/title/tt0043669/?ref_=nv_sr_2
https://en.wikipedia.org/wiki/I%27ll_See_You_in_My_Dreams_(1951_film)

よく知られたスタンダード曲ですね。
すてきな曲です。

このトラックは、かなりニッキ風ジャズになっています :-)



Tho' the days are long,
Twilight sings a song,
Of the happiness that used to be;
Soon my eyes will close,
Soon I'll find repose,
And in dreams you're always near to me.

[Chorus]
I'll See You In My Dreams
Hold you in my dreams,
Someone took you out of my arms,
Still I feel the thrill of your charms,
Lips that once were mine,
Tender eyes that shine,
They will light my way tonight,
I'll See You In My Dreams.

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/d/doris+day/ill+see+you+in+my+dreams_20810158.html

歌詞の和訳があります。
http://lyricdata.seesaa.net/article/36556730.html


映画の1シーンです。


"Que Sera, Sera"

作曲・作詞 : Jay Livingston and Ray Evans
作曲年 1956

この曲は映画 The Man Who Knew Too Much (1956) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0049470/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Man_Who_Knew_Too_Much_(1956_film)
アルフレッド・ヒッチコック監督作品で、自身の作品のリメイクであり、主演はジェイムス・スチュワートとドリス・デイです。
映画の中で彼女自身が歌っています。

ドリス・デイの大ヒット曲の一つで、非常によく知られた曲ですね。
でも、この映画で使われたことをご存知の方は…

ニッキの演唱は編曲に意を凝らしていて、3拍子と4拍子を組み合わせています。



When I was just a little girl
I asked my mother
What will I be
Will I be pretty
Will I be rich
Here's what she said to me

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

When I grew up and fell in love
I asked my sweetheart
What lies ahead
Will we have rainbows
Day after day
Here's what my sweetheart said

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

Now I have Children of my own
They ask their mother
What will I be
Will I be handsome
Will I be rich
I tell them tenderly

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be
Que Sera, Sera

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/queserasera.html

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song340.html

映画の1シーンのようです。



"That Old Feeling"

作曲 : Sammy Fain
作詞 : Lew Brown
作曲年 1937

この曲は映画 Vogues of 1938 (1937) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0029737/?ref_=nv_sr_1
その後、いくつかの映画でも使われています。

さて、ドリス・デイはこの曲を1948年に録音していますが、彼女の歌が大ヒットしたのかどうかまでは調べ切れませんでした。
まあ、ドリス・デイが録音を残しているんでソングブックに入れてもいいか、と言うところでしょうか?

名曲です。
大スタンダード曲になっています。
大勢の人たちが手がけています。

ニッキはよくスイングしています。
ニッキのベース・ソロも楽しめます。
ニッキのスキャットも楽しめます。



Last night I started out happy
Last night my heart was so gay
Last night I found myself dancing
In my favorite cabaret
You were completely forgotten
Just an affair of the past
Then suddenly something happened to me
And I found my heart beating, oh, so fast

I saw you last night and got that old feeling
When you came in sight I got that old feeling
The moment that you danced by I felt a thrill
And when you caught my eye my heart stood still
Once again I seemed to feel that old yearning
And I knew the spark of love was still burning
There'll be no new romance for me, it's foolish to start
For that old feeling, is still in my heart

I saw you last night and got that old feeling
When you came in sight I got that old feeling
The moment that you danced by I felt a thrill
And when you caught my eye my heart stood still
Once again I seemed to feel that old yearning
And I knew the spark of love was still burning
There'll be no new romance for me, it's foolish to start
For that old feeling, is still in my heart

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/thatoldfeeling.html

 ヴァース
きのうの夜はいつものように陽気に始まったはずだった
きのうの夜、僕の心はとてもたのしくやってたよ
ほんの昨夜まで僕はいつものように
お気に入りのキャバレーで踊っていたんだ
きみのことなんかまったく忘れてしまって
ただ過去のできごととしてね
すると突然なにかが起きて
僕の心臓が高鳴りはじめたんだ

 コーラス
きのうきみに会ってあの昔の気持ちが戻ってきてしまったんだ
きみの姿が目に入るとあの昔の気持ちが甦ってきたのさ
きみが踊りながら僕のそばを通り過ぎたとき、ドキッとしたよ
そしてきみが僕の目を見たときは心臓がとまるかと思った

またあの昔の熱い想いを感じてしまったんだ
そしてあの恋の火花がまだ燃えているって判ったんだよ
もう僕には新しい恋なんてない、始めてみても無駄たってね
きみへの昔の気持ちがまだ僕の心に住みついたままだからさ

 村尾陸男「ジャズ詩大全」より

ドリス・デイの音源です。



"My One And Only Love"

作曲 : Guy Wood
作詞 : Robert Mellin
作曲年 1952

曲情報については【スタンダードソングタイトルの、名迷訳】 #54 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=79299384

この曲とドリス・デイとの関係はと言いますと、アンドレ・プレヴィンとのアルバム Duet に入っているということしかわかりませんでした。
https://en.wikipedia.org/wiki/Duet_(Doris_Day_and_Andr%C3%A9_Previn_album)
ハイブリッドのアンドレ・プレヴィンのピアノが素敵です。

曲そのものは大スタンダード曲です。

ニッキは感情を込めながらも素直な歌い方ですね。



ドリス・デイの音源です。




"Blue Skies"

作曲・作詞 : Irving Berlin
作曲年 1926

曲情報については【アーヴィング・バーリン ソングブック】#14, #16 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78407540

この曲とドリス・デイとの関係は、彼女アルバムタイトルがに同名のものがあります。
https://www.discogs.com/ja/Doris-Day-Blue-Skies/release/7414807

誰が歌っていても不思議ではない大スタンダード曲ですね。

ニッキはよくスイングしています。
オン・マイクで入っているベースもいいですね。
しかし、ニッキは素直な歌い方をしますね :-)



ドリス・デイの音源です。





"Quizás, Quizás, Quizás"

作曲 : Osvaldo Farrés Farrés
作詞 : Bobby Capó (西語)
作曲年 1947

この曲は英語曲名の "Perhaps, Perhaps, Perhaps" としても知られています。
こちらの方は作詞は Joe Davis で、この詞はスペイン語を英語に翻訳したものではありません。

作曲者の Osvaldo Farrés についてはこちら
https://en.wikipedia.org/wiki/Osvaldo_Farr%C3%A9s

ドリス・デイは彼女のアルバム Latin for Lovers(1965)にこの曲を収録しています。

コメント欄の文字数の関係で歌詞の和訳は省略します。



こちらは西語の歌詞です。
Siempre que te pregunto
Que, cuándo, cómo y dónde
Tú siempre me respondes
Quizás, quizás, quizás

Y así pasan los días
Y yo, desesperando
Y tú, tú contestando
Quizás, quizás, quizás

Estás perdiendo el tiempo
Pensando, pensando
Por lo que más tú quieras
¿Hasta cuándo? ¿Hasta cuándo?

Y así pasan los días
Y yo, desesperando
Y tú, tú contestando
Quizás, quizás, quizás

Estás perdiendo el tiempo
Pensando, pensando
Por lo que más tú quieras
¿Hasta cuándo? ¿Hasta cuándo?

Y así pasan los días
Y yo, desesperando
Y tú, tú contestando
Quizás, quizás, quizás

英語詞はこちら
You won't admit you love me
And so how am I ever to know?
You always tell me
Perhaps, perhaps, perhaps

A million times I've asked you,
And then I ask you over again
You only answer
Perhaps, perhaps, perhaps

If you can't make your mind up
We'll never get started
And I don't wanna wind up
Being parted, broken-hearted

So if you really love me
Say yes, but if you don't dear, confess
And please don't tell me
Perhaps, perhaps, perhaps

Perhaps, perhaps, perhaps

If you can't make your mind up
We'll never get started
And I don't wanna wind up
Being parted, broken-hearted

So if you really love me
Say yes, but if you don't dear, confess
And please don't tell me
Perhaps, perhaps, perhaps
Perhaps, perhaps, perhaps
Perhaps, perhaps, [giggle] perhaps

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/perhapsperhaps.html

ドリス・デイの音源です。


"Secret Love"

作曲 : Sammy Fain
作詞 : Paul Francis Webster
作曲年 1953

この曲は映画 Calamity Jane (1953) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0045591/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Calamity_Jane_(film)
主演はドリス・デイです。

ドリス・デイの歌が大ヒットしただけではなく、大勢のミュージシャンたちが取り上げる大スタンダード曲になっています。

ニッキはこの手の元々はポップス曲だった曲を素直に素直に情感を込めて歌ってくれます。



Once I had a secret love
That lived within the heart of me
All too soon my secret love
Became impatient to be free

So I told a friendly star
The way that dreamers often do
Just how wonderful you are
And why I'm so in love with you

Now I shout it from the highest hills
Even told the golden daffodils
At last my heart's an open door
And my secret love's no secret anymore

Now I shout it from the highest hills
Even told the golden daffodils
At last my heart's an open door
And my secret love's no secret anymore

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/secretlove.html

歌詞の和訳があります。
http://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/5d7b667dad105e0f17243efed25952fb

映画の1シーンです。



よく御調べになられて、感銘を受けます。
私はリアルタイムではありせんが、映画(ビデオ)で知りました。
>>[14]

投稿に慣れてくると調べるためのパターンができてくるので、後は根気だけになっています。

しかし、情報が出てこないで、四苦八苦するときもあります。

私よりもはるかにはるかによくご存じの方がいらっしゃると思っていますので、その方々のご意見をいただけることを、いつも期待しています :-)

ジョニーロッカー幸龍さん、エルヴィスのソングブックというのは世にありそうに思うのですが、ジャズメンの方々は手を出していないのでしょうか?

知りたい!




"Sentimental Journey"

作曲 : Les Brown & Ben Homer
作詞 : Bud Green
作曲年 1944

この曲で米音楽史を思い起こすことができます。
1942–44年にかけて、米国音楽家協会 ( American Federation of Musicians) の大規模なストライキがあって、誰もレコードを録音できなかった時代があるのです。

1942–44 musicians' strike
https://en.wikipedia.org/wiki/1942%E2%80%9344_musicians%27_strike

ストライキが明けた1944年にドリス・デイがこの曲を録音し、ちょうど1945年に第二次世界大戦が終わった時にレコードが出版され、海外に出征していた兵士たちの帰郷の思いもあってか、大ヒットしました。

ドリス・デイにとって、最初のヒット曲になります。

ニッキは多重録音で聞かせてくれます。
ベースがものすごくオンマイクに入っているミキシングですね。

この曲でいまだによくわからないのは「7時に出発」というのが午前7時なのか午後7時なのか、みなさんはどちらだと思われますか?



Gonna take a sentimental journey
Gonna set my heart at ease
Gonna make a sentimental journey
To renew old memories

Got my bag, got my reservation
Spent each dime I could afford
Like a child in wild anticipation
Long to hear that "All aboard"

Seven, that's the time we leave, at seven
I'll be waitin' up for heaven
Countin' every mile of railroad track
That takes me back

Never thought my heart could be so 'yearny'
Why did I decide to roam?
Gotta take that sentimental journey
Sentimental journey home,

Sentimental journey!

引用元はここ
http://www.lyricsfreak.com/d/doris+day/sentimental+journey_20279019.html

歌詞の和訳があります。
http://www.magictrain.biz/wp/?p=1809

ドリス・デイの音源です。



ジャズファンならしっかりと覚えているのが、この曲の名演、ジャッキー・マクリーンの録音があります。
https://en.wikipedia.org/wiki/4,_5_and_6
いつ聴いても、いいですねぇ :-)

Jackie McLean – (as)
Mal Waldron – (p)
Doug Watkins – (b)
Art Taylor – (ds)



"Dream A Little Dream Of Me"

作曲 : Fabian Andre & Wilbur Schwandt
作詞 : Gus Kahn
作曲年 1931

非常によく知られたスタンダード曲なで、多くの人が録音を残しています。
ドリス・デイは1958年ごろ(自信がありません)録音しています。

ガス・カーンは素敵な詞を書きますね :-)
sycamore tree : スズカケの木(プラタナス)

ニッキの録音は少しエコーを効かせすぎかなぁとも思えます。



Stars shining bright above you
Night breezes seem to whisper "I love you"
Birds singing in the sycamore tree
Dream a little dream of me

Say "Night-ie night" and kiss me
Just hold me tight and tell me you'll miss me
While I'm alone and blue as can be
Dream a little dream of me

Stars fading but I linger on, dear
Still craving your kiss
I'm longing to linger till dawn, dear
Just saying this

Sweet dreams till sunbeams find you
Sweet dreams that leave all worries behind you
But in your dreams whatever they be
Dream a little dream of me

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/dreamalittledreamofme.html

歌詞の和訳があります。
http://oyogetaiyakukun.blogspot.jp/2014/11/dream-little-dream-of-me-ella.html

ドリス・デイの音源です。




これで
Nicki Parrott / Sentimental Journey
の全トラックが紹介できました。

ニッキ・パロットが人気のシンガー=ベーシストであることが少しはお分かりいただけましたでしょうか。


こうしてドリス・デイの音源を掘り起こしてみますと、彼女の歌の上手さがよくわかりますね。
ドリス・デイは決してジャズの人とは言えませんが、素晴らしいポップシンガーでした。

ドリス・デイのソングブック・アルバムはあまり多くは掘り起こせていませんが、素晴らしいソングブックがあります。
引き続き取り上げていきましょう。

次はこれにしましょう。

Janet Seidel / Doris & Me

Label: La Brava Music

Recorded in April, 2001.

1. Somebody Loves Me/Blue Skies (Irving Berlin / Buddy DeSylva / George Gershwin / Ballard MacDonald)
2. Sentimental Journey (Les Brown / Bud Green / Ben Homer)
3. Secret Love (Sammy Fain / Paul Francis Webster)
4. I'll String Along With You (Al Dubin / Harry Warren)
5. My Dreams Are Getting Better All the Time/Let's Be Buddies/I May Be Wrong (Manny Curtis / Victor Mizzy / Cole Porter / Harry Ruskin / Henry Sullivan)
6. I Got the Sun in the Morning (Irving Berlin)
7. Embraceable You (George Gershwin / Ira Gershwin)
8. It's Magic (Sammy Cahn / Jule Styne)
9. Canadian Capers (Gus Chandler / Henry Cohen)
10. Too Marvelous for Words (Johnny Mercer / Richard A. Whiting)
11. I Know That You Know (Anne Caldwell / Vincent Youmans)
12. Crazy Rhythm (Irving Caesar / Roger Wolfe Kahn / Joseph Meyer)
13. Tea for Two/Do, Do, Do (Irving Caesar / George Gershwin / Ira Gershwin / Vincent Youmans)
14. The Very Thought of You (Ray Noble)
15. The Way You Look Tonight (Dorothy Fields / Jerome Kern)
16. Lullaby of Broadway (Al Dubin / Harry Warren)
17. Love Me or Leave Me (Walter Donaldson / Gus Kahn)
18. Ten Cents a Dance (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
19. Close Your Eyes (Bernice Petkere)
20. Perhaps (Joe Davis)
21. Windy City (Sammy Fain / Paul Francis Webster)
22. Pillow Talk/Please Don't Eat the Daisies/Teacher's Pet (Inez James / Joe Lubin / Buddy Pepper)
23. Que Sera, Sera (Whatever Will Be, Will Be) (Ray Evans / Jay Livingston)
24. Please Don't Talk About Me When I'm Gone (Sidney Clare / Sam H. Stept)

Musicians:
Janet Seidel (vo, p)
David Seidel (b)
Chuck Morgan (g)

豪の歌姫、ジャネット・サイデルについては【雑談はこちらに】#258 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=70591280
惜しくも2017年にご逝去されました。
Seidel を「サイデル」と読むのは独語風の読み方ですね。

このアルバムは、全部で24トラック収録されていて、そのトラックが複数の曲のメドレーで構成されているものがあります。
ドリス・デイにちなむ曲が大量に詰め込まれた、トリビュート・アルバムになっています。
(曲の情報の掘り起こしが大変です(汗))

"Somebody Loves Me/Blue Skies"

"Somebody Loves Me"
作曲: George Gershwin
作詞: Ballard MacDonald & Buddy DeSylva
作曲年 1924
初出: George White's Scandals (舞台)
https://en.wikipedia.org/wiki/George_White%27s_Scandals

ドリス・デイは1950年録音のアルバム Lullaby of Broadway に収録。
彼女主演の映画 Lullaby of Broadway (1951) の中で歌っています。
http://www.imdb.com/title/tt0043762/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Lullaby_of_Broadway_(film)

"Blue Skies"
作曲・作詞 : Irving Berlin
作曲年 1926
>>[11] をご覧ください。

little-girl voice と言われたジャネットの声をしっかりと楽しんでください。



Somebody loves me
I wonder who
I wonder who he can be;

Somebody loves me
I wish I knew
Who can he be worries me

For every girl who passes me
I shout, hey! maybe
You were meant to be my loving baby;

Somebody loves me
I wonder who
Maybe it's you

引用元はここ
https://genius.com/Doris-day-somebody-loves-me-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://d.hatena.ne.jp/wineroses/20070212

映画の1シーンです。





>>[20]

>ドリス・デイは1950年録音のアルバム Lullaby of Broadway に収録。

アルバム・ジャケットです。
"Sentimental Journey"

作曲 : Les Brown & Ben Homer
作詞 : Bud Green
作曲年 1944

曲情報については >>[16] をご覧ください。

この動画はオーディオ自慢のためのようですが、オーディオからの再生音をマイクで拾っていますので、直接この装置から聞いている人ほどには音質が伝わってきませんね。



"Secret Love"

作曲 : Sammy Fain
作詞 : Paul Francis Webster
作曲年 1953

曲情報については >>[13] をご覧ください。



"I'll String Along With You"

作曲 : Harry Warren
作詞 : Al Dubin
作曲年 1934

この曲は映画 Twenty Million Sweethearts (1934) で使われました。
http://www.imdb.com/title/tt0025920/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Twenty_Million_Sweethearts

この映画をリメイクした作品が My Dream Is Yours (1949) で、主演はドリス・デイです。
http://www.imdb.com/title/tt0041671/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/My_Dream_Is_Yours

なかなかいい曲ですね。



All my life I've waited for an angel
But no angel ever came along
Then one happy afternoon I met you
And my heart began to sing a song
Somehow, I mistook you for an angel
But now I'm glad that I was wrong

(Both)
You may not be an angel
'Cause angels are so few
But until the day that one comes along
I'll string along with you

I'm looking for an angel
To sing my love song to
And until the day that one comes along
I'll sing my song to you

(Doris)
For every little fault that you have
Say, I've got three or four

(Buddy)
The human little faults that you do have
Just make me love you more

You may not be an angel
But still I'm sure you'll do

(Both)
So until the day that one comes along
I'll string along with you

(Doris)
For every little fault that you have
Say, I've got three or four

(Buddy)
The human little faults you do have
Just make me love you more

(Doris)
Because you're such an angel
That's why I'm sure you'll do
So until the day that one comes along
I know just what I'll do

(Both)
I'll string along with you

引用元はここ
https://genius.com/Doris-day-ill-string-along-with-you-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song46.html

映画の1シーンです。



1934年の方の映画の1シーンです。




"My Dreams Are Getting Better All the Time / Let's Be Buddies / I May Be Wrong"

"My Dreams Are Getting Better All the Time"
作曲: Victor Mizzy
作詞: Manny Curtis
作曲年 1944
初出 In Society (1944) (映画)
https://en.wikipedia.org/wiki/In_Society

"Let's Be Buddies"
作曲・作詞: Cole Porter
作曲年: 1940
初出 Panama Hattie (1940) (舞台)
https://en.wikipedia.org/wiki/Panama_Hattie

"I May Be Wrong (but I Think You're Wonderful)"
作曲: Henry Sullivan
作詞: Harry Ruskin
作曲年 1929
初出 Murray Anderson's Almanac (1929) (舞台)
https://www.ibdb.com/broadway-production/murray-andersons-almanac-10917/#opennightcredit

3曲がメドレーになっています。
これらの曲名を眺めると、メドレーにした理由が何となく想像がつきそうな…

"My Dreams Are Getting Better All the Time" と "Let's Be Buddies" は、ドリス・デイ主演の映画 Lullaby of Broadway (1951) の中で彼女が歌っています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Lullaby_of_Broadway_(film)
ドリス・デイとレス・ブラウン楽団の録音が大ヒットしました。

"I May Be Wrong (but I Think You're Wonderful)" は1950年の映画 Young Man with a Horn の中でドリス・デイが歌いました。
ドリス・デイとハリー・ジェイムス楽団の録音が大ヒットしました。



それぞれの歌詞等は別項にします。



>>[25]
"My Dreams Are Getting Better All the Time"

Well, what do you know
He smiled at me in my dreams last night
My dreams are getting better all the time

And what do you know
He smiled at me in a different light
My dreams are getting better all the time

To think that we were strangers
A couple of nights ago
And though it's a dream, I never dreamed
He'd ever say hello

Oh maybe tonight, I'll hold him tight
When the moonbeams shine
My dreams are getting better all the time

Well, what do you know
He smiled at me in my dream last night
My dreams are getting better all the time

And what do you know
He looked at me in a different light
My dreams are getting better all the time

To think that we were strangers
A couple of nights ago
Though it's a dream, I never dreamed
He'd ever say hello

Oh maybe tonight, I'll hold him tight
When the moonbeams shine
My dreams are getting better all the time

引用元はここ
https://genius.com/Doris-day-my-dreams-are-getting-better-all-the-time-lyrics

ドリス・デイ、1945年の録音です。




映画 In Society (1944) トレイラーです。

>>[25]
"Let's Be Buddies"

What say, let's be buddies
What say, let's be pals
What say, let's be buddies
And keep up each others morale
I may never shout it
But many's the time I'm blue
What say, hows about it
Can I be a buddy to you

引用元はここ
https://genius.com/Doris-day-lets-be-buddies-lyrics

ドリス・デイ、1945年の録音です。


Panama Hattie は1942年に映画化されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Panama_Hattie_(film)
映画の1シーンです。


ドリス・デイ主演の映画 Lullaby of Broadway (1951) のトレイラーです。



>>[25]
"I May Be Wrong (but I Think You're Wonderful)"

I may be wrong, but I think you're wonderful
I may be wrong, but I think you're swell
I like your style, say I think it's marvelous
I'm always wrong so how can I tell?

Deuces to me are all aces
Life is to me just a bore
Faces are all open spaces
You might be John Barrymore

You came along, say I think you're wonderful
I think you're grand, but I may be wrong

I may be wrong, but I think you're wonderful
I may be wrong, but I think you're swell
I like your style, say I really think it's marvelous
I'm always wrong so how can I tell?

Deuces to me are all aces
Life is to me just a bore
Faces are all open spaces
You might be John Barrymore

You came along, say I think you're wonderful
I think you're grand, but I may be wrong

You said that Edison would never make that light
You laughed at Mr. Franklin with his key and light
The point of the song is I'm always wrong
But with you baby, I'm, oh, so right

引用元はここ
https://genius.com/Doris-day-i-may-be-wrong-but-i-think-youre-wonderful-lyrics

歌詞の和訳があります。
http://www.bekkoame.ne.jp/~moon-g69/i%20may.html

ドリス・デイとハリー・ジェイムス楽団の録音、1950年です。



1950年の映画 Young Man with a Horn の1シーンです。



"I Got the Sun in the Morning"

作曲・作詞: Irving Berlin
作曲年 1946

この曲はミュージカル(舞台) Annie Get Your Gun (1946) で使われました。
https://www.ibdb.com/broadway-production/annie-get-your-gun-1440
https://en.wikipedia.org/wiki/Annie_Get_Your_Gun_(musical)

このミュージカルは1950年に映画化されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Annie_Get_Your_Gun_(film)
主演はベティ・ハットンです。

ドリス・デイは同名の Annie Get Your Gun という自身のアルバムを出していて、この曲がこのアルバムに収録されています。
このアルバムは同上ミュージカルの曲を集めたもので Doris Day and Robert Goulet の二人が主演俳優の役割で歌っています。
(アーヴィング・バーリン・ソングブックに加えてもいいのでしょうね :-))

この有名曲の適当な和約が見当たりませんでした。
まあアーヴィング・バーリンが書いた曲ですから歌詞を眺めると判るでしょう :-)



Got no diamonds, got no pearls,
Still I think I'm a lucky girl,
I've got the sun in the morning and the moon at night

Got no mansion, got no yacht,
Still I'm happy with what I've got
I've got the sun in the morning and the moon at night

Sunshine gives me a lovely day,
Moonlight gives me the Milky Way.

Got no checkbooks, got no banks,
Still I'd like to express my thanks;
I've got the sun in the morning and the moon at night

Sunshine gives me a lovely day,
Moonlight gives me the Milky Way.

Got no checkbooks, got no banks,
Still I'd like to express my thanks;
I've got the sun in the morning and the moon at night

And with the sun in the morning and the moon in the evening,
Why I'm all right!

引用元はここ
https://www.azlyrics.com/lyrics/dorisday/igotthesuninthemorning.html

ドリス・デイの Annie Get Your Gun の音源です。



"Embraceable You"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1928

曲情報については【ジョージ・ガーシュイン ソングブック】#87 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=2&id=78819952

ドリス・デイはこの曲をレス・ブラウン楽団と1944年に録音していて、ヒットしました。
このドリスの録音を耳にした作曲家のジュール・スタインと、当時コンビを組んでいた作詞家のサミー・カーンが彼女の歌唱力に強く惹かれて、彼女に映画 Romance on the High Seas (1948) への出演を強く勧めたというのは良く知られた話です。
この時のドリスの反応は「私は歌手だけど俳優じゃないのよ」というものだったそうで、このドリスの素直な姿勢に上記の彼らは更に彼女に映画出演を勧めることになったようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Romance_on_the_High_Seas
>>[2] もご覧になってください。



ドリス・デイの1944年の音源です。



"It's Magic"

作曲 : Jule Styne
作詞 : Sammy Cahn
作曲年 1947

曲情報については>>[2] をご覧ください。

>>[30] の録音がきっかけとなって、ドリスが初出演した映画 Romance on the High Seas (1948) で使われました。

なかなかいい曲ですね :-)



映画の1シーンです。
実際には初見ではここまで歌えないですよね(笑)





"Canadian Capers"

作曲・作詞: Earl Burtnett, Gus Chandler, Bert White, and Henry Cohen
作曲年 1915

作曲者たちについてはこの人しか調べきれませんでした。
Earl Burtnett (7 February 1896 – 2 January 1936)
https://en.wikipedia.org/wiki/Earl_Burtnett

この曲は映画 My Dream Is Yours (1949) で使われました。
主演はドリス・デイです。
http://www.imdb.com/title/tt0041671/?ref_=fn_al_tt_1
https://en.wikipedia.org/wiki/My_Dream_Is_Yours
この映画では Ralph Blane and Harry Warren が新しい歌詞をつけているそうです。



I heard you call for an all star band
It's something new for the music stand
It's on the way, but before we start
A cuttin' capers around your heart

You're gonna cheer when you hear this band
There's never been a better crew
And when you hear the drummer
Lawdy, how the joint'll hum
A cuttin' capers just for you

You'll never pick about or pick a quarr'l
With Mister Krupa or with Frankie Carle
You'll never dig a list of bigger names
A cuttin' capers with Harry James

With Benny Goodman and his clarinet
And Tommy Dorsey's in it, too
Alvino Rey will star
A walkin' talkin' steel guitar
A cuttin' capers just for you

Listen to that tenor saxophone
Never heard it played with such a tone
And when you get that lic'rish stick
Out in the woodshed, son

Why it's Papa Benny Goodman
And he's showin' ya quick
How the proper lic'rish stickin's done
(Too root, dah roo, ta, doo doo)

Listen to that fiddle player slap, slap, slap
Boy, he plays it, he really lays it, in your lap, lap, lap
Say, I'll bet before they're through
You'll be cuttin' capers, too
(Doo doo, doo doo, roo doo)

(Do rah do)

Cuttin' capers 'cause I'm out with you
Nothin' else that I'm about to do
My heart begins to flutter like a dove
I even stutter
(Guess, it's love)

I'm cuttin' capers so you'll notice me
When we're together, can't you see
I'm only blowin' off
A talkin' big, a showin' off

A cuttin capers 'cause it's true
Dee dah, dee dah, ooh, ooh, ooh

引用元はここ
https://genius.com/Doris-day-canadian-capers-cuttin-capers-lyrics

(続く)
>>[32]
"Canadian Capers"

歌詞の和訳は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。
1949年当時の有名ミュージシャンの名前が出てきます。

ドリス・デイの音源です。



映画の1シーンです。
これは1949年当時のラジオの音楽リクエスト番組のスタジオの様子なのでしょうか?



"Too Marvelous for Words"

作曲: Richard A. Whiting
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1937

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#60 をご覧ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=78960498

この曲とドリス・デイの関係は、映画 Young Man with a Horn (1950) の中でドリスが歌っています。
http://www.imdb.com/title/tt0043153/?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Young_Man_with_a_Horn_(film)



映画の1シーンです。



ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。