ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 哲学 Φιλοσοφια > トピック一覧 > ポリティカルコレクトネス

哲学 Φιλοσοφιαコミュのポリティカルコレクトネス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

外では言わないけど、本音は違う。
我々は自分たちの顔を使い分けて生活をしています。
ポリティカルコレクトネスという言葉も広まっています。

ポリティカル・コレクトネス(英:political correctness 略称:ポリコレ, PC)とは、直訳で「政治的な正しさ(or妥当性)」。人種・性別・文化・民族・年齢・宗教・政治指向・性癖等々の違いによる偏見、差別を含まない言葉や用語や表現を用いることを意味する。

概要
 1990年代に入ってアメリカで大きく注目された考え方で「偏見・差別のない表現は政治的に妥当である」「偏見や差別の用語を撤廃し、中立な表現を利用しよう」との運動から始まり、差別是正に関する社会運動を内包する場合が多い。

 また、異なる文化を持つ集団が存在する社会において、それぞれの集団が「対等な立場で」扱われるべきと考える多文化主義(英: multiculturalism)や、「女性差別の撤廃」をめざし、女性にとって差別と判断した文化や慣習を否定する考えであるラディカル・フェミニズム(英:radical feminism)とも親和性が高い。

 この考え方の目的は「多様性(人種・性別・文化…etc)がみとめられる社会の形成」である。ただし、「特定の考え方でないものにマウンティングする道具」として使用されてしまうこともある(後述)。

 1994年には、学術的な視点からポリティカル・コレクトネスに関連してアメリカで起きている衝突に関する紹介もなされており[1]、その中で、「少数民族,女性,障害者,同性愛者らに気を使い,発言に注意することなどは最低限要求される」「強制的色彩を帯びているのが特徴」「言い換えは、「言葉狩り」への懸念となる。」といった問題点も指摘されている(上記には、さらなる引用元がある記述あり)。
いる団体に対する「安易な自主規制」あるいは「配慮の強制」とも言え、読者や作者らとの摩擦が生じた早期の例と言える。

言い換え・禁止の例(アメリカをはじめとした海外)
クリスチャンが多いアメリカでは、年末のクリスマスシーズンになると「メリークリスマス」という挨拶が普通に行われている。しかし、ポリティカル・コレクトネスの考え方だとキリスト教以外の宗教の人への配慮として、「メリークリスマス」の代わりに「ハッピーホリデー」と呼ぶように運動をしている。

ニューヨーク市教育局は、市が提供する統一テストにおいて、子供が不愉快さを感じる恐れがある50個の言葉を利用禁止にする試みを行った。例えば「恐竜」(進化論を信じない子供に配慮)、「離婚」(親が離婚した子供に配慮)「誕生日」(特定の宗教は誕生日を祝わないから)等々。(ソース)

「ファイアーマン(消防士)」を「ファイアーファイター」に、「スチュワーデス」「スチュワード」を「キャビンアテンダント」に、「ビジネスマン」「ビジネスウーマン」を「ビジネスパーソン」にするなど、性別に特化した呼称を避ける。

「sexual preference(性的嗜好)」と言う言葉の使用を避け、「sexual orientation(性的指向)」に言い換える。「preference(嗜好)」には「好みに過ぎない」というニュアンスがあり、性的マイノリティに対する攻撃を助長する可能性があるため。

アラスカ・グリーンランド・シベリアなどの北極圏に住む先住民族を指す「エスキモー」という言葉について、「「生肉を食べる者」という意味で差別的だ」として「イヌイット」「アラスカネイティブ」と言い換えられることがある。ただし「そもそも「生肉を食べる者」という意味ではなく誤解だ」「生肉を食べる者と言う呼び方を差別的ととらえること自体が生肉を食べる習慣への偏見なのではないか」という反論もある。また「イヌイット」は本来エスキモーの中の一部の集団のみを指す言葉であるため言い換えとしての適切性に問題があるし、「アラスカネイティブ」ではシベリアやグリーンランドに住む集団も含めた呼称ではなくなってしまう。

アメリカ本土の先住民族を指す「ネイティブ・アメリカン」について、先住民族ら自身がどちらかと言えば「インディアン」の呼称を好むことから「インディアン(Indian)」と呼ぶべきではないかという議論がある。先住民族は、アメリカ大陸を「発見」したヨーロッパ人がその土地をインドだと勘違いしたことに端を発して当初「インディアン」と呼ばれていた。その後「インド人(こちらも同じくIndian)と紛らわしい」という理由で「ネイティブ・アメリカン」と言い換えられた。それをさらに当事者たちの意見を重視して言い換え前に戻そう、という少々複雑な経緯である。ただし「インディアン」に戻した場合は「インド人」との紛らわしさの問題が復活する。

言い換えの例(日本)

言い換え前言い換え後理由JIS慣用色名登録済みの「はだいろ」「ペールオレンジ」「うすだいだい」色の違う肌を持つ人々への配慮「看護婦」「看護士」「看護師」性別に特化した呼称を避ける[2]「保母」「保父」「保育士」同上「痴呆」「認知症」元の用語が差別的な印象を与えるため「精神分裂病」「統合失調症」同上「人格障害」「パーソナリティ障害」同上「メクラウナギ」「ヌタウナギ」同上

ポリティカル・コレクトネスに対する批判

 ポリティカル・コレクトネスの考えは意訳すると「不快表現追放運動」「差別表現狩り」の事。そして、目的は「多様性がみとめられる社会の形成」であり、その点からみれば「不可解な理解しがたいもの」、というわけではない。

ただし、これに対して

何者がどのような理由・基準で「不快表現」「差別表現」と決めるのか?独断による場合や、少数者が決めてしまっている場合は「私(我々)が不快と思うものは認めない」という独善的な押し付けにはなりはしないか?

多様性をみとめるという事は、多様性をみとめないという多様性も容認する必要があるのではないか?そこに矛盾点があるのではないか?「問題がある」とみなした表現を圧殺するのは、多様性に反しているのではないか?

「全ての人が不快にならない表現」など存在しないのではないか?どんな表現をしても、誰かは不快になるか、もはや誰も見ない表現になるのではないか?

「不快な表現」や「差別表現」を排除するのは正義なのか?その正義を担保するものは何か?

などといった批判の声もある。

俳優・映画監督で、政治活動家としても知られるクリント・イーストウッド氏は、映画撮影における表現の自由を尊重する立場からポリティカル・コネクトネスに強く批判的であり、男性誌『エスクァイア』に掲載された、ドナルド・トランプ大統領の発言についてインタビューを受けた際のコメントでは、ポリティカル・コレクトネスに対する以下のような異議を唱え、メディアがそれを煽って助長させていると主張している。

内心ではみんなポリティカルコレクトネスに媚びるのはうんざりしているんだ。俺たちは今、お世辞だらけの時代に生きている。俺たちは本当に、軟弱な時代にいるんだ。誰もが細心の注意を払っている。みんな、レイシストだとか何だとか責めているのを目にする。俺が育った時代なんて、こんなこと(トランプ大統領の発言など)は人種差別なんて呼ばれなかった。『グラン・トリノ』を作る時なんて、仲間までもが「これは本当にいい脚本だけど、ポリティカルコレクトネスに欠ける」なんて言ったんだ。そこで俺は、「よし、今晩読むよ」と言った。翌朝俺は、脚本を奴の机に叩き付けて言ったんだ。「これをすぐ始めるぞ」。

我々はいかにホンネとポリコレのバランスを取るべきでしょう。

コメント(322)

天皇の孫娘が、クズ男に惚れたはれたで十分話題になるわけで、
こんな飾り、一度なくしたら次はなかなか見つからないだろう。

ただ、このままでは断絶するから、リスクマネジメントはしないと。
>>[282]
天皇なしで律せられるくらいに、ちっとは中世から進歩してないかな……近代主義者さん(^^ゞ
中世レベルに戻った日本民族…

あー、怖気がする鳥肌が立つ。
僕らなんかどう扱われるか分からん。
>>[284]

ない。

日本国民の中身は古代奴隷制時代の古代人と同じだ。
中世レベルに戻った日本国民は必ず多様性を忌み嫌い、
異分子を叩き潰そうとする。
やつらに「違うが対等」の考えは通じない。

本当にまさに鬼畜生が正体を現しても不思議ではない。
>>[287]

むう。

違うぞ。
反日でもないし保守でもない。
コミュニタリズムって、グローバリズムと相性わるいのかなぁ?
>>[291]

あのね。

コミュニタリアンが言う、コミュニティとは国民国家と穏健な中間集団のことですぞ。

僕は国民国家日本と教会を好む。

中世クソバカニッポンと、アホアホ全体主義社会なんかは大っ嫌いだ。
でも、個人と国家の間に機能する地縁共同体はどんどん衰退しているような……日本人は別にコミュニティを必要としてないような……
共同体って裏を返すと呪縛って意識がアチキには強いんだけど……

あ、共同体主義者だ、、にっげろ〜〜ダッシュ(走り出す様)
>>[295]

必要としてるから、会社や役所なんかを擬似的な共同体にしてるんですよ。

歴史的にも、大企業は藩の代わり。
>>[296]

人間、特に日本人は、自由と表裏一体の孤独に耐えられないから仕方ない。
>>[297]

いや、日本はアメリカより個人主義でチームワークがないという研究結果がある。
だから無理矢理呪縛する。
>>[298]
ああぁ、アチキも中間管理職にもなれない半端もんだから、上司を陰ひなたなくwwこき下ろすけど、、

万が一、その立場になれば、手のひら返して、社畜そうろうのコミュニタリアンになるんだろうなあっかんべー
>>[303]

いや、擬似共同体化した会社とかは、
ちゃんと機能集団に戻さないといけない。

機能集団が共同体化したから日本の問題がある。
ちゃんとした共同体に属していれば、
機能集団をわざわざ共同体化しないんですよ、人間は。
>>[302]

近代人は皆孤独。
孤独と引き換えの自由。

だから共同体として教会は最適なんです。
キリスト教は、元々は都市型コミュニティだったんですから。

よーは、淡くなければならない人間関係を、
濃くしてしまうから、
別のところで濃くして、 淡い関係は淡いままにしないといけない。

全部淡いのには人間、耐えられない。
キリスト教には無教会主義、つーのがあるが、
こっちは教会よりはるかに人間関係が密。
師弟みたいな関係になったりする。

日本国民は、昔は老いたら引退して、
ムラの祭祀を司る神役に属して、下っ端からやり直した。
共同体はそうやって、社会的な生まれ変わりをもたらす。

自由に金儲けの為に集合離散すべき会社みたいな、
機能集団とは動きが異なる。
無教会主義って、、、教会を通さずに個人がダイレクトに神さまと繋がる…ってこと?

それこそ、アンチ共同体主義っていっていいような…あっかんべー

別に創価やら、天理やら、、、名前出せばいいじゃん。ポリコレ的にもあっかんべー
>>[307]

違う。

聖書勉強会みたいな感じ。
>>[310]

○○とかわかるように匂わす……ってさ、そのものズバリを真正面から批判しない分、ポリコレとは相容れないように思うんだけどなボケーっとした顔

なら“某”なんて書き方はしないはずあっかんべー
創価や天理は戦前からあるから、
新興ではないですな。
もう老舗。

天理は江戸末期だし。
あら、そうなのね……アチキはそういう風には使わないな……だいたい、批判したい対象を真正面から批判すると、反撃に合う可能性が高い場合、“某”とか○○とかやって、誤魔化しながら反撃をかわそうとするときに使う文章技巧でないの?

まぁ、誤魔化すことが主眼だから、当然アチキのこのような指摘はスルリと肩透かしを食わされるんですけどねあっかんべー



>>[318]

シュールなジョークですな。
次はプーチンと習近平を推薦したら完成ですw
ノーベル平和賞自体がもはや噴飯ものなんだけどね
それを皮肉ってるだけなんじゃないの?w

ログインすると、残り293件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

哲学 Φιλοσοφια 更新情報

哲学 Φιλοσοφιαのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済