ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 高次脳機能障害を治し隊 > トピック一覧 > 2つの障害の合わせ技について

高次脳機能障害を治し隊コミュの2つの障害の合わせ技について

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

私は、最初このようなことがあることに気づきませんでしたが、
鈴木大介氏の本を読んでいて複数の障害の合わせ技で、問題を大きくしていることに気づきました。
このような現象について書きましょう。

コメント(2)

まず、私から

注意障害と情動障害の合わせ技

注意がある特定の人の不快な言動にロックされてしまい、
情動のコントロールができない障害と合わさって、
四六時中、特定の人や過去に言われた言葉に囚われて、不快な気分になる。
思い出し怒りを自分で反芻することで、怒りが増幅する。
これは辛いです。

私の場合の対処法
・抑肝散を飲む
・テグレトールを飲む
・別の人間関係で注意と気分を転換する
・呼吸や雲や木々のせせらぎなどに注意を向ける
マインドフルネスです。
上手くいけば、頭が空っぽになり、思考のループから抜け出せます。
注意障害と記憶障害の合わせ技

ものが見つけられなくなります。
今どこに置いたんだっけ?ならまだしも、今何をどこにおいたんだっけ?だと辛いです。

私の場合の対処法
・見えるところに並べておく
・とにかくメモる

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

高次脳機能障害を治し隊 更新情報

高次脳機能障害を治し隊のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。