ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > 海外マイナーアニメ・無名アニメ > トピック一覧 > チリのアニメ(Animació...

海外マイナーアニメ・無名アニメコミュのチリのアニメ(Animación de Chile)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

・原作
レネ・リオス・ボエティヘール(ペポ)(René Ríos Boettiger)
・制作会社
グラ・フィルム(Grafilms)
・放送局
13チャンネル
(チリ・カトリック大学放送局)
Canal 13
(Corporación de Televisión de la Universidad Católica de Chile)
スペイン国営放送局
Televisión Española

【資料】
http://www.memoriachilena.cl/602/w3-article-92993.html
http://www.sofoca.cl/condorito/2011/09/22/cortos-animados-de-condorito-de-los-80/



チリの人気漫画・アニメ。

コンドリートは1949年に誕生しているので、かなり古いですね。
コンドリートが、コンドルがモデルの獣人である事は、
ルックスや名前からして明らかですが、
チリは『アンデスコンドル』を国の象徴とし、国章に用いました。
そんなわけで、チリ的なものを意識して作られている
というのがわかると思います。

『ワッソ』(Huaso)と呼ばれるチリの農民と、
コンドルを掛け合わせた(ような)キャラクターだったとか。
それが後に、現在のデザインに変更されたとのこと。
http://www.geocities.jp/general_sasaki/supeingo-condorito.html

履いているサンダルは、『オホタ』(Ojota)といい、
ワッソの履くサンダルだとか。

『ワッソ』を一言で説明するのは難しいが、アメリカのカウボーイ、
オーストラリアのストックマン(Stockman)、
メキシコのバケーロ(Vaquero)やチャーロ(Charro)に近い、
田園人で優れた騎手なのだとWikipediaに出ています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%BD

コンドリートには『コネ』(Coné)という名前の甥っ子がいて、
1984年のロスオリンピックのマスコット、
『イーグル・サム』(Sam the Olympic Eagle)
に妙にルックスが似ているのですが、
ヘソ出しルック(恐らく意図していない)
している所も共通しています。
イーグルサムの公式イラストにも、
腹出しルックが幾つかあるので
(バレーボールやホッケーなど)。
勿論、コンドリートの方が遥かに先ですけど。
https://comicvine.gamespot.com/cone/4005-66409/images/

コメント(1)

『テビトのメニュー』(El Menú de Tevito)という番組にて、
聞き手のペドロ・カルクロ(Pedro Carcuro)と対談するコンドリート

実写とアニメーションの融合が中々面白い!!
スペインの『牛追い祭』や、レーニン像倒壊など、
世界中のニュース映像に、
コンドリートをアニメーションで差し挟む大胆さ!!
『テビト』というのは、メガネを掛けた白い犬のマスコットキャラ。

『小さなコンドル』(コンドリートの日本画風のパロディ画)は傑作!!
烏天狗を基にして描いたのでしょうか?
確かに、コンドリートはカラス天狗っぽいですね。
http://www.sofoca.cl/condorito/2011/11/20/fanstuff-%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%aa%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab/

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

海外マイナーアニメ・無名アニメ 更新情報

海外マイナーアニメ・無名アニメのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済