ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > JCPと国民統一戦線の探求 > トピック一覧 > 【JNN「報道特集」2018・...

JCPと国民統一戦線の探求コミュの【JNN「報道特集」2018・5・5】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

《新・現代と思想〜ジャーナリスト精神》
【JNN「報道特集」2018・5・5】
           櫻井 智志

1 
 歴史が大きく変わる。変わろうとする動きを認めず、些末な難癖に終始する日本の大手マスコミや政治グループの動き。北朝鮮を賛美はしないが、朝鮮が明治以降日本から受けた迫害への悼みの空白。「歴史の教訓」(トインビー)。
 沖縄で、沖縄の警察官でなく、本土からきた警察機動隊の基地反対運動への過剰な警備が問題となっていた。群馬の山村で警部補警官が強盗を行い追及されている。荒んだ 警備は警察官をだめにする。戦地から帰国した兵士のように。


2 カジノ随感
 まるで時代劇の権力とからんだいかさま博打。アルカポネのようなギャングと賭博。カジノ依存症に侵された庶民の人心を荒廃させる。「カジノは日本の成長戦略」と話す総理。一瞬このひとは、本当に政治家か?!考えこんだ。カジノはリゾートとは異質だ。日本でも競馬や競輪で身を持ち崩し、一家離散の悲劇を子どものころから感じて育った。根本から腐敗しきっている。怒りより恐怖を覚える。何をしでかすか本当に危険な政治家だ。
 覚醒剤中毒の常習者は、自分でやめようと思っても辞められないと聞いた。脳内物質のドーパミンは覚せい剤や賭博で多く分泌され、それは理性では制御できない大脳の機能と密接。庶民でさえ知っているカジノのカラクリ。日本の政府は、根本的な大問題においてなんの判断もできない政府だ。


3 副業アラカルト
 批判されたサン・シモンやフーリエは、「魅力ある労働」の意義を説いた。労働が疎外され搾取で労働の喜びが奪われている社会の日本。副業は管理や疎外から労働を生き生きとさせる。本来の本業で生きがいを感じられる労働が実現しないと、日本は経済そのものが失速から沈没へむかいかねない。
 副業から広がり、さまざまな社会的なボランティアなどに好感を覚える。社会的生活手段などをはやくから財政学の宮本憲一氏は著作であきらかにした。生活の共同体や連帯感を地域にもたらす取り組みと意欲は,暮らしを明るくする。

コメント(1)

安藤昌益さん
「イイネ」に深く御礼申し上げます。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

JCPと国民統一戦線の探求 更新情報

JCPと国民統一戦線の探求のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済