ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 真空管アンプ > トピック一覧 > LUXのA3000を改造

真空管アンプコミュのLUXのA3000を改造

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

A3000をS氏の〇〇〇BASS・SOUNNDOの仕様に改造しました。オリジナルよりずっと私好みで良いです。ただ、6550が遙か昔に入手したブランドよー解らん球なのでDCバランス取りにすごく苦労しました。ついでにDCバランスボリュームも交換しました。

コメント(4)

こんにちは!8045Gを6550に交換したのですか?もう少し詳しく知りたいです。OPTもそのままでOKでしたか?
>>[1] お早うございます。KT88、6550、8045Gいずれもピン位置が同じならバイアス電流と電圧を調整すればいけると思います。CSPPなので音の品位は高く、NFBを少なくすればすごく聞きやすくなります。OPTはもちろんそのままです。回路はプリント基板のリード線を数か所付け替えるだけで済むと思いますが、高圧回路であり、やはり危険は伴います。
>>[2] わたしが就職してすぐに出た「憧れ」の LUX製品なのでよく覚えています。クロスシャント・プッシュプルも印象的でした。給料より高かったので見送りましたが^^ ありがとうございました。
お早うございます。プロフィールを見て、物理がお好きだとか。私も、昨年教員を退職してのんびりしていますが、量子物理学を自前で学んでいます。何か情報交換できれば、と思いキーを打ちました。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

真空管アンプ 更新情報

真空管アンプのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済