mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 山地元治

山地元治

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月10日 15:46更新

山地元治
(幼名:忠七)

{生没年}
1841年(天保12年)9月10日〜1897年(明治30年)10月3日

{出身}
土佐藩(現:高知県高知市越前町)

{最終階級}
陸軍中将 従二位 勲一等 功三級

{爵位}
子爵


幼少期に片目を失明。
独眼竜将軍として知られた勇将。

土佐藩士 山地元恒の長男として生まれる。
山内容堂公の側小姓を務める。
幕末、中岡慎太郎や坂本龍馬の思想に影響を受ける。

戊辰戦争に従軍。鳥羽伏見の戦いに参加後も胡蝶隊隊長として東北を転戦。

1868年には土佐藩大隊長となる。
その戦功により明治新政府より賞典録150石を授けられる。


明治維新後
御親兵として上京し陸軍少佐に任官。
西南戦争では別働第3旅団 黒川通軌大佐の元参謀長を務める。
1881年(明治14年)
陸軍少将、熊本鎮台司令官となる。
大阪鎮台司令官など歴任
1886年(明治19年)
陸軍中将となる。

第六師団長を経て、1894年(明治27年)
第一師団長として日清戦争へ出征。

金州や難攻不落として知られていた旅順、田庄台などを破竹の勢いで攻略した。

戦後は西部都督を務め明治30年10月3日三田尻で死去した。

早逝しなければ陸軍大将、伯爵になったであろう将軍。

また藩閥政治により人材が埋もれるのを惜しみ、不遇の人材を引き上げる努力を惜しまなかった。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 18人

もっと見る

開設日
2008年10月14日

3230日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!