ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 台風の眼を覗き隊! > トピック一覧 > 台風総決算!2018

台風の眼を覗き隊!コミュの台風総決算!2018

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

あと2日で新年を迎えます。
皆様の2018年における台風の思い出は如何でしたでしょうか?。
激レアになるかもしれない「越年台風30号?」が南シナ海で発生しそうな気配ですが、総発生数は平年よりやや多い29個(30個になる可能性あり)であったものの、上陸数は5個とかなり多くなりました。
とりわけ非常に強い勢力で近畿に上陸した21号と逆走した12号、更に10月としては最も北西を進んだ25号が印象に残ったものですが、ストームチェサーとしては僅か20kmまで接近したにも関わらず眼を逃してしまった12号が悔やまれる所です。
ここでは2018年の締めくくりとして今年の台風の傾向を載せてみました。

*進路傾向*
当初は東日本に多くなると見ていたが、実際は近畿地方に集中した。
また、20世紀まで王道を占めていた九州を縦断して日本海を北東に進む台風は今年もゼロで、この傾向は近年顕著になって来ている。

*12号*
これは逆走した事で世間を騒がせました。
その理由として夏場の太平洋高気圧が弱く、その隙間に寒冷渦を生じたのが原因です。
この背景としては温暖化説が有力です。

*25号*
10月以降に九州西方海上を北上する台風は激レアであり、1951年以降僅か5個しかありません。
その中でも最も北西を進んだのが25号です。この理由は太平洋高気圧が10月としては異常な発達をしたからで、真夏に太平洋高気圧が弱く、逆に晩秋に強まる傾向は2009年頃から多くなって来ており、その背景には温暖化が絡んでいる可能性が高いと考えられます。

今年も「台風の眼を覗き隊!」をご愛顧いただき心より感謝いたします。
それでは、皆様の幸運と、来年の台風に思いを馳せて良い年越しを迎えられるよう祈っております。富士山台風

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

台風の眼を覗き隊! 更新情報

台風の眼を覗き隊!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。