ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > アート > 競馬・ダメ予想家のダメダメ理論 > トピック一覧 > クラウンC【1】/結論

競馬・ダメ予想家のダメダメ理論コミュのクラウンC【1】/結論

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

川崎1600(S3)
4月4日 20:15発走


■結論

[全体ラップ]
15年 13.2−11.0−12.7−13.9−12.2−13.2−14.2−13.5
16年 13.0−11.5−12.7−13.9−12.3−13.5−14.2−13.5
17年 12.7−11.5−12.3−13.1−11.8−13.2−13.6−13.7

[前後半3F]
15年 36.9 → 40.9 1.43.9 良
16年 37.2 → 41.2 1.44.6 良
17年 36.5 → 40.5 1.41.9 稍重

川崎1600メートルは、4コーナーポケットからのスタート。
川崎競馬場のコーナーは、南関東で最もカーブがきついため、コーナーリングで必ずペースが緩む。
全体ラップを見ても分かる通り、最初のコーナーに差しかかる3〜4ハロン目でラップが13秒台まで落ち込み、向こう正面に当たる5ハロン目で再び12秒台まで加速。
その後のラスト3ハロンは、13秒台後半〜14秒台が連発するズブズブの持久戦になっている。
コーナーでの加速が難しい川崎コースは、基本的に先行有利がセオリーではあるが、前傾ラップが定番のこのレースで強引に前へ行こうとすれば、激流に巻き込まれてしまうリスクもあるので注意が必要だ。

[通過順]
15年 1着 05-04-06-03 2着 07-07-04-04 3着 08-08-08-08
16年 1着 06-05-06-05 2着 08-09-03-02 3着 04-04-03-03
17年 1着 01-01-01-01 2着 08-08-06-06 3着 10-10-08-07

過去3年の3着以内馬9頭中、1コーナーで7番手以降のポジションにいた馬は、過半数の5頭。
勝ち馬こそ出ていないが、このレースは先行有利の川崎コースにしては、差し追い込みが決まりやすいようである。
逃げ馬が馬券に絡んだのは、昨年1着のローズジュレップのみ。

南関東を含めて、地方競馬は前残りの競馬が多いため、先行できる馬から順に人気を集めていく。
このクラウンCも例外ではなく、近走先行して好成績を残している馬が上位人気に支持されるのだが、そんな先行馬たちが作り出したハイペースに乗じて、人気薄の差し追い込み馬が最後の最後で馬券圏内まで突っ込んでくる、というのがこのレースの波乱パターンだ。

[人気]
15年 11 → 12 → 3
16年 4 → 7 → 1
17年 1 → 12 → 10

昨年は、12番人気セイジーニアスが2着、10番人気ラッキーモンキーが3着に入り、3連複25330円、3連単76220円の大波乱。
一昨年も、二桁人気馬こそ馬券に絡まなかったものの、4番人気→7番人気で決着し、馬単6490円、3連単32920円。
極めつけが15年で、11番人気→12番人気→3番人気でフィニッシュし、馬単95870円、3連単は何と6183360円の超大波乱となった。
14年も10番人気が3着に激走、13年は5番人気→12番人気→7番人気で決着し、3連単21万馬券が飛び出すなど、とにかく毎年のように荒れるレースなのである。
では、人気薄で馬券圏内に激走した馬たちに、何か共通点はあったのだろうか。

15年11人気1着 ウインバローラス……父スターリングローズ
15年12人気2着 ルコンポゼ……………父パイロ
16年7人気2着 プレイザゲーム………父パイロ
17年12人気2着 セイジーニアス………父パイロ
17年10人気3着 ラッキーモンキー……父パイロ

過去3年で、7番人気以下の人気薄ながら馬券に絡んだ馬は上記5頭だが、そのうち実に4頭が父パイロ。
2015年の出走馬で父がパイロだったのは、2着馬ルコンポゼのみ。
2016年は、2着馬プレイザゲームの他に、13着シャークカイザーも父パイロ。
2017年は、二桁人気で3着以内に突っ込んできた2頭とも父パイロで、他のパイロ産駒は11着マルヒロナッツオー1頭しかいなかった。
さらに付け加えるなら、16年1番人気3着ディーズプリモの父は、パイロと同じエーピーインディを経由するシニスターミニスターである。

ちなみに、15年1番人気で5着に沈んだドライヴシャフトの父はミスプロ系のトワイニング。
同2番人気12着のクールテゾーロは、父スペシャルウィークで母父がミスプロ系のキングカメハメハ。
他にもプリサイスエンド産駒や、南関東では圧倒的な好走率を誇るサウスヴィグラス産駒など、ミスプロの血を持つ馬が人気よりも走らない傾向にある模様。
今年エントリーしている馬の中では、若草特別を勝利して臨むミスターバッハ、若竹特別勝ちのヴオロス、つばき賞1着のサザンヴィグラスあたりのサウスヴィグラス産駒が、危険な人気馬となりそうだ。

今年の出走馬で、パイロ産駒はマッドドッグ1頭のみ。
父系にエーピーインディの血を内包している馬も、マースインディ、ヴァンルモンテ(ともに父カジノドライブ)の2頭しかいない。
この3頭の中から、本命を選びたいところだが・・・

本命は、ヴァンルモンテ。

浦和所属のため、ホームの浦和で高指数をマークしている。
川崎以上に先行絶対有利の浦和にあって、差しで好時計を叩き出している点を評価したい。
キャリア17戦のうち、上がり最速7回、上がり2位2回、上がり3位3回と、決め脚の速さがこの馬のセールスポイントだ。

昨夏のサンライズ賞(川崎1400)では、道中4番手の先行策から上がり最速をマークしているように、好位からでも切れを活かすことが可能。
3走前の若盛特別(浦和1400)は、序盤こそ最後方の位置取りとなったが、向こう正面で一気に加速し、3角では2番手まで浮上してタイム差なしの2着を確保した。
脚質的に展開待ちとなってしまう点は否めないが、例年のようなハイペースになれば、この馬の決め脚が炸裂する可能性は決して低くはない・・・はず(笑)

◎ヴァンルモンテ
〇マースインディ

コメント(7)

へー。買ってみようかな(笑)

でも、内枠の先行馬も買います(笑)
9レース見たけど定番の前残りですね(笑)
>>[2]

まぁ、川崎ですからね(笑)
コーナーがきつく、道中のペースも速くなりにくいコース。
先行馬に人気が集まり、その先行馬が順当に残るため、基本的には荒れない川崎。
その川崎で波乱があるときは、差し馬が浮上したときです。
荒れない川崎で、毎年のように荒れるクラウンC。
何か、他のレースと違うポイントがあるんですかねー?
4、7、8、9、12のボックス買ってみます(笑)デニストンが良く見えます。
>>[4]

いい狙いですね。
当たりそうだなぁ。
グエエ。内枠の先行馬や。。本日の川崎競馬、たぶん八回二番が馬券になってる(笑)スプリングマンか。
>>[6]

申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)
素直に川崎らしく買えば良かったですねあせあせ

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

競馬・ダメ予想家のダメダメ理論 更新情報

競馬・ダメ予想家のダメダメ理論のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済