mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ロスチャイルド=イルミナティコミュの偽シンクロニシティ(偽共時性)からの遠隔洗脳(FC2ブログ「橋浦麻美子は集団ストーカーされていた」(https://ryu525.blog.fc2.com/)から) 2019-03-22 集団ストーカーのほのめかしを他者に説明するのが困難な訳は、それがプライバシーに関係しているからです。 ターゲットの日常に関するほのめかしやネガティブなほのめかしの場合、その意味を細かく説明していく事は流石にためらわれるわけで、彼らはそれを熟知した上で行っています。 僕の投稿を読んで、こう思う人もいるでしょう。「これらはおまえが自分自身を投影したものに過ぎないのでは?」と。そして「おまえは病的に神経質になっているだけだ」と。 それに関しては、僕は自問自答を繰り返しました。そして「答えは否である。やはり何者かの関与は否定できない」という結論に達しました。他者からそう見えるように仕向けている何者かが確かに存在し、その何者かは神か宇宙人か、それともただの人間なのか。ここは解釈の分かれるところでしょう。 彼らはターゲットの誰にでもあるような小さな悪や失敗をことさら大きく取り上げ、「おまえが〇〇(たとえば強欲)だから、俺たちがそれを正そうとしてやっている」などと、ただ他者から強奪するだけの自分たちのストーカー犯罪を正当化するほのめかしをターゲットによくしてきます(「橋浦はストーカーに仕立て上げられた?」の投稿参照)。 https://ryu525.blog.fc2.com/blog-entry-43.html 橋浦はストーカーに仕立て上げられた? これは偽シンクロニシティ(ユング心理学のシンクロニシティを真似た事を人為的にターゲットの周囲で発生させる)として、ターゲットにあたかも神や宇宙人(レプティリアン等)、悪魔からのメッセージのように見せかけ、マスメディアなどからほのめかしを行い、ターゲットに暗示を与え続け、ターゲットを洗脳します。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3 シンクロニシティ(wikipedia) その手法はマスメディアなどから象徴、記号、数字、名前、見立てを組み合わせて、ターゲットに特定の暗示を与え、そのようなメッセージを繰り返し送り続けることで、ターゲットにある思い込みを抱かせる洗脳です。 宗教を信じているターゲットに対しては、それらのメッセージを神仏や悪魔、第六天の魔王からのように見せかけ、オカルトを信じているターゲットには、レプティリアン等の宇宙人からのメッセージに見えるようにします。 加えて、「引き寄せの法則」などの彼らが作ったスピリチュアルのフェイクニュースにターゲットを誘導し、光と闇、善と悪との闘いといったストーリーをターゲットに描かせ、あたかもターゲット自身の悪が不幸を引き寄せたかのようにターゲットに思い込ませ、ターゲットに対して、自分たちの犯罪を正当化しようとしてきます。 たとえば、ビートルズに詳しい方なら、一時期、ポール死亡説が一部のファンに信じられていた事をご存じだと思いますが、彼らはそれに似た方法で暗示を与えることも、実際にマスメディアなどから、個々のターゲットに対してよく行っています。「ポール死亡説」で行われた手法は、ほのめかしの中で言語を用いないものですが、決して偶然でも出鱈目でもなく、遠隔洗脳が目的です。 http://rikumalog.com/beatles/paul-isnt-dead.html よくもそこまで…と感心するポール・マッカートニー死亡説あれこれ https://ryu525.blog.fc2.com/blog-entry-105.html 引き寄せの法則の嘘 ビートルズも彼らの操り人形だったという説があります。それはネットで調べていただければわかりますが、栗本慎一郎著『パンツを脱いだサル ヒトは、どうして生きていくのか』(現代書館)やジョン・コールマンの本でも書かれています。これは事実でしょう。 ポール死亡説の中では車のナンバープレートの数字に特定の意味を持たせていますが、これは集団ストーカー被害者が、車のナンバープレートの数字がゾロ目や誕生日等の意味のある数字の車によくつきまとわれるという被害と酷似しています。僕の場合は「8888」や自分の誕生日のゾロ目と数字(たとえば、誕生日が1月2日なら1111,111,2222,222、1212)が多いです。 このような方法(他にもサブリミナルや電磁波等のハイテク兵器からも行われていた可能性がある)で、彼らは僕に対して「僕が橋浦から集団ストーカーされている」という思い込みを抱かせ、橋浦に対しては、推測になりますが「スピッツの草野正宗氏から集団ストーカーされている」という思い込みを抱かせたと考えられます(「橋浦はどのように彼らから洗脳されたのか?」参照)。 http://ryu525.blog.fc2.com/blog-entry-46.html 橋浦はどのように彼らから洗脳されたのか? シンクロニシティを「意味のある偶然の一致」とユングは言っているので、それが実際に存在するのかは別として、彼らはターゲットに対して、それを真似たメッセージを継続して送り続けることで、ターゲットはそれらを「超自然からの意味のあるメッセージだ」と解釈します。まさか、人間がこんな回りくどいやり方でメッセージを送るなんて、通常は想定外なので。 そして、これなら彼らの工作が疑われたときにも「偶然だ」と言って言い逃れできます。彼らの犯罪にはアイデアの盗用の疑いもありますが、盗作が指摘された時にも「シンクロシティという現象だ」という言い逃れが出来ます。これは科学で証明できないので、やられた方はどうしようもありません。 僕はシンクロニシティと偽シンクロニシティは別物だと考えていて、思考盗聴の被害を訴える被害者は、「それがハイテク兵器でされたものなのか?それとも大量の個人情報保持によるただの先読みに過ぎないのか?ユング心理学でいうシンクロニシティという集団ストーカーとは無関係の現象だったのか?」を区別する必要があります。それらを全く検証していないサイトが多いので、僕は「フェイクニュースが多い」と主張しているわけです。 もし、それが彼らによる偽シンクロニシティだった場合は、ビートルズにおける「ポール死亡説」のように間違った思い込みを抱かせられる危険性があります。 彼ら自身が言霊や数秘術などを信じていて(たとえば、ASKA氏が『700番』を出版する前日に起きたASKULでの火災や彼らがターゲットに車両による付け回しをするときは、悪魔を意味する666等の意味を持たせたゾロ目ナンバーがよく使われ、事件や事故を起こすときの日付けなどもそれに合わせたりしていることなどからそう考えられる)、迷信が人間に与える影響を熟知しているので、ターゲットが見ている占いもほのめかしに使われています。 https://ryu525.blog.fc2.com/blog-entry-52.html ASKA氏が『700番』を出版する前日に起きたASKULでの火災 犯罪被害者が彼らの工作を知り、ほのめかしの意味を一つ一つ解説しネットで自らプライバシーを丸裸にしたとしても、法の網を潜り抜けているので、単に「自分自身のコンプレックスをそれらに投影しただけの統合失調症の関係妄想」とされ、失笑されかねません。だから、通常、その手法が明らかにされることはないわけなのです。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

偽シンクロニシティ(偽共時性)からの遠隔洗脳(FC2ブログ「橋浦麻美子は集団ストーカーされていた」(https://ryu525.blog.fc2.com/)から)

2019-03-22
集団ストーカーのほのめかしを他者に説明するのが困難な訳は、それがプライバシーに関係しているからです。

ターゲットの日常に関するほのめかしやネガティブなほのめかしの場合、その意味を細かく説明していく事は流石にためらわれるわけで、彼らはそれを熟知した上で行っています。

僕の投稿を読んで、こう思う人もいるでしょう。「これらはおまえが自分自身を投影したものに過ぎないのでは?」と。そして「おまえは病的に神経質になっているだけだ」と。

それに関しては、僕は自問自答を繰り返しました。そして「答えは否である。やはり何者かの関与は否定できない」という結論に達しました。他者からそう見えるように仕向けている何者かが確かに存在し、その何者かは神か宇宙人か、それともただの人間なのか。ここは解釈の分かれるところでしょう。

彼らはターゲットの誰にでもあるような小さな悪や失敗をことさら大きく取り上げ、「おまえが〇〇(たとえば強欲)だから、俺たちがそれを正そうとしてやっている」などと、ただ他者から強奪するだけの自分たちのストーカー犯罪を正当化するほのめかしをターゲットによくしてきます(「橋浦はストーカーに仕立て上げられた?」の投稿参照)。

https://ryu525.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
橋浦はストーカーに仕立て上げられた?

これは偽シンクロニシティ(ユング心理学のシンクロニシティを真似た事を人為的にターゲットの周囲で発生させる)として、ターゲットにあたかも神や宇宙人(レプティリアン等)、悪魔からのメッセージのように見せかけ、マスメディアなどからほのめかしを行い、ターゲットに暗示を与え続け、ターゲットを洗脳します。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3
シンクロニシティ(wikipedia)

その手法はマスメディアなどから象徴、記号、数字、名前、見立てを組み合わせて、ターゲットに特定の暗示を与え、そのようなメッセージを繰り返し送り続けることで、ターゲットにある思い込みを抱かせる洗脳です。

宗教を信じているターゲットに対しては、それらのメッセージを神仏や悪魔、第六天の魔王からのように見せかけ、オカルトを信じているターゲットには、レプティリアン等の宇宙人からのメッセージに見えるようにします。

加えて、「引き寄せの法則」などの彼らが作ったスピリチュアルのフェイクニュースにターゲットを誘導し、光と闇、善と悪との闘いといったストーリーをターゲットに描かせ、あたかもターゲット自身の悪が不幸を引き寄せたかのようにターゲットに思い込ませ、ターゲットに対して、自分たちの犯罪を正当化しようとしてきます。

たとえば、ビートルズに詳しい方なら、一時期、ポール死亡説が一部のファンに信じられていた事をご存じだと思いますが、彼らはそれに似た方法で暗示を与えることも、実際にマスメディアなどから、個々のターゲットに対してよく行っています。「ポール死亡説」で行われた手法は、ほのめかしの中で言語を用いないものですが、決して偶然でも出鱈目でもなく、遠隔洗脳が目的です。

http://rikumalog.com/beatles/paul-isnt-dead.html
よくもそこまで…と感心するポール・マッカートニー死亡説あれこれ

https://ryu525.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
引き寄せの法則の嘘

ビートルズも彼らの操り人形だったという説があります。それはネットで調べていただければわかりますが、栗本慎一郎著『パンツを脱いだサル ヒトは、どうして生きていくのか』(現代書館)やジョン・コールマンの本でも書かれています。これは事実でしょう。

ポール死亡説の中では車のナンバープレートの数字に特定の意味を持たせていますが、これは集団ストーカー被害者が、車のナンバープレートの数字がゾロ目や誕生日等の意味のある数字の車によくつきまとわれるという被害と酷似しています。僕の場合は「8888」や自分の誕生日のゾロ目と数字(たとえば、誕生日が1月2日なら1111,111,2222,222、1212)が多いです。

このような方法(他にもサブリミナルや電磁波等のハイテク兵器からも行われていた可能性がある)で、彼らは僕に対して「僕が橋浦から集団ストーカーされている」という思い込みを抱かせ、橋浦に対しては、推測になりますが「スピッツの草野正宗氏から集団ストーカーされている」という思い込みを抱かせたと考えられます(「橋浦はどのように彼らから洗脳されたのか?」参照)。

http://ryu525.blog.fc2.com/blog-entry-46.html
橋浦はどのように彼らから洗脳されたのか?

シンクロニシティを「意味のある偶然の一致」とユングは言っているので、それが実際に存在するのかは別として、彼らはターゲットに対して、それを真似たメッセージを継続して送り続けることで、ターゲットはそれらを「超自然からの意味のあるメッセージだ」と解釈します。まさか、人間がこんな回りくどいやり方でメッセージを送るなんて、通常は想定外なので。

そして、これなら彼らの工作が疑われたときにも「偶然だ」と言って言い逃れできます。彼らの犯罪にはアイデアの盗用の疑いもありますが、盗作が指摘された時にも「シンクロシティという現象だ」という言い逃れが出来ます。これは科学で証明できないので、やられた方はどうしようもありません。

僕はシンクロニシティと偽シンクロニシティは別物だと考えていて、思考盗聴の被害を訴える被害者は、「それがハイテク兵器でされたものなのか?それとも大量の個人情報保持によるただの先読みに過ぎないのか?ユング心理学でいうシンクロニシティという集団ストーカーとは無関係の現象だったのか?」を区別する必要があります。それらを全く検証していないサイトが多いので、僕は「フェイクニュースが多い」と主張しているわけです。

もし、それが彼らによる偽シンクロニシティだった場合は、ビートルズにおける「ポール死亡説」のように間違った思い込みを抱かせられる危険性があります。

彼ら自身が言霊や数秘術などを信じていて(たとえば、ASKA氏が『700番』を出版する前日に起きたASKULでの火災や彼らがターゲットに車両による付け回しをするときは、悪魔を意味する666等の意味を持たせたゾロ目ナンバーがよく使われ、事件や事故を起こすときの日付けなどもそれに合わせたりしていることなどからそう考えられる)、迷信が人間に与える影響を熟知しているので、ターゲットが見ている占いもほのめかしに使われています。

https://ryu525.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
ASKA氏が『700番』を出版する前日に起きたASKULでの火災

犯罪被害者が彼らの工作を知り、ほのめかしの意味を一つ一つ解説しネットで自らプライバシーを丸裸にしたとしても、法の網を潜り抜けているので、単に「自分自身のコンプレックスをそれらに投影しただけの統合失調症の関係妄想」とされ、失笑されかねません。だから、通常、その手法が明らかにされることはないわけなのです。