ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > アート > 芸術で地球を救いたい!☺ > トピック一覧 > eco japan cup受賞...

芸術で地球を救いたい!☺コミュのeco japan cup受賞作品プレゼンテーション会のご案内

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

[146th exhibition/event of Fukase Memorial Visual Art Preservation Plan]
独立キュレーターの深瀬鋭一郎です。暑中お見舞い申し上げます。

深瀬記念視覚芸術基金が2006年に創設した「eco japan cupカルチャー部門」では、これまで、水谷孝次「Merry Project」、鈴木勲「バイオ耕うん機の旅(白州―琵琶湖―白州)」、モスデザイン研究所「生きものあいす」、西尾美也「Overall」、堀内正弘(多摩美術大学堀内チーム)「Cool Share(クール・シェア)」、山中カメラ「神山スダチ音頭(BonDance/KAMIYAMA-SUDACHI-ONDO)」など、アート界のエッジな動きをフォローしている人ならその多くが知り、マスメディアにも報道されている意欲的な作品がグランプリ(賞金100万円)を獲得してきました。

そして、2012年は、深澤孝史「とくいの銀行 TokuinoBank」(エココミニケーション部門グランプリ)などが受賞。「とくいの銀行」とは、茨城県取手市の井野団地で2011年に発足した、団地の無形資源を蓄積、交換し、体験するプロジェクトで、お金の代わりに団地に携わる人々の「とくいなこと」を預かり、預けた人は、他の人が預けた「とくいなこと」を引き出すことができるという仕組みです。「ひきだしイベント」の開催や、複数の「とくい」を同時に体験できる「ひきだそう会」など次々と企画が進行中。アートの外縁を拡張するプロジェクトとして、注目を集めています。

奮ってご観覧ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////
eco japan cup受賞作品プレゼンテーション会

日時:2013年8月10日(土)16時開始(入場無料)

会場:東京都江東区木場3-18-17 アースプラスギャラリー 電話03-5809-9949
(東京都現代美術館近く、首都高速木場出入口脇にある民間最大級のギャラリー)

内容:グランプリ・準グランプリ受賞作家による作品プレゼンテーションとライブ演奏を開催(終了後、19時までレセプション・パーティ)

//////////////////////////////////////////////////////////////////
eco japan cup 2012 カルチャー部門 グランプリ・準グランプリ受賞者 展
【会期】2013年8月10日(土)- 8月25日(日)
【時間】11:00〜19:00 月曜休廊 
【会場】東京都江東区木場3-18-17 1F EARTH+GALLERY 電話03-5809-9949
【入場】無料

出展作品:
グランプリ(エココミュニケーション)『とくいの銀行 TokuinoBank』 深澤 孝史
準グランプリ(エココミュニケーション)『Japanese tip』辰巳 雄基
準グランプリ(エコアート)『あかりプロジェクト2012』大阪人間科学大学 あかりプロジェクト実行委員会
準グランプリ(エコデザイン)『Roll Socket』 関 達也
準グランプリ(エコデザイン)『Hushime(ふしめ)』 籔下 聡希
準グランプリ(エコミュージック)『MOTTAINAI 〜ワンガリ・マータイに捧げる〜』AikaH(アイカ)
準グランプリ(エコミュージック)『いのちのもり』 jabami ーじゃばみー

受賞者情報:
http://www.eco-japan-cup.com/winner/winner-1cc2012.html
http://www.eco-japan-cup.com/winner/winner-2cc2012.html

名称:エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト。「eco japan cup 2012」
eco japan cup 2012開催概要:
http://www.eco-japan-cup.com/]http://www.eco-japan-cup.com/

解説:
“eco japan cup”は2006年に生まれた、産業・官公庁・学会・市民・金融が連携してエコビジネスの担い手を見つけ、支援育成することを目的とした事業です。低炭素社会を目指し地球温暖化をストップするビジネスプランを募集するとともに、社会にエコ文化を根付かせ人類の意識を根底から変えていくことを企図して、ビジネス、カルチャー、ライフスタイル、ポリシーの4 部門を設けています。
 この展覧会は、カルチャー部門の4ジャンルであるエコ・デザイン、エコ・コミュニケーション、エコ・アート、エコ・ミュージックの受賞作品を紹介し、受賞者のその後の活動をプロモートする趣旨から、毎年開催されているグループ展です。前年に続いて、東京都江東区木場にてオープン1周年を迎えた、当ギャラリー「EARTH+GALLERY」にて、開催する運びとなりました。
 展覧会では、4ジャンルのグランプリ・準グランプリ受賞7作品を展示・紹介します。8月10日(土)午後4時より開催されるオープニング・パーティでは、出展アーティストによる受賞作品に関するプレゼンテーションや、ロハスな社会のため芸術がなし得ることについて語るギャラリートークに加えて、ミュージック部門準グランプリ受賞アーティストによるライブ・イベントも開催します。どうぞお楽しみください。(本展キュレーター 深瀬鋭一郎)

会期:
2012年7月2 日(月)応募受付開始
2012年9月20日(木)応募受付終了

発表:
2012年12月13日(木)〜15日(土)10:00〜18:00 ※15日(土)のみ10:00〜17:00
エコプロダクツ2012 会場内(東京ビッグサイト東展示棟)

表彰式:
2013年2月22日(金)18:00〜20:00 ホテルイースト21東京

主催:
一般社団法人環境ビジネスウィメン/環境省/国土交通省/総務省/株式会社日
本政策投資銀行/株式会社三井住友銀行

後援:
外務省/経済産業省/内閣府/農林水産省/文部科学省/朝日新聞社/産経新聞社/東京新聞/日本経済新聞社/毎日新聞社/読売新聞社/日経BP社/NPO法人環境経営学会/(公社)経済同友会/東京商工会議所/日本商工会議所/(社)日本経済団体連合会/(公社)日本青年会議所/ (社)日本インテリアデザイナー協会/ (社)日本グラフィックデザイナー協会/(社)日本パッケージデザイン協会/日本ベンチャーキャピタル協会/低炭素都市推進協議会/全国知事会/北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/長崎県/佐賀県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県(順不同)
パートナー・コンテスト[企業賞]提供団体:
一般社団法人環境ビジネスウィメン/一般財団法人セブン・イレブン記念財団/日本郵政グループ/株式会社三井住友銀行(順不同)

一般協賛団体:
株式会社IHI/株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ/〜水俣地域の発展のために〜 JNC株式会社/株式会社電通/パナソニック株式会社/前田建設工業株式会社/三井住友ファイナンス&リース株式会社/三井不動産株式会社(順不同)
連携団体:NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット/深瀬記念視覚芸術保存基金(順不同)
協力:株式会社アークフィリア(CREATORS BANK)/株式会社クレコ・ラボ/株式会社グラフィック/ブロードメディア・スタジオ株式会社/muzie(順不同)
応募費:無料
応募総数:389件
賞金総額:1千万円(2012年実績)

お問い合わせ・連絡先
<会場・開催概要関連>
EARTH+GALLERY 山中・松崎
電話 03-5809-9949
e-mail yamanaka@coexist-tokyo.com

<eco japan cup関連>
eco japan cup総合運営事務局
電話 03-5888-9139
e-mail ejc@eco-japan-cup.com

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

芸術で地球を救いたい!☺ 更新情報

芸術で地球を救いたい!☺のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済