mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 毛利元就 もうりもとなり

毛利元就 もうりもとなり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月10日 02:33更新

毛利元就が好きな人。

BASARAで毛利元就の使い手の人。

ご自身の「参加コミュニティ一覧」に、是非このコミュニティを掲載しましょう!



毛利元就(もうりもとなり)は、戦国時代最高の智将の一人。
用意周到な策略で自軍を勝利へ導く稀代の策略家であり、その気持ちがいいほどの冷酷さに哲学を感じる人も多い。

小規模な国人領主の息子として生まれ、父・弘元が死去すると、そのまま家臣の井上元盛によって所領を横領され、城から追い出される。

松寿丸(元就の幼名)はその哀れな境遇から「乞食若殿」と貶されていたという。この困窮した生活を支えたのが、養母であった杉大方である。

「西国の桶狭間」と呼ばれる「有田中井手の戦い」で名を上げ、家督争いと粛清に明け暮れた結果として毛利家の当主となる。

「吉田郡山城の戦い」では、尼子軍に本拠地・吉田郡山城を攻められるが、3万の敵に対し、わずか3千の兵で籠城して尼子氏を迎え撃ち、巧みな計略や遅れて到着した大内義隆の援軍・陶隆房の活躍もあって、この戦いに勝利。安芸国の中心的存在となる。

吉川家と小早川家を謀略と暗殺で乗っ取り、家中の実力者井上元兼とその一族を殺害。その直後に家臣団に対して毛利家への忠誠を誓わせる起請文に署名させ、集団の統率力を強化すると同時に国内有数の水軍を支配下に。

防長の大名大内義隆が家臣の陶隆房の謀反によって殺害された大寧寺の変がおこると、3万の陶隆房に対し、4千の兵で「厳島の戦い」に勝利。

やがて中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大し、信長と世界最大の銀山、石見銀山の利権を争う事となる!

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 39人

もっと見る

開設日
2010年5月12日

2477日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!