mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > カープのエースは山根だった

カープのエースは山根だった

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年10月5日 11:19更新

カープのエースは誰だと聞かれると答えはいろいろあるだろう。長谷川良平、外木場義郎、北別府学、大野豊、黒田博樹・・・
でも僕はこの人の名前を挙げたい。山根和夫。
背番号35→17のこの人はいつもシーズン後半からぐーんと調子を上げ、日本シリーズで快投を演じ、カープを3度の日本一に導いてくれました。
近鉄の大エース鈴木啓示と投げ合って勝てた試合は忘れません。
コミュがなかったので立てました。
是非、日本シリーズ男、山根和夫の思い出を語りましょう。

<山根和夫(WIKIより抜粋)>

出身地 岡山県真庭市
生年月日 1955年8月2日
右投右打
投手
プロ入り 1975年 ドラフト2位
初出場 1977年8月25日

経歴
岡山県立勝山高等学校
日本鋼管福山
広島東洋カープ(1977 - 1986)
西武ライオンズ(1987 - 1990)

広島入団時はチームで一番球が速く、150キロぐらい出ていた。しかしノーコンで、投球フォームをノーワインドアップにしてコントロールが安定した。直球のスピードは落ちたが、新しく覚えた浅い握りの高速フォーク、今で言うスプリットフィンガード・ファストボール(SFF)を駆使し主力投手となった。1984年には16勝を挙げ優勝に貢献した。

また日本シリーズに弱かったエース・北別府学に代わり、シリーズの主戦投手として活躍。特に1984年の日本シリーズで、この年三冠王を獲った阪急のブーマーをエグいシュートで完璧に抑え、チームに3度目の日本一をもたらした。その後右肩痛のため1985年から3年間は未勝利だったが、1986年オフに西武に移籍するとリリーフで復活した。

よくコメディアンの団しん也に似ていると言われた。また笑ってるわけではないのだが、笑ってるように見える顔が損をして、ノックアウトされてベンチに帰る時、「ワリャー、なに笑いよんなら(お前なんで笑ってるんだ)」などと、随分酷いヤジを飛ばされた印象が強い。しかし達川光男が正捕手になるきっかけを作ったのは山根である。


通算成績 278試合 65完投 12完封 17無四球 78勝 64敗 8S 1320.1投球回 486自責点 3.31防御率


最優秀投手 1984年
ベストナイン 1984年
オールスター出場 1980年、1984年


山根和夫 広島東洋カープ 日本一 日本シリーズ 17 SFF 

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2008年10月16日

3083日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!