mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > venom.

venom.

venom.

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動くベノム。



本名: エドワード・ブロック。
一般的にはその正体は不明とされるが最初の事件でスパイディに敗北して超人専用の刑務所”ヴォルト ”に収監されて以後は警察関係にはその素性は認知されている。ちなみに一人称は「俺たち」等。共生体なので。

Story :
若い頃の彼の細かな経歴は不明。大学でジャーナリズムを専攻し卒業後はAP通信社に所属する記者だった。この時期に結婚→離婚を経験しているらしい。その後彼がデイリー・グローブで人気記者として活動して当時世間を騒がせていた連続殺人犯 ”シン・イーター” を追っていた際に悲劇は起こった。彼は首尾よく犯人を突き止め本名を伏せたままその告白記を独占でスクープし、絶大な反響を得た。グローブの部数は激増したが警察その他の機関はこれ以上の被害を防ぐ為に犯人の正体を公表するよう彼に迫った。彼は弁護士と相談の上社会正義の観点から犯人の名を公表し、一大センセーションを巻き起こした。しかしその一時間半後にスパイダーマンが”本物 のシン・イーターを捕らえた。本物のシン・イーターはスパイディの捕らえた現職警官でエドは別人の妄想を真に受けていたのであった。 グローブ誌は世間の笑い者になり彼は失業した。信用もコネクションも失った彼は生活の為に俗悪な新聞に宇宙人や芸能ゴシップ等の腐った記事を書き綴った。「スパイダーマンが余計なことをしなければ」「俺の記事を読んで真犯人が連続殺人を止めていればそれで済んだのに!」。荒んだ心を慰めるため運動してストレス解消しようとボディ・ビルの器具を買い込んだ彼は筋トレに励んだが無駄だった。大新聞の一面を飾るスパイダーマンの写真を見るたび彼の憎悪は募るばかりであった。忍耐力の限界に達した彼は自殺も念慮したが彼はカトリックだったので自殺することもできず赦しを求めて祈り続け、教会をさまよううちに彼に奇跡が起きた。祈りを捧げていた彼に”闇”が迫り「彼ら」は一つになったのだ。
 この闇の正体は実はスパイダーマンのかつてのコスチュームであった。数年前 (原作では1984年) 超生命体ビヨンダーによって引き起こされた”シークレット・ウォーズ”の最中にスパイディは赤と青のレギュラーコスチュームを失くしてしまった。彼は異星で新しいコスチューム (ブラックコスチューム) を新調したがそのコスチュームは「生きた」エイリアンコスチュームだった。コスチュームはそれ自体がスパイダーマン固有の能力を模倣することができ、しかも高度な知能をも備えていた。ピーターはコスチュームの正体に気づき処置に悩んだ末にコスチュームと戦い、ミスター・ファンタスティック等の援助を受けこれを退けた。しかしコスチュームは生き延びており、同様にピーターを憎むエド・ブロックと融合したのである。
 「彼ら」はもう一人のスパイダーマンベノムとなった。自分を貶め、自分を見捨てたスパイダーマンを強く憎むベノムは早速彼に対する復讐戦を開始した。エイリアンコスチュームはピーターの記憶も吸収していたためベノムはスパイディの正体を知っていた。彼はスパイダーマンへの挑戦を続けた。スパイディの倍以上のパワーと高い知能を有するベノムはスパイダーマンの知略に何度も敗北を喫したがその度に脱獄し、彼への挑戦を続けた。しかしその戦いはあくまで「彼ら」の復讐の為でありスパイダーマン以外の人間には (少なくとも積極的には) 危害を加えることはなく、また自分の力を個人的な利益のために用いることもなく、常に (あくまでも彼なりに) フェアな戦いを望んでいた。そして、スパイダーマンが叔父の死から自分の力の意味を学んだように、幾多の戦いの中でベノムもまた自分の力とその価値を学んでいった。復讐の無益さを悟った彼は現在はスパイダーマンへの復讐心を捨てサンフランシスコの地下にあるという秘密の街の守護者として暮らしている (どうも地下が好きらしい)。 またその後離婚した妻で弁護士のアン・ウェイングにエイリアンコスチュームが取り付くという事件が起きたが寄生生命体によって互いの気持ちを確かめ合った二人は現在は和解し今では協力し合う関係になっている。
 リランチ後は悪役に復帰し、ヴィランの互助会たるシニスター・シックスに参加したりしているらしいが..

身長190.5cm。体重118kg。

交友関係:
とりあえずスパイディ。またカーネイジ事件ではスパイディの元恋人ブラックキャット(http://mixi.jp/view_community.pl?id=465950 )や吸血鬼モービウスと共に戦っている。前妻”ブライド・オブ・ベノム”とはいい関係らしい。

能力:
スパイダーマン固有の各能力 (超人的反射神経と敏捷性・クモ糸の射出・壁に取り付く能力・そして特有の超感覚”スパイダーセンス”) を持ち、さらに25tの物体を持ち上げる (スパイディの2.5倍。ピーターとブロックの腕力の差である) 腕力を誇る。またスパイダーマンと異なり身体のあらゆる箇所からクモ糸状の物質を射出することができる。また彼の存在だけはスパイダーマンの万能危機察知能力スパイダーセンスを無効にしてしまうため、スパイディはベノムとの戦いでは必然的に常日頃以上の苦闘を強いられる。
なお以上の全ての能力はエイリアンコスチュームがエドに寄生した状態でのみ発揮される (とはいえ両者は既にほぼ不可分な状態にまで融合している)。コスチュームは自在に色や形を変えることができるため合体した状態のまま日常生活を送ることも可能である (ベノム形態の際に下顎・牙・舌が極端な変形をするがこれは宿主のブロックではなくエイリアンコスチュームが変形しているのである)。エイリアンコスチュームはそれ単独としては弱いため、クモ糸等の形で放射され宿主から分離してしまうと約3時間で死滅してしまう。またある波長の音波に弱く、その音波を発生させる銃でダメージを与えることができる。

開設日
2005年10月18日
(運営期間3996日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
433人
関連ワード