mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 孤高にして悠然と〜清水成駿研究

孤高にして悠然と〜清水成駿研究

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年10月26日 01:46更新

競馬評論家・文筆家の清水成駿氏(以下先生)のコラム、予想、文章、思想等を研究するコミュニティです。


こんな方は是非ともご参加下さい。

◎先生の文章が好きだ。
◎先生の文章を読むと血が騒ぐ。
◎先生の「読ませる文章」は素晴らしい。
◎先生の文章のエンターテイメント性は特筆ものだ。
◎先生の攻めの姿勢に惚れた。
◎先生の歯に衣着せぬ物言いに惚れた。
◎先生の容姿・声に惚れた。
◎先生を勝手に人生の師と仰いでいる。
◎漢(おとこ)とはこの人のことを指すと思う。
◎一馬のスーパーショットを愛読していた。
◎東スポの馬単三国志を愛読している。
◎スーパーセレクションの無料会員だ。
◎むしろスーパーセレクションの有料会員だ。
◎「鉄板」とか「自明の理」とかいう言葉が大好きだ。
◎むしろ自分も日常生活で多用する。
◎けどたまに先生の「自明の理」には無理がある時がある。
◎「鉄板」も本当の鉄板とそうでない鉄板がある。
◎先生たまに以前と言ってることが違う時がある。
◎「日本馬に本命を打つことが日本人予想家としての責務」に震えた。
◎でも最近先生の本命は決まって外国馬の気がする。
◎先生シーイズトウショウとデキてるんじゃないかと思う。
◎先生が確変に突入すると誰にも止められない。
◎2005年秋から2006年秋にかけての先生は神だった。
◎けどスランプも誰にも止められない。
◎先生の好不調の波は激しすぎてついていけない。
◎最近先生が本命に走りがちで心配だ。
◎直木賞の話は一体どこにいったんだ。
◎保険屋の藤田は一体どこにいったんだ。
◎先生と石井進吾氏はゴールデンコンビだった。
◎石井進吾氏の冷静な予想は本誌予想の鑑だった。
◎柏木集保氏のレース回顧に同調する。
◎長谷川仁志氏の血統解説は勉強になる。
◎上田琢巳氏のラップ理論は説得力がある。



清水成駿プロフィール

 1948年東京都生まれ。明治学院大学卒業と同時に、競馬専門紙「1馬」に入社。旧東京系のトラックマンを担当。そこで馬を見る類まれな才能を高く評価され、20代の若さで競馬評論家となり、35歳と異例の速さで取締役編集局長に就任。

 競馬の見方を180度変える斬新な推理は、旧体質の予想界に新風を吹き込み、高配当を次々に的中。予想欄に一人ポツンと打った「孤独の◎」は、ファンの熱烈な支持を集め、今でも語り継がれている「穴の清水」の代名詞となる。

 長年連載された名物コラム「スーパーショット」では、卓越した文筆力で、競馬の今をバッサリ斬り、「ラジオ日本」「BSN」の競馬中継では、歯切れの良い語り口調で競馬の核心に迫った。競馬専門紙業界では誰もが一目置く“名前で新聞を売る事が出来る”希有な存在である。

 「1馬」を退社後は、競馬に限らず広い視点で小説および評論など文筆活動に専念。2003年より東京スポーツで「馬単三国志」を連載。2006年10月から「SUPER SELECTION」をインターネット、携帯と同時配信。新たなファン層にも絶大な支持を集めている。

 著書に「マジで競馬と戦う本」(KKベストセラーズ刊)、「逆推理でブッちぎれ」(世界文化社刊)、「穴馬券に乾杯」(KKベストセラーズ刊)、「競馬・男の一本勝負」(KKベストセラーズ刊)、「競馬新聞で逢おう」(朝日ソノラマ刊)、「馬は何でも知っている」(主婦の友刊)など多数。


ちなみに当コミュニティでは「孤独の◎」ではなく、
敢えて「孤高の◎」と呼びたいと思います。


清水成駿 SUPER SELECTION
http://www.s-shimizu.jp/

競馬ラボ 清水成駿のジャイロボール
http://pc.keibalab.jp/mailmag/index.html?PHPSESSID=892337e1b8b7d8657636a2ea6929e984

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 78人

もっと見る

開設日
2007年5月4日

3732日間運営

カテゴリ
趣味