mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月20日 00:51更新

攻殻機動隊ファンのみなさん

未来について語りあいましょうー


攻殻機動隊

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

攻殻機動隊 SAC 2nd GIG @ 日テレ
http://www.ntv.co.jp/kokaku-s/

WIKIPEDIAより
「『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(ゴースト・イン・ザ・シェル/こうかくきどうたい)は1995年11月に公開されたアニメ映画である。制作はProduction I.G、製作は講談社、バンダイビジュアル、MANGA ENTERTAINMENT、配給は松竹。2004年には続編『イノセンス』が公開された。

ストーリー

冒頭「企業のネットが星を覆い、電子や光が世界を駆け巡っても、国家や民族が消えてなくなるほど、情報化されていない近未来--」A.D.2029年のアジアの国家、日本。電脳化という技術によって脳をネットに直接つなげることが可能となり、体を機械化することも珍しくなくなった程科学の進んだ未来。

ありとあらゆる犯罪に対する為に設立された完全攻性の機動部隊・公安9課、通称攻殻機動隊、そのメンバーである草薙素子(くさなぎもとこ)もその例外ではく、身体は政府御用達のサイボーグメーカー製の特注品の義体であり、脳も他のメンバーと同じく電脳化を施されている。この時代電脳化は一般的で、あらゆる場面に適応されている。この作品中で言えば、電脳と車を繋ぎ、手でハンドルを握らずに電脳で運転したり、ネットに繋げ直接電脳に位置情報をダウンロードすることができる。ウイルスなどに対抗する電脳中のシステムは防壁と呼ばれ、生命にも関わるセキュリティ装置として作品に登場する。それは犯罪にも適応され、特定の個人の電脳にハッキングし擬似記憶を植付け人を操る手口から人形使いと命名されたハッカーは間接的にゴミ収集業者を操り、外務大臣とガベル共和国との秘密会談を妨害しようとしていた……。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 578人

もっと見る

開設日
2006年9月25日

4101日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!