ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 米国の政治と政治家たち > トピック一覧 > ドナルド・トランプが創り上げる...

米国の政治と政治家たちコミュのドナルド・トランプが創り上げる「アメリカ」! そのイメージは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

この男性をホワイトハウスの主にさせたアメリカ国民・・・これから、彼に何を期待するのでしょうか?
そして、世界の国々はどのような米国になることを望んでいるのでしょうか・・皆さんの思いを発信ください。

コメント(17)

彼の当選の激震の余波は、当分収まりそうもないのか・・・それとも余震はこれからなのか・・不安に怯える世界市民の様子も報じられています。

先ずは口火を切って、私から発信します。 イアン・ブレマー氏の考えから・・・。
http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2016/11/1109.html?utm_int=detail_contents_news-link_004

皆さんの見方をご自由に発信ください。
どんな人物が政権入りするのか・・これから明らかになって行くと見られますが、あツと驚く人物が登場するのか見ものですねわーい(嬉しい顔) ファースト・レデイとなる”メラニアさん”、どんな女性かも世界が注目でしょう・・

兎に角、これから、世界のリーダーたちの”トランプ詣で"は始まります。周りのトランプ支持者は
彼の「失言封じ」に躍起でしょう。
http://www.asahi.com/articles/ASJCB4JXWJCBUHBI01H.html
トランプ新大統領がこれから取り組む課題として三項目が報じられました。
それが「医療」、「国境管理」に「雇用」だと。 軍事の再検討などはどの辺の位置か・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000004-jij_afp-int
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111800167&g=pol
トランプ氏は先陣を切って日本の安倍総理をトランプ・タワーに招いて会談した。
大統領就任前に、日本の総理と会う事の意義についてはアメリカでも賛否両論があるのではないか。
トランプ政権の閣僚はこれから発表される段階だから、どういう人材が選ばれるのか世界は注目している。
娘婿のジャレッド・クシェナーと言う男性が組閣の陰の男だとか・・若干36才の男が2017年から2021年を、イヤ多分2025年までアメリカ政治を動かすのだろうか・・? アメリカに幸あれ!と祈らなければならない。
遂にあと二日のみ! なんだかんだと言われながら就任セレモニーです。民主党議員はじめ、有力議員が50人もボイコットしそうで、デモもあちこちで、まさに有史以来の就任式典会場になりそうだとか・・。
アメリカはこんなに国民を分断して満足しているのでしょうか・・?
トランプが公約を実行するかどうかは今後を期待するしかないですが、今回とても失望したのはリベラル/左翼の人たちの行動です。ワシントンで就任式をやっている矢先に、全米各地で抗議デモですよ。それにもっと許せないのは国会議員ともあろう人たちが新大統領の就任式をボイコットって、私の州選出議員がいたなら罷免運動を始めたいくらいです。アメリカも墜ちたもんです。
好き嫌いはともかく、国民に選ばれた大統領ですから、少なくとも1年くらいのチャンスを挙げないと気の毒ですよ。

ビル・クリントンあたりまでは私も民主党寄りでしたが、今の民主党支持者=リベラル派の行動を見てると、まるで甘やかされたお金持ちの子供達みたいに超自己中丸出し。今回の選挙でもはっきりしましたが、アメリカを動かしているのは彼らが軽蔑する中西部の高卒・ブルーカラーの人たちなんですよね。

ヘンリー・キッシンジャーが雑誌に書いていましたが、トランプ大統領は政界の誰の影響も受けていないアメリカ初の大統領だと。そう言われれば今までの大統領候補に限らずどの政治家も、政党や先輩議員とのしがらみにがんじがらめですから、そういう影響を受けず、公約を守って国民の生活を本当に良くする大統領になってて欲しいと心から願っています。
>>[7] 、発信いただき有難うございます。就任式の模様は勿論見ました。

前代未聞の式典であったことは世界の目が見届けましたねぇ〜。
現職民主党議員の60名のボイコットに加え、全米各地でのデモ行進の映像・・。

“アメリカ、ファースト!”の絶叫だけが世界の人々の耳に残っている・・。
しかし、世界の目には「これからのアメリカ・・一体、どうなるのか!?」の不安に覆われていますね。

でも、あなたのご意見には賛同ですよ。

トランプ候補に1票を入れた有権者の“切実な願い”・・「その願い」を叶えてくれるのが
「この男」であれば、その思いは間違いではない!

だから、もう賽は投げられた! これからの8年、イヤ4年を見るしかないです。
反トランプの国民も、アメリカを愛する人間であれば、自国の変化を見極めて行けば良いと思います。
デモや騒乱から、明るい展望は見えない訳ですから。

しかし、しかしですよ・・・世界経済がグローバル化している今日、「アメリカが潤った分、周りは貧困に陥っていく」、所謂、格差の拡大となっては、その「反動」は必ずアメリカにやって来るものですよね。そこは解っておかないと・・。

マッシーさん、

おっしゃることはよく理解できますが、特に過去数十年のアメリカ経済は石炭・鉄鋼・造船など基幹産業の破綻、その後は特に中国からの輸出攻勢で、アメリカ経済は大きな危機に見舞われています。庶民として一番の心配は、特に国民全員が無条件で加入できる日本のような健康保険制度がなく、医療費が日本の数倍するこの国では、失業=健康保険の受給資格喪失で即個人の破産に直結します。高齢化も進み、日本の年金にあたるソーシャルセキュリティーの受給開始年齢が遅くなるとか、受給金額が下がるといったことも言われています。それに私の住む州では(特に貧しい州ではありません)、親の収入が低すぎて1日3食食べれない子供が100万人以上いると聞いています。これがアメリカ一般庶民の現状なんですよ。

そんな国内状況をよそに、世の中がどんなに変わってもアメリカは戦後の最盛期に作ったNATOを維持して「世界の警察」役を続け、国連予算全体の22%を拠出し、世界中から合法・非合法の移民を受け入れ続けているわけです。

世界情勢の変化と共にアメリカの国内事情も変化している中、トランプの「アメリカ第一主義」が内容はまだ不明とはいえ、庶民に大きくアピールした理由がよくわかります。
世界のグローバル化も、戦後イギリスに代わって世界一の大国にのし上がったアメリカが貢献したからで、戦後70年以上経っても同じ役目をいつまでも期待するのはどうでしょうかね。近い将来世界の牽引役が中国になるとすれば、そんなこと言ってられなくなるでしょう。
日本が中国の属州に、なんてことが起きればどうします?
>>[9] 、ご指摘の「世界のグローバル化は戦後のアメリカの貢献によるもの」はその通りですね。 

だから、「これからは、アメリカはグローバル化を止めて、アメリカ・ファーストで行くから、もう我が国に頼るな!、期待もするな! 独自にやっていけ!」と言う事ですか?・・

ならばそれでもいいですが、アメリカ自身が最早グローバル化から離れるとことは出来ないと思いますよ。
昔のような「アメリカン・ドリームの到来」を願っても、それが出来ないのが今日の世界情勢ではないでしょうか。

あなたの指摘の「今後、中国がグローバル化の牽引国になり? その為に日本が中国の属州になる!?」は絶対にあり得ませんね。
マッシーさん、
「これからは、アメリカはグローバル化を止めて、アメリカ・ファーストで行くから、もう我が国に頼るな!、期待もするな! 独自にやっていけ!」というのは私ではなく、あなたの意見ですよね(笑)。

グローバル化というのは同じ考えの相手があってこそ実現するもので、そうでなければただの侵略ですよ。オバマもトランプも「グローバル化から離れる」なんてことは言っていなくて、たとえて言えば、年老いてきた親(アメリカ)に対し、いい年をした息子がいつまでも守ってくれ、小遣いをくれというのはおかしいのではないか、ということだと思うんです。

最近の中国の動向を見ていると、日本がもっと深刻に考えるべきは貿易よりも国防ではないでしょうか。上で将来中国の属州になったらどうする、と言ったのは「半分」冗談ですが、私はそれが絶対あり得ないとは言えないと思います。彼らはすでに技術・資金・そして膨大な人口を抱えてますからね。
>>[11] ,、?「これからは、アメリカはグローバル化を止めて、アメリカ・ファーストで行くから、もう我が国に頼るな! 期待もするな! 独自にやっていけ!」・・このフレーズ、

これがどうして私の意見に見えるのですか?
これは私が、ハテイクバさんに対して“これがトランプ大統領のグローバル化に対する国家方針ですよね”と問い掛けた部分ですよ。

「日本が中国の属州になる」と言うご指摘・・
”絶対あり得ないとは言えない"と・・。ハテイクバさんは、相当中国を買っているんですね(笑)

確かに「人口」と「資金」は仰せお通りでしょうが、「中国の技術」が日本を上回る? 中国の技術の水準をご存知ですか? そして中国経済、雲行きは怪しくなってきています。

習近平共産党は、政経分離の方針の下に、経済運営では「AIIB」を立ち上げ、参加国は現在81か国ですが、日米が参加していません。その主な理由は、運営がガラス張りではないからで、拒否権も自国の中国だけが持っているし、公平な為替管理が出来るのか!? 信頼されていません。

そして、中国はあれだけの人口、なお、増え続ける国民を食べさせるために、食と資源を求めて、アフリカや、南や東のシナ海に出て行かねばならない宿命。近隣諸国との摩擦は百も承知で突き進まなければならないのです。

習近平がトランプと喧嘩する時の、アメリカへの対抗手段は、中国が持つ大量の「ドルの売却」でしょうね。
トランプはそれを承知で喧嘩しますかね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000003-jij_afp-int
1月20日の正式就任から、いよいよトランプ大統領の「稼働開始」となりましたが、矢継ぎ早に発令する「大統領令」! 案の定、世界に「混乱」を巻き起こしています。「選挙前の発言を有言実行しているだけ!で、アメリカ国民からは支持されていることだ!」と、支持者は諸手を挙げて拍手しているのだろうか!?

アメリカには日本のような「三権分立」の理念はないのだろうか?・・

このたび、大統領令に執行停止を決めた連邦地裁に対し、トランプは「この、いわゆる判事の意見は本質的にわが国から法執行というもの奪うもので、ばかげており、覆されるだろう!」とツイートした。

”判事をバカ呼ばわりする"トランプさんを、アメリカ国民は本当に合衆国大統領にしたのか!?
「トランプ旋風」は、少々の向かい風にもびくともしない勢いですねぇ・・、

CNNやNYタイムスなどは、“フェイク報道機関だから「追放だ!」”で、ハリウッドの俳優・女優たちの”トランプ批判もデモ”も眼中に無いようです。

このように大統領を突き動かしている「人物」が、やっぱりいるんですねぇ〜・・
その男が『ステイーブン・バノン氏』! 

「主席戦略官」であり、「上級顧問」・・今やトランプ氏の懐刀のようです。

このバノン氏の「理念」を知れば、これから「米国の進む方向」が判るらしいです。

➀「白人至上主義」
◆嵜夕鏈絞漫
「女性蔑視派」
ぁ岾姐饋遊い」
➄「反ユダヤ」
◎共和党であっても「エスタブリッシュメント」は毛嫌いしている。

よく言えば革命児! 悪く言えば・・兎に角、アメリカ・ファーストですから
犠牲者や難民の数は計り知れない・・・。
アメリカは世界を敵に回すことになれば・・、「国破れて山河有り!」・・これが正夢にならないことを祈るのみ・・。
http://www.asahi.com/articles/ASK5B6SMMK5BUHBI010.html?ref=nmail
この衝撃的な大統領によるコミーFBI長官の解任発表! ハテイクバさんに教えて頂きたいと思いました。

コミー長官には予告も無く、長官がカリフォルニアに出張中に発表したと報じましたが、このように
”後ろからばっさり切る!やりかたは本人にとっては痛くも痒くもなしと言う事でしょうか?

マスコミは昨年の大統領選挙戦でのロシアのサイバー攻撃云々・・を報じているものもありますが、
ハテイクバさんの見方で紹介ください。

どうぞよろしく、

2017年5月12日(金)
      マッシー

ハテイクバさんが、1月22日の発信で、「このトランプ大統領を選んだからには、米国民も”少なくとも1年ぐらい"はチャンスをあげないと・・」と仰いました。

この7月で半年、6カ月が過ぎました。あっと言う間の経過です、この期間に世界もいろいろ情勢は変わっています。

今のあなたのトラン印象を感想をお聞かせください。
http://www.mag2.com/p/money/261807?l=cqt0516866
こちら、「マネーボイス」の報道もマイナーながらよく読まれています。ご存知ですか?
アメリアが北朝鮮を絶対攻撃しない(出来ない)理由ですね。
どう思われるか? あなたの見方を!

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

米国の政治と政治家たち 更新情報

米国の政治と政治家たちのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済