mixiユーザー(id:23589482)

2021年11月23日22:53

325 view

蘇れ、昭和の名馬!

■よみがえれ、昭和の名車!今注目の「レストア」の魅力とは 京都の整備工場を覗いてみた
(まいどなニュース - 11月23日 16:10)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=262&from=diary&id=6750852

流石に、昭和の名車は、ベース車すら購入が困難でなあ。不動車でも、人気車種なら数百万だったりするよ。

なもんで、今、俺が日常の脚にしてるのは、ユーノス・ロードスターってな、「平成の旧車」でな。

車輌は、当時49万で購入。あちこちトラブルが起きる度に修理を続け、今に至るんだ。

一度、稼業で大きく稼げたら、本格的にレストアする積りさ。

予算は200万くれーを予定してる。全バラして、車体は防錆処理して全塗装。ついでに、エンジンは降ろして、フルオーバーホール。ハイカムや鍛造ピストンとか興味無い。性能は、ノーマルで充分。てか、俺は、「このクルマと死ぬ迄、一所に過ごしてーだけ」なんだよ。

で、バイクなんだけど、こっちは「昭和の一台」なんで。

1983年製の、スズキGSX750Sカタナってえ旧車だからさ。

買えたのは、「幸運も作用してる」と思うよ。

本当は、1100カタナが欲しかったのだが、当時から中古車市場が高騰してたんで。

手に入れられたのは、去年さ。確か42万円だったかな?

意外かも知れねーが、今では、旧車のバイク、特に、空冷4気筒エンジンのモデルは、天井知らずに中古車」価格が高騰中」」と。

かようなバブルが、何時迄続くかなんでねえ。

・・・恐らく、「国家経済が破綻する迄、続くんじゃねーかな」と。

ま、皆さん、そろそろ.酒が空きそーなんで、そろりと寝るぜ。お休みなさい。また、明日にでもだが。
19 4

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する