ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > 楽天ドラ1辰己、実戦デビューへ...

イーグルスファンコミュの楽天ドラ1辰己、実戦デビューへ「自分らしさでアピールを」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

野球岡島、左肩の手術成功 全治6カ月以上…今季絶望的野球

楽天の選手会長、岡島が12日、千葉県内の病院で、「左肩脱臼防止策の内視鏡修復術」を受けた。

全治6カ月以上の見込みで、今季の出場が絶望的となった。

古傷の左肩手術は約2時間を要し、午前中に終了。

岡島は「肩が熱くて、痛くて、自分のものではない感じ。いまは辛いけど、必ずはい上がる」と、

ベッドの上で声を絞り出した。


野球楽天ドラ1辰己、実戦デビューへ「自分らしさでアピールを」 野球


楽天は、14日の阪神戦(宜野座)で今キャンプの実戦がいよいよスタートする。

これまで紅白戦、シート打撃なども行っておらず、平石監督は「チーム内の競争だから、

結果や内容はもちろん大事」としながら「自分たちが今までやってきたことを、純粋に試合で

思い切り出してくれれば」。選手が積み上げてきたものを思う存分発揮してほしい、との

思いを口にした。

ドラフト1位ルーキー・辰己は「6番・右翼」でスタメン出場。プロ初の実戦を前に

「三振を恐れずに、バットをしっかり振ることを意識したい。野球を楽しんで、自分らしさを出して

アピールできれば。そして見ているファンの方にも、僕自身を見て楽しんでもらうのが目標」と

力を込めた。

先発は3年目右腕の池田。近藤、西口のリレーを予定している。

また、新助っ人のブラッシュも「4番・DH」で出場する。



野球岸「日に日に良くなっているから」3日連続ブルペンで順調アピール 野球

岸が沖縄・金武でのキャンプで3日連続のブルペン投球を行った。

 朝から強い雨が降ったり止んだりの悪天候で、練習メニューは大幅に変更。

そんな中でブルペンに入り、96球の投球練習。金武キャンプでは3連投となったが

「別に珍しいことではないです」と岸。「(状態が)日に日に良くなっているから投げてます」と

納得の表情だった。

その後に行われた球場横の坂道ダッシュのメニューでは、ラスト1本で平石監督とともに

坂道を駆け上がった。指揮官は「最後の1本だから、一緒に走ろうとね」と笑顔で話した。




野球平石監督 石井GMと強い絆「本当によく野球を知っている」 野球


現場を預かる楽天の平石監督は石井GMと強い絆で結ばれている。GMに就任するまではほとんど

会話を交わしたことがなかったそうだが、オフからコミュニケーションを密にしている。

「本当によく野球を知っている方。現場の意見を尊重してくださるし、選手の気持ちも

よく理解してくれている」。昨季は梨田監督の辞任で、シーズン途中から代行監督を務めた。

石井GMから監督就任を要請された際に「GM1年目の監督が僕で良いんですか?」と尋ねたところ

「平石監督にやってもらいたい」という言葉が返ってきたという。

「チームを強くしたいという思いはGMと全く同じ」と指揮官。

現場とフロントが一体となって目標へと向かう体制が整っている。



野球仕事人の顔見せた!情熱的かつ論理的な石井「GM」の楽天再建計画 野球

 ――9日に久米島での1次キャンプを打ち上げ、金武町に移動。ここまでの感想は?

 「初日からみんな精力的に動いてくれているので、良い準備をしてきてくれたんだなと感じている」

 ――目についた選手は?

「挙げればきりがないけど、若手ならオコエや卓丸。ベテランも藤田や新主将の銀次も。

ただ、みんな活気はあるけど、少しおとなしいかなと。ここから、さらに戦う集団になっていければ」

――昨年までは本紙評論家としてキャンプを見ていた。視点はどう変わったのか。

「評論家は単純にそのシーズンの戦力を分析する。あの投手の状態が良いとか悪いとか。

でも、それは出来事でしかない。僕の今の立場は、目の前の事象よりも、シーズンを見越して

より細かい部分を見なければいけない。そこは全く違いますね」


――GMとして何を意識しているのか。

 「“たられば”を考えますね。現状はこうだけど、こうなった場合はどうするか、と。

何かが起きた場合も想定をしなければいけない」

 ――GM就任1年目でチーム内のあらゆる状況を把握しないといけない。

「そこは監督やコーチングスタッフが熱心に状況把握に努めてくれている。

何でも知りたいわけじゃないけど、最終決定をするためには知っていないといけない立場。

球団として情報共有のパイプをつくっているところ」


――特に重点的に取り組んでいることは?

「まずは組織としてのシステムづくり。楽天球団はスタッフや職員が約260人もいる。

スピード感と一体感を持って情報共有して、意思決定とアクションにつなげていく。

そのために、特定の人だけでなく、いろいろな人と常にコミュニケーションを取るようしている」

――オフにFAで獲得した浅村が注目を集めている。

「彼がもたらしてくれるものは大きい。この期間だけでも、選手の意識が変わってきている。

練習を見るだけでも“やっぱり違うな”と感じているはず。一選手を補強した以上のものを

すでに感じている」

 ――若い選手も多い。育成の方針は?

「可能性を探ることが大事。例えば2年目の岩見だったら、一塁だけやっていても、

とてつもなく打たない限りはなかなか1軍に上がれない。だから、今は(2軍で)外野の練習をしている。

下手だとか、できないと決めつけない。そういう目を持つことが選手の選択肢を広げる。

三木2軍監督ともそういった話はしている」


――平石監督をはじめ、コーチ陣も若い。

「僕は監督を一流にしたい。若いとか選手時代の実績がないとか、そんなことは関係ない。

欠点でも恥ずべきことでもない。僕も未経験のGM。必要なのは野球を知っているかどうか。

そのサポートができれば」

――GMと現場の役割分担は?

「もちろん言うべきことは言うけど、あくまでも現場を尊重する。現場がやりたいと思うことをやれる

環境を整えるのが僕の仕事。現場は今年の結果を求め、僕は2、3年後のことを見据えて動く。

ただ、進むべき方向はみんな同じ」

――ファンの期待は大きい。

「沖縄にも東北からたくさんのファンが来てくださっている。“楽天に来てくれてありがとう”と

声を掛けてもらうこともある。携わった以上、優勝させて期待に応えたい」

――GMとして目指すところは?

「自分の評価なんてどうでもいい。選手には常に強いチームでプレーさせてあげたい。

まだ就任して期間は短いけど、しっかりレールにさえ乗せてあげれば優勝というゴールに向かって

一気に走っていくチームだなと感じています」

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済