ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 米国、南NJ州クリスチャン教会 > トピック一覧 > イエスを殺す計画

米国、南NJ州クリスチャン教会コミュのイエスを殺す計画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

イエスを殺す計画。
ルカ22:1-6

<さて、過越の祭と、それに続くイースト菌を入れないパンを食べる、ユダヤ人の過越しの祭が近ずきました祭司長、律法学者たちは、策略によってイエスを捕え、殺してしまおうと相談した。>(現代訳、22:1-2)過越の祭りといわれる、種なしパンの祝い(22:1)と言う宗教的雰囲気の接近の中で、イエスを殺す計画がたてられていました。

彼らは、ユダヤ教会の権威筋さえ、自らの取る態度に自身も定見もなく良い方法を捜していたのです。(22:2)裏切り者ユダも機会を狙っていましたが見通しは立っていなかったのです。(22:6)だが本当の主犯はサタンでした。(22:3)

ユダは、ユダヤ地方の出身で、他の弟子たちは皆、ガリラヤ出身の人々です。ユダヤ地方の人たちは、ガリラヤと比べるとき、ユダヤ人としての高いプライドをもっていました。なぜなら、そこにはエルサレムがあり、神殿があるからです。ガリラヤ地方は<異邦人のガリラヤ>と言われており、ユダヤ地方の者たちからはさげすまれていました。

それほどにユダヤ地方のユダヤ人は民族としての誇りをもっており、生粋のユダヤ人として強いユダヤ主義的考えをもっていたと思われます。そのユダが会計係を任されていました。会計と言えば、事務的にはマタイのほうがすぐれていたかと思われます。

イエスは、最後の晩餐においてもユダのことを大切にしておられました。それほどに重んじられていたユダがなぜイエスを裏切ったのでしょうか。

第1には、ユダヤ出身の人をさしおいて、ガリラヤ出身の弟子が指導的な位置にいるのがユダには不満でした。第二は、お金の問題がありました。<自分が盗人であり、財布を預かっていて、その中身をごまかしていた>(ヨハネ12:6)とあります。その穴埋めができないために、師を売り渡してしまったというのです。<悪魔はユダの心に、イエスを裏切る思いを抱かせていた。>(ヨハネ13:2)

<ユダは祭司長たちや神殿の守衛長たちの所へ行って、どのようにして、イエスを彼らに引き渡そうかと相談した。>(22:4。マタイ26:15)敵と取り引きをしています。その金額は銀三十枚、凡そ三カ月分の給与ということになります。第三の意見は、ユダは、イエスはメシヤであると信じてきたが、サタンが入ったあと、そのことに疑問を持ちはじめたというものです。(ヨハネ13:27)

サタンは誘惑します。誘惑を受けることは罪ではありません。ユダはイエスに愛され、大切にされながら、敵方と手を結び、使者となりました。私たちはこのような人の跡を踏む者になってはなりません。



コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

米国、南NJ州クリスチャン教会 更新情報

米国、南NJ州クリスチャン教会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済