mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > [映画]鴨川ホルモー

[映画]鴨川ホルモー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月13日 22:20更新

京都を舞台に繰り広げられる恋、そして友情。
平安より続く謎の競技「ホルモー」、ここにあり!
原作:万城目学、監督:本木克英
出演:山田孝之/栗山千明/濱田岳/石田卓也/芦名星/斉藤祥太/斉藤慶太/荒川良々/佐藤めぐみ/和田正人/渡部豪太/藤間宇宙/オジンオズボーン/梅林亮太/趙民和/パパイヤ鈴木/笑福亭鶴光/石橋蓮司

「鹿男あをによし」の原作者・万城目学の処女小説を映画化する「鴨川ホルモー」(09年公開)安倍明(山田孝之)は二浪して京都大学へ入学。高村幸一(濱田岳)という友人も出来、大学生活にも慣れてきたある日、三回生の菅原真(荒川良々)から“京大青竜会”というサークルの新歓コンパに誘われる。入会するつもりなどまったくなかった安倍だが、コンパの席にいた早良京子(芦名星)に一目惚れ、彼女と話したい一心で入会してしまう。しかし、青竜会は、菅原が言っていたような「お気軽な普通のサークル」ではなかったのだ……。じつは、千年の昔から京都に伝わる競技、“ホルモー”を行うサークルであった。第500代目京大青竜会として、安倍たちの“ホルモー”特訓の日々が始まる。いったい“ホルモー”とは……。

***

「映像化が無理だと言われていた」というフレーズがあるけれど、『鴨川ホルモー』は逆に「小説化は無理だと言われていた」と言いたくなる(笑)。もちろん、原作は万城目学の同タイトルの小説。本作が、いったいどんな文章で表現されていたのか、読んでみたい。……で、この作品(すでに原作を読んでいる人ならわかると思いますが)、言葉で説明のしようがない。もう観るしかないデス。中途半端に説明したら意味不明だし、わかりやすく説明するには、初めから終わりまでストーリーを書くことになってしまう。ということで、キーワードをいくつか並べてみます。

***

鬼・風水・恋愛・理系・メガネ・レーズン・式神・大木凡人・陰陽道・レナウン娘・オニ語・葵祭・祇園祭・青白黒赤・アビーロード・「ホルモー」ハ、シルモノニアラズ。感ズルモノナリ・17条 ……ということで、さらに意味不明になりましたかな? ひとつ、ささやかな感想と意見を言わせてもらえば、小さな鬼がコドモのタマタマに見えました。それから大きな鬼は、じーさんのタマタマに見えました。あんなもん、空から落ちてきてほしくないなぁ。



■公式ページ
 http://www.horumo.jp/index.html

■公式ブログ
 http://blog.oricon.co.jp/horumo/

■映画予告
 http://www.youtube.com/watch?v=MwNh0Um356k

■ハル@シネマ
 http://halcine.exblog.jp/10636734/

■eiga.com
  http://eiga.com/buzz/20080522/8
■シネマボックス
  http://jobbank7.web.fc2.com/movie.html

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 112人

もっと見る

開設日
2008年7月18日

3440日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!