mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > オリコン訴訟問題(訴訟テロ)

オリコン訴訟問題(訴訟テロ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月29日 16:18更新

SLAPP(恫喝訴訟)に対して
http://slapp.jugem.jp/

烏賀陽は勝訴し、オリコンは請求棄却(事実上の敗訴)いたしました。

Oricon
〒106-0032
東京都港区六本木6-8-10 STEP六本木西3F
TEL:03-3405-5252(代表)  FAX:03-3405-8189
http://www.oricon.jp/

簡単に言って納得がいかない。

要するにオリコンが1ジャーナリストを名誉毀損で訴えた。
詳細はこちら。

http://ugaya.com/column/061219oricon.html

http://www.j-cast.com/2006/12/19004459.html

雑誌「サイゾー」に掲載された『オリコンのランキングの信憑性』のコメントが、名誉棄損にあたるとし、オリコンは、5,000万円の損害賠償を求める訴訟を2006年12月12日に東京地裁に起こした。訴えられたのはコメントしたライター一人だけ。ライターは訴訟準備をすべて一人でしなければならず、弁護士を雇うだけでも多額の着手金がかかる。「生活できなくなる心配がある。助けてください」などとホームページで訴えている。

訴えているのは、ヒットチャートなど音楽情報提供会社のオリコン。きっかけになったのは、月刊誌「サイゾー」06年4月号の記事「ジャニーズは超VIP待遇!?事務所とオリコンの蜜月関係」。フリーライターの烏賀陽(うがや)弘道さんが「サイゾー」からの電話取材に応じた20行ほどのコメントだ。

「事実誤認で、オリコンの事業に多大な影響を与える」
「オリコンは調査方法をほとんど明らかにしていない」「オリコンは予約枚数をもカウントに入れている」などの部分が事実誤認で、オリコンの事業に多大な影響を与えることにもなりかねないと、5,000万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。こうしたトラブルの場合、記事を掲載した出版社と執筆者の両方を訴えるのが通例だが、オリコンが訴えたのは烏賀陽さん一人だ。

オリコンIR担当はJ-CASTニュースの取材に答え、訴えたのが烏賀陽さん一人だけの理由を、烏賀陽さんから受け取ったFAXに「烏賀陽さん自身が責任をもって行った、と明言している」ことから、雑誌社への責任は問わなかったのだという。
さらに、訴状を見ると、名誉回復処分と謝罪広告を合わせた損害請求額は5,000万円だ。なぜこんなに高いのか。オリコンIR担当は、

「賠償金が欲しいというのではなく、これ以上の事実誤認の情報が流れないように(多額の賠償金を課すことで)抑制力を発揮させたい」
と話す。

実は、オリコンと烏賀陽さんのトラブルは「サイゾー」が初めてではない。「AERA」03年2月3日号の記事「オリコン独占去った後チャートはどう読む?」でも烏賀陽さんはオリコンのデータの信憑性に疑問を投げかける記事を書いている。オリコンは今回の訴訟によって、決着をつけたいという考えらしい。

「言論・表現の自由という基本的人権を蹂躙している」

烏賀陽さんはウェブサイトで、今回の提訴を「言論の自由へのテロ」だと訴える
訴えられた烏賀陽さんは、J-CASTニュースに対し、記事や発言は全て綿密な取材を基にしウラも取っていると話し、

「今回の件は音楽業界だけの話にとどまらない。意見が異なる1人に対し高額な賠償金を翳して襲い掛かる恫喝訴訟であり、言論・表現の自由という基本的人権を蹂躙しているからです」
と憤る。突然に訴状が送られてきて、何が真実なのかお互いに検証する「議論」も交わせなかったというのだ。
マスコミ関連の訴訟に詳しい紀藤正樹弁護士はJ-CASTニュースの取材に対し、こうしたネタ元・記事を書いた「個人」に対する高額訴訟がここに来て増えているのだという。90年代までは報道を名誉棄損で訴える場合、100万円から200万円、高くて300万円くらいの賠償金で出版社と執筆者などをセットで訴えていた。しかし効果がなく、賠償金が1,000万円と高額になってもさほど変わらなかった。

「そこで02、03年ころから企業の新しい戦略として出てきたのがメディアにリークしたネタ元や、コメントをした人、記事を書いた人だけ訴える方法です。水道で言えば蛇口部分を締めることによって、情報の流出を止めようとするわけです」
出版社などと切り離された「個人」は弱い。ネタ元や執筆者はそれで萎縮し、企業に都合の悪い情報が出にくくなる心配もある。紀藤弁護士はこういう訴訟が増え続けると報道、そして、自由な言論の機会が脅かされる危険がある、としている。



やりすぎじゃん


なお、ほんとのヒットチャートを知りたければ、
サウンドスキャン社のデータも参照しましょう。
http://www.phileweb.com/

そのライターのサイトです。
http://ugaya.com/

こんな事をしているオリコンの株価はこちらで
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=4800.j&d=c&k=c3&z=m&h=on

ちなみにこういった訴訟を、

恫喝訴訟
SLAPPともいいます。

荒らしは削除します。
管理人交代もいたしません。パンチ

別に見守るだけでもかまわないので皆さんの参加まってまーす。


感謝。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2008年1月2日

3490日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!