mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ★ー19ー★

★ー19ー★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年3月1日 01:51更新

雷GIF貼りたい方どうぞ!雷

メンバー
岡平健治(おかひら けんじ):ボーカル、ギター、ハープ 現3B LAB.☆Sメンバー、広島県呉市出身。
岩瀬敬吾(いわせ けいご):ボーカル、ギター、現在はソロで活動中、広島県賀茂郡黒瀬町(現:東広島市)出身

岡平健治の持つ伸びやかな歌声と岩瀬敬吾の力強く優しい歌声との絶妙なハーモニーが魅力。先に売れていたゆずに続き現れたネオフォークデュオ。当時は10代、20代に絶大な人気を誇っていた。解散から数年経った現在も着うたやiTMSのランキングにランクインするなど絶大な人気を誇る。ちなみにあまり知られてないがネオフォークという言葉は彼等が作ったものである

岡平健治と岩瀬敬吾の二人によるヴィジュアル・プロデュースと作詞を担当するイラストレーターの326(ミツル)とのコラボレーション・ユニット『19』。326はシングル「すべてへ」以降、脱退。326が脱退した以降は曲などはフォークからバンド色に変わっていった。1999年には『あの紙ヒコーキ くもり空わって』、2000年には『水・陸・そら、無限大』でNHK紅白歌合戦にも出場している。

ブレイクしたきっかけとしては、1999年春にTBSテレビの「1999・春」キャンペーン・ソングに『あの紙ヒコーキくもり空わって』が起用されたことにより、問い合わせが殺到し、多くの話題を集めた。

また、その際にTBS系列のうたばんに注目の若手枠で出演を果たした事もブレイクしたきっかけの一つと言えるだろう。

健治がフリーター時代にお世話になっていた中華飯店にインタビューし、メッセージを貰うという「うたばん」の中でも比較的善意の企画だったが、このVTRを見た健治が言葉を発せなくなるほど号泣し、予想以上の反応でMC2人を困惑させた。
その後の出演で、「毎日石橋さまと中居さまのいる方角を拝む」「収入の何割かを石橋さま・中居さまに振り込む」など無茶苦茶な誓約書にサインさせられていた(もちろんネタ)。この誓約書は19が解散するまでスタジオに飾られていた。

2002年2月に解散を発表。以降、2人でのPR・マスコミ・ライヴ活動は一切なく、3月21日ラスト・シングル『蒲公英−たんぽぽ−』を発売し、3月31日に解散した。

2005年10月19日には、携帯の着うたサイトでの人気曲投票の上位17曲を収録したベスト・アルバム『19〜すべての人へ』が、リリースされた。
タイトルは、同じく投票により決定した。


二人の出会い
二人の出会いは、高校3年生の時、とあるコンテストでのこと。健治は地元広島では数々の賞を受賞するなど有名であった。もともと健治に興味を持っていた敬吾は、そのコンテストで健治に話しかけ、自分のオリジナルソングを聞かせたとか。それがきっかけで一緒に弾き語りをするようになる。 「少年フレンド」の結成である。


19結成
高校卒業後、健治は就職。敬吾は音楽の道を目指して上京する。 二人の道はばらばらになったはずだったが、健治はわずか数週間で退職届も出さず仕事をやめ、上京。金がなかったという理由で東京には行かず、大阪に行く。また敬吾も、音楽の専門学校を中退する。 そして、健治もとうとう東京の1歩手前、神奈川の柿生に辿りつく。 下北沢などでライブ活動中に、イラストライター326と出会う。3人は意気投合し「19」結成へ。ようやくデビューをはたす。 セカンドシングル「あの紙ヒコーキ くもり空わって」がロングヒットとなり、1999年のNHK紅白歌合戦出場を果たす。そこでは、326が応援に登場し、19が歌うバックには326によるイラストが掲げられた。これが決定打となり、当時ゆずを中心に復興を遂げていたフォークは「ネオ・フォーク」と言う新ジャンルとして一般にも広く認知される運びとなる。

そして、2000年にシドニーオリンピックの日本代表選手団公式応援ソングとして、『水・陸・そら、無限大』が起用されることになる。

2002年3月、人気絶頂時に互いの音楽性を尊重するために解散。 余談だが、3rd Album「up to you」の岩瀬敬吾の歌「無意識とは」の歌詞は19の解散を意味しているように取れる。 また解散後、岩瀬敬吾としての作品「耳鳴りがした日」は自分の19時代を歌ったのでは?とファンのなかで密かに憶測されている。


その後
19の解散後、CDTVの再結成して欲しいアーティスト1位や青春ソング1位などにもなっており、解散しても19の人気は衰えない。オリコンなどで時折集計される再結成してほしいグループのランキングでは特に現在20代となっている世代に知れ渡っており、『特定の世代』に通じるミュージシャンであることが伺える。3B LAB.☆Sの岡平健治、ソロシンガー岩瀬敬吾としての活動を開始。現在までに二人とも19の頃ほどの大きなヒットには恵まれないものの、音楽ファンを確実に掴む楽曲製作を行い、高い評価を得ている。 二人とも自分たちの仕事の忙しさからなのか、それとも解散前後に噂された不仲のためなのかどうかはわからないが、一度も仕事はおろかプライベートですら岩瀬と岡平の顔合わせはなかった。 再会を果たしたのは2005年で、ベスト盤を制作するにあたって、二人が19の所属レコード会社であったビクターエンタテインメントで実に3年間もの間一度も会っていなかった。ただこれに関しての真偽は明確ではない。岡平が3B LAB.☆として初めてうたばんに出たときにSMAPの中居から 「敬吾とは連絡とってんの?」という質問に、「はい。マメに連絡とってますよ。」と話していた、という。
着うたダウンロードの余りの多さや、再結成の要望が殺到していることに驚いていたということから、19再結成の噂もあるが、岩瀬はソロシンガーとして「アルバム製作を中心とした活動をする」、岡平は「3Bで10年は活動する」と公言していることから可能性は低いと思われる。

「19〜すべての人へ」が出た後の岡平自身の日記では「19は再結成するつもりはない。しばらくは3B LAB.☆一筋で行きたい。敬吾とは何年後かにどこかの小さいライブハウスでライブしたい」と語っていた。


ディスコグラフィー

シングル
あの青をこえて(1998年11月21日)
累計は約6万枚。発売時はすぐにチャート圏外になってしまったが次作の大ヒットにより再浮上した。最高順位29位。
あの紙ヒコーキ くもり空わって 1999年3月20日 (TBS「1999・春」キャンペーン・ソング)
売上枚数約60万枚の大ヒットとなった19を代表するシングル。最高順位6位。
すべてへ(1999年10月21日)
唯一のオリコンチャート1位獲得シングル。こちらも知名度が高い。売上枚数は約40万枚。最高順位1位。
『果てのない道』(2000年4月21日)
326脱退後初のシングル。上京をテーマにした曲。売上枚数は約40万枚。最高順位2位。
水・陸・そら、無限大(2000年7月5日)
表題曲は、シドニーオリンピックの日本代表選手団公式応援ソング。オリンピック公式応援ソングに起用されたことから一般に19の代表曲として知られる。売上枚数は約35万枚。最高順位2位。
背景ロマン(2000年11月29日)
爽やかな楽曲。19では珍しい共同作品である。売上枚数は約20万枚。最高順位4位。
足跡(2001年4月25日)
岩瀬敬吾ワールド全開の楽曲。19のイメージとはやや違った哀愁の漂う曲である。売上枚数は約20万枚。最高順位2位。
たいせつなひと(2001年8月22日)
こちらは後の3B LAB.☆にも通じるパンク風味の楽曲。売上枚数は約20万枚。最高順位3位。オリコンでは10人祭の「ダンシング!夏祭り」と全く同じ売上で、年間100位が混在した。
蒲公英-たんぽぽ-(2002年3月21日)
解散シングル。前2作は岩瀬敬吾、岡平健治のそれぞれの色が強く出た楽曲であったが久しぶりの19らしい曲となった。売上枚数は約15万枚。最高順位2位。

アルバム
音楽 1999年7月23日
無限大 2000年7月26日
up to you 2001年9月27日
19 BEST●青 2002年4月27日
19 BEST●春 2002年4月27日
18〜卒業ライフは入ってない〜 2002年7月10日(少年フレンド名義 1998年3月〜5月録音未発表音源)
19 BEST LIVE Audio use only 2002年7月24日
19〜すべての人へ 2005年10月19日
コンプリートBEST 青&春 2007年2月21日
ちなみに解散前までに出された音源、映像数は再発を除くと丁度19になる。

未発表曲
卒業ライフ
回転(ファンクラブのみで配布)
感謝(ファンクラブのみで配布)
大阪梅田
ラジオのテーマ

あぁ、もう学校へついてしまうよ
梅干(健治が小学校6年の時に初めて作った歌)
太陽の下ラブユー(敬吾が高校生の時に始めて作った歌)
なんで勉強しなきゃいけないんだよ
※健治、敬吾が歌うなごり雪や贈る言葉などのカバー曲も未発表曲として出回っている。

☆非公式未発表曲数は、150曲以上になると言われている。岡平が作詞作曲した曲は3B LAB.☆Sのライブで披露されることもあるが、このことを快く思わないファンも一部にはいる。岡平本人は19時代の曲と3Bの曲を特に分けていない事がこうした衝突を招いている。












電球GIF画像の無断転載を禁止します電球

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 16人

もっと見る

開設日
2007年6月8日

3822日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!