mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > ユーグ・ルベル『ニキーナ』

ユーグ・ルベル『ニキーナ』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年7月15日 20:05更新

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「ユーグ・ルベルは貴族主義者であり、異教徒である」(ルミ・ド・グールモン『仮面の書』)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Hugues_Rebell
http://www.remydegourmont.org/vupar/rub2/rebell/notice.htm


"1905年3月16日 
昨日、ユーグ・ルベルが死んだ。
才気横溢、一筋縄ではいかない曲者。風変りな性格、一種のサディスト。
秘密と、悪徳と、貧窮の中での彼の死は、一種の美を帯びて私の目に映る。同じく社会の埒外に生きたいまひとりの人物、いまひとりのダンディー、オスカー・ワイルドの死と同じように。彼らはともに最高の才能と、最高に興味深い個性を備えた、最高の人間だった。誇張ではない、心底から、かかる人物の個性と生きざまに、私は魅了され、感動させられる。"

ポール・レオトー『日記』より(ジャン・デ・ヴィーヨと変名され、1899年に豪華装丁で秘密出版されたルベルの鞭打ち小説『ドリー・モートンの想い出』の、生田文夫による邦訳本の後書きに掲載)。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

終生を美女への欲望と服従に費やし
サド侯爵とニーチェ、ヴェネツィアとワグネリズムを酷愛した、
反民主主義者にして専制君主主義者
Hughes Rebell(1867-1905)の最高傑作『ニキーナ』。(フランス世紀末文学叢書11 田中義廣訳, 国書刊行会)1896年に上梓、熱狂的に迎えられた大ベストセラー。


洗練の極みをつくした世紀末耽美主義が
最後には野蛮と下品にしか、
はけぐちを見出すことができない業苦を
ルベルは『ニキーナ』によって真っ向から具現した。


全篇にわたり、著者一流のダンディーな繊細性が世界樹の枝や葉脈のようにゆきわたっていながら同時に下劣な快楽へのずぶとい盲従が根をおろす、無辺大で複雑怪奇な魅力が『ニキーナ』には凝縮されている。



遊蕩豪奢なルネサンス・ヴェネツィアを舞台に
過剰な欲望と本能を爆発させるダンディ女王、
高級娼婦ニキーナの栄光と悲惨・・・・


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆検索キーワード◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ヴェネツィア、ティエポロ、ティツィアーノ、ベックリーン、レオ十世、マキャベリ、ド・サド侯爵、ニーチェ、モーリス・バレス、ワーグナー、オスカー・ワイルド、マラルメ、ヴィリエ・ド・リラダン、ダンディ(精神的貴族)、反民主主義、専制君主主義、ルネサンス、サディズム、マゾヒズム、鞭、尻、奴隷、高級娼婦、高等内侍、ドゥミモンデーヌ(Demi-mondaine)、クルチザンヌ(courtesan,courtisane)、ココット(cocotte)、グランド・ココット(grande cocotte)、宿命の女 ファム・ファタール(Famme Fatale)、『ドリー・モートンの想い出』、『わが愛しの妖精フランク』、『クリノリーヌ』、ジャン・デ・ヴィーヨ、ドン・ブランナス・アレラ(『奴隷祭』)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

トピックおよびイベントの作成、リンク、レビュー転載は
各位ご自由にどうぞ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2007年5月7日

3608日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!