mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > KINGS OF LEON

KINGS OF LEON

KINGS OF LEON

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年6月4日 15:45更新

カレブ・フォロウィル(リード・シンガー、リズム・ギター)
ネイサン・フォロウィル(ドラムス)
ジェアド・フォロウィル(ベース)
マシュー・フォロウィル(リード・ギター)

キングズ・オブ・レオンは、テネシー州出身の、平均年齢若干21歳という、その風貌からは想像のつかない若いバンドだ。メンバーは、カレブ(リード・シンガー、リズム・ギター)、ネイサン(ドラムス)、ジェアド(ベース)の3人兄弟と、従兄弟のマシュー(リード・ギター)の4人で構成されている。

2月にUSでRCAからリリースされたEP,”Holly Roller Novocane”にも現されているように、イギリスや、アメリカで彼らをめぐって沸き起こっている一種異様なハイプに反して彼らの楽曲はエモーションとリズムで満ち溢れている。その最も重要な一因としては、彼らの育った環境によるところが大きいようだ。

ペンテコステ派の伝道者を父親にもつ彼らは旅の中で育ったという。決まった家を持たずに幼少期を過ごし、ペンテコステ派のプライベート・スクールと家庭のみで教育を受けるのみという特異な環境は、彼らの人生観/そして音楽観に多大な影響を与えた。彼らは決して教会バンドではないが、ペンテコスタ派の音楽的文脈を敢えてあげさせてもらうとするならば、因みにアレサ・フランクリン、そしてアル・グリーンはペンテコスタ派の生み出したアーティストであり、音楽にとても活気のある宗派である(カレブはそれを、「俺達のゴスペル」と称している)。父親が教会で説教を始める前にピアノを演奏する母親の姿を見ていたネイサンは、なんと7歳の時初めてドラマーとして初舞台を踏む。他の兄弟達も、それに続いた。

音楽的環境/そして愛情には満たされていたが、物質的には決して満たされていたとはいえない彼らは、バンドを組むにあたって兄弟でまとまった理由に関しても、くったくなくこのように答える。「俺達は何も持っていなかったからこそ、お互いしかなかったんだ」。

そして今から2年半前にナッシュヴィルに移り住んだフォローウィル兄弟はNYのRCAでストロークスを見出した噂の男、Steve Ralbovskyに見出されることとなる。まだEPすらリリースされていない彼らを見る為に、メジャーのコンサートブッキング・エージェンシーの面々は、はるばるテネシーの片田舎まで飛んできて争奪戦を繰り広げた。
また、ローリングストーンズ誌やNMEといった米英のメジャー音楽誌はこぞって彼らを“今年注目すべきバンド”との上位に挙げている。

そんな状況に対しても物怖じすることなく、期待値ばかりがうなぎのぼりのきたるデビュ−アルバムに関して彼らはこう答える。

「ちゃんとまとまったアルバムを作りたいと思う。それはつまりこういうこと:良い映画にはスローな曲もアップテンポな曲も収められているだろうが、くだらない映画にはアップテンポの曲しかないし、煮詰めすぎた映画だとすべてがスローな曲ばかりだ。おれは自分達のアルバムは良い映画のサントラのようにしたい。アルバムに全てを持たせたいんだ。人生の全ての部分をね。」

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 108人

もっと見る

開設日
2005年5月25日

4218日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!