mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > Hermann Heller

Hermann Heller

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年4月14日 22:47更新

ワイマール期ドイツの国家学者・憲法学者、ヘルマン・ヘラーについてのコミュニティです。

以下、Wikipedeiaより転載。

Hermann Heller (* 17. Juli 1891 in Teschen; † 5. November 1933 im Exil in Madrid) war ein deutscher Jurist und Staatsrechtslehrer. Er lehrte an den Universitäten Kiel, Leipzig und Berlin. Heller prägte in seiner Schrift Rechtsstaat oder Diktatur? von 1930 den Begriff "sozialer Rechtsstaat".
Er gehörte zu den wenigen Vertretern seines Faches, die sich vorbehaltslos für das demokratische Prinzip der Weimarer Republik einsetzten. Als ein Antipode Hellers gilt Carl Schmitt. Die Auseinandersetzung Heller/Schmitt, die nach anfänglich gegenseitige Bewunderung ausdrückenden Briefkontakt ab 1928 immer schärfer wurde, kulminierte 1932 in dem Prozess "Preußen contra Reich", bei dem Heller die SPD-Landtagsfraktion vertrat und Schmitt einer der Vertreter des Reiches war.
Hermann Heller war Mitglied im Hofgeismarer Kreis, der sich für eine national gesinnte Sozialdemokratie einsetzte. Ulrich von Alemann spricht in den "Grundlagen der Politikwissenschaft" von der "heute etwas befremdliche[n] Komponente seines Denkens".
Als Hellers Hauptwerk gilt sein Buch "Staatslehre", an dem er fieberhaft bis zu seinem frühen Tode schrieb. Er schaffte es dennoch nicht es fertigzustellen. Es erschien 1934 unvollendet in Holland. Hellers Staatslehre, die sich sowohl von Positivismus als auch von Idealismus lossagte, gilt als wichtiges Werk für die Etablierung einer Politikwissenschaft in Deutschland nach dem Zweiten Weltkrieg.

 ヘルマン・ヘラー(1891年7月17日テシェン生まれ、1933年11月5日亡命先のマドリードで死去)はドイツの法律家・国法学者。キール大学、ライプツィヒ大学、ベルリン大学で教鞭をとった。1930年の著書『法治国か独裁か?』において《社会的法治国》の概念を造り出した。
 ヘルマン・ヘラーは、彼の専門において、ヴァイマール共和国の民主制原理を無条件で擁護した数少ない人物のひとりである。その対極にカール・シュミットがいる。ヘラー・シュミット論争は、初期の相互の賞賛をこめた信書上の接触を経て、1928年から徐々に激しくなり、ヘラーがドイツ社会民主党のラント議会会派の立場を擁護し、シュミットがライヒ擁護者のひとりであった1932年の《プロイセン・対・ライヒ》の過程で頂点に達した。
 ヘルマン・ヘラーは、国民的感情をもった社会民主制のために尽力したホフガイスマール・サークルの成員であった。ウルリッヒ・フォン・アレマンは、『政治学の基礎』において、《彼の思想の、今日いささか奇妙な構成要素》について語っている。
 ヘラーの主要な業績として、その著書『国家学』がある。彼は、これを、その早世の日まで情熱をもって執筆したが、仕上げることなく終わった。それは、1934年、未完成のままオランダにて刊行された。ヘラーの国家学は、実証主義とも理想主義とも袂を分かつもので、第二次世界大戦後のドイツにおける政治学の成立にとって、重要な業績とみなされている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2006年11月4日

3890日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!