ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > バイナリーオプション裁量研究会 > トピック一覧 > サインツール、レクチャー、配信...

バイナリーオプション裁量研究会コミュのサインツール、レクチャー、配信サービスについての考え

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

実際に使ったり、情報を収集した結果、共通していることは下記になります。

サインツール:

・ツールのサイン通りに、エントリーした場合の平均的な勝率:60%前後

・トレンド相場では、ほぼ使えない(サインは出るが、負ける)
*トレンド相場では、連続してサインが出ます。何故かというと、ツールのロジックが、逆張り手法であるため、上昇トレンドの場合、レートが上がれば、さらに条件が揃い連続してサインが出ることになります。
ツールの勝率が80%〜90%を謳っているツールは、トレンド相場では、マーチンを使います。
マーチンで最終的に勝てば1勝となります。しかし、マーチンをしても勝てない場合があります。その場合、勝率以上に、資金の損失が大きいため、勝率が高くても、稼げないということになります。

相場の7割がレンジ相場、3割がトレンド相場と言われていますが、サインツールがレンジでの逆張りロジックだと考えると、レンジからのブレイクアウト時もサインツールでは勝てないので、サインツールの勝率が60%というのは納得のいくところです。逆に考えると、60%を謳っているサインツールは有る程度信用できると言えます。

サインツールのロジックとは何か?

独断的予想ですが、それは、インジケータの組み合わせだと想像できます。

RSI、ボリンジャーバンドなどのインジケーターには、それぞれの売り時、買い時を示す数値があります。これらの数値が重複したポイントでサインが出る訳です。
組み合わせるインジケーターの数が多ければ多いほど、信頼度は増しますが、サインの出る頻度は反比例して減ります。

でも、これってサインツールでなくっても、自分で探せますよね?

良心的なサインツールでは、サインが出た次足でエントリーというルールになっていて、サイン出現から次足が出る間に、自らの裁量でエントリーするかどうか決めることを推奨しています。そのことで、勝率が更に上がると言われています。

結局のところ、勝ち続けるには、トレーダーの判断力(裁量力)が必須ということです。

レクチャー:
最近よく耳にする”レクチャー”ですが、その内容は、サインツールのロジックを切り売りしたもの=だと想像できます。

配信サービス:
これも、ロジックが重複したポイントで、配信される。確かに、配信する側の裁量力がプラスされるので、サインツールより勝率は上がる可能性があります。
しかし、ユーザー側は、配信側の裁量力具合は判断できないので、配信サービスの選択は、非常に難しいと言えます。
こちらも、勝率が高ければ、配信数が少なくなります。

こう考えると、サインツール、レクチャー、配信サービスのどれをとっても、基になっているロジックは同じ要素だと考えられます。
幸い、インジケータの多くは、MT4内に無料で格納されているので、トレーダー自ら、ロジックを読み解くことは、可能だと言えます。また、そうすることが、より確実に勝ち続けるために必要だと考えられます。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

バイナリーオプション裁量研究会 更新情報

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済