ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 加藤肇:前向き!!投信ゼミナール > トピック一覧 > 【思考回路:178】20171...

加藤肇:前向き!!投信ゼミナールコミュの【思考回路:178】20171018

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡178

【次回セミナー】 お申込み受付中!! ★10月のご予定のひとつに!!

●新宿 …終了致しました。(次回は2018年02月03日の予定です)
***************************************
◎大阪 …いよいよ今週末です!!…お友達もお誘いあわせの上ご参加を!!
 >10月21日(土)確定
  ・13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪4
 ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)
  …前回と同じです
   …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
…大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
 ・定員35名
 ・参加料:お一人様1,500円
***************************************
◎小田原
 >10月22日(日)
 (1)11:00‐12:30 ★投資の窓口4(アセットアロケーション)…始めるならここから!! 
 (2)14:20-15:50 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原11
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
  ・共催:(社)神奈川県ファイナンシャルプランナー連合会(小田原支部)
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
 ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています

>>:お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
【注目】
***************************************
【市場概況】:20171017
◎国内株式市場◎【続伸】
 *TOPIX*:終値=1723.37(前日比+4.19 +0.20%) …7連騰
 *日経平均株価*:終値=2万1336円12銭 (前日比+80円56銭 +0.40%)

 >>:やりすぎ…だろうと思ってもNYがねぇ…

 ◎日経平均株価の連続上昇記録は「11」に伸びた。
  ☆米国の製造業関連統計良好…景気に対し楽観的な見方が広がる
  →米国株や金属市況の上昇⇒世界的なリスク選好の連鎖続く

 <ちばぎんアセットマネジメント:奥村義弘調査部長>:*B
  ・「米国製造業の状況が良く、米国株に対する楽観論が広がっている。」
  ・「世界的に適温相場が続く公算が大きい。」
  ・「目先は高値警戒感から利益確定売りも出やすいが…北朝鮮などの地政学的リスクは
  表面化しておらず…海外景気が好調で…日本の輸出関連データも良好。」
  ・「日本株に対し強気でみることができる。」

  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
   *日経平均:短期>中期>長期…続伸…陽線
     ☆【天井圏】継続
     ☆移動平均線の並びは上向き…当面強いだろう
     ★オシオレーター系の指標は再び「過熱」へ…本来なら調整だが
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く
     ※衆院選動向…どうやら日本国民は自ら「愚民」を証明しそうだ…
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ※日経平均は年末2万円割れで終わる!! は変えず
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
◎NY株式市場概況◎【続伸】
 ・ダウ平均   22997.44(+40.48 +0.18%)
 ・S&P500    2559.36(+1.72 +0.07%)
 ・ナスダック   6623.66(▲0.35 ▲0.01%)
 ・CME日経平均先物 21395(大証終比:+45 +0.21%)

 ◎ダウ平均…最高値更新(一時2万3千ドルの大台をつける場面も)
  ▽前半には利益確定売りが強まる場面も下値での押し目買い意欲が強い
  ☆概ねこれまで発表になっている企業決算は現在のバリュエーションを正当化する
  との見方が多い。
  ⇒今後も続々と発表が予定されており好業績に期待。

 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
  ☆NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】 継続
  ☆史上最高値更新後の調整は読み通りだったが更に上昇力強い
  ※「上値のペナントは上抜け」が続く
  ※さすがに上げ過ぎと個人的には思うが…
  ※NYダウは年末に向け調整するのでは(・・? …下値=21830目処
  ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=112円49銭まで上昇後…112円13銭へ反落。
  ☆予想を上回った米国の9月輸入物価指数&住宅価格指数
  ☆次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長の有力候補…タカ派のテイラー氏が浮上
  →米債利回りの上昇に伴うドル買いが加速→その後…利回りの上昇が失速で反落
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1736ドルまで下落後…1.1775ドルまで反発。
  ★スペインがカタルーニャ州の政治情勢を理由に景気見通しを引き下げ
  →ユーロ売りに拍車
 *ユーロ・円*:1ユーロ=132円19銭まで上昇後…131円86銭へ反落。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3193ドルから1.3155ドルまで下落。
  ★<カーニー英国中央銀行総裁>:議会証言が予想ほどタカ派とならず
  →早期の利上げ観測が後退
  ★ハードブレグジット警戒感が強まる
  ⇒ポンド売りが優勢に
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9780フランから0.9809フランへ上昇。

 [経済指標:米国]
  ・9月輸入物価指数:前月比+0.7%>予想:+0.6%・8月:+0.6%
  ・9月鉱工業生産:前月比+0.3%=予想:+0.3%・8月:▲0.7%←▲0.9%
  ・9月設備稼働率:76.0%<予想:76.2%・8月:75.8%←76.1%
  ・10月NAHB住宅市場指数:68>予想:64・9月:64
  ・対米証券投資(8月):結果+672億ドル>前回+12億ドル(+13億ドルから修正)

 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・短期(05日)>中期(25日)>長期(75日)
   ☆【天井圏】で推移
   >現在値:112.20円:本日予想レンジ=111.70円⇔112.65円
                  今週予想レンジ=111.10円⇔113.40円

    ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
    ※市場のコンセンサス
     …企業決算堅調も下支え材料に
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持
     …「地政学的リスク」への懸念
     …「トランプリスク」
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
   
  *豪ドル円*:豪準備銀行の利上げ慎重姿勢を嫌気
    現在値=88.00円:本日予想レンジ=87.50円⇔88.55円
               …今週予想レンジ=87.10円⇔89.00円
  [豪中銀金融政策理事会議事録]
   ・他の国の利上げが、機械的に豪州の利上げになるわけではない。
   ・いかなる金利の変更も豪経済の状況による。
   ・米ドルが下落したことによる豪ドルの上昇は物価の重石となる。
   ・2017年の残りの雇用市場は平均よりもやや上。この状況は家計消費の助けとなる。
***************************************
【各国金融政策】
***************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 >トランプ政権
 <米CNBCテレビ>
  ・カナダとメキシコは米国が提示している北米自由貿易協定(NAFTA)の改定案を拒否
  ・北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉…4回目の交渉が終了。
  ・結局、結論は出ず…交渉期限を来年第1四半期まで延長することで合意した模様。
  ⇒依然「何も進んでいない」トランプ政権

 >FRB次期議長人事
 <ロイター通信>:関係筋の話
  ・トランプ大統領…11月のアジア歴訪前に次期FRB議長候補を発表する公算が大きい

 >金融政策
 <カプラン・ダラス連銀総裁>
  ・インフレの進展で利上げは適切となるだろう。
  ・貿易・移民政策が米経済成長へのリスク。
  ・インフレ率が中期的に2%に向かう証拠を確認したい。
  ・利上げについては引き続き予断を持たない。
 <ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁>
  ・米労働市場のスラックはほとんどない。  

 [経済指標]
***************************************
(2)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
 >インタファックス通信
  <ロシア下院外交委員会:モロゾフ議員>:今月に北朝鮮を訪問
   ・北朝鮮は米本土攻撃能力を有する可能性。
***************************************
(3)中国動向
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
       …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る

 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
    >今年第2四半期(4〜6月)
     …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート

***************************************  
(4)石米油価格動向
 >10月17日 【小幅高】
   :NY原油先物11月限(WTI)(終値)=51.88(+0.01% +0.02%)

   ☆イラク政府軍とクルド自治区の治安部隊がキルクークで交戦
   …方向感は限定的
   ※クルド人の独立問題…イラクの供給不安材料も足元では織り込みが進む

   >>:$40〜50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 >南欧問題
 <スペイン内務省>
  ・カタルーニャ州自治権停止に向けた最初の措置として…
   …カタルーニャの警察・軍・治安責任者などの解任を準備している

 >金融政策

 >BREXIT
 <ルメール仏財務相>
  ・「英EU離脱交渉は離脱条件の決着が前提…英首相は決断を。」
  ・「EUの誰もハードブレグジットを望んでいない。」

 >財政不安
   
 [経済指標]
  *独ZEW景況感指数(10月)*:結果 17.6<予想 20.0・前回 17.0
  *ユーロ圏消費者物価指数・確報値(9月)*
  >前月比:結果+0.4%=予想+0.4%・前回+0.3%
  >前年比:結果+1.5%=予想+1.5%・前回+1.5%
   >同コア:結果+1.1%=予想+1.1%・前回+1.1%
***************************************
(6)英国動向
 >BREXIT
 <ラムスデン英中銀副総裁>
   ・ブレグジットは生産性にネガティブな影響与える
   ・生産性の伸びが弱まるリスク
 
 >金融政策
 <カーニー英中銀総裁>
  ・英中銀は長期的な生産性に影響を与えることはできない
  ・金融政策は金融の安定における基本的な手段ではない
  ・金融政策に本来可能なこと以上のことを望むことは、中銀独立性を脅かすだろう
  ・インフレは10月の3%超となって頭打ちとなるだろう
  ・ポンド相場はブレグジットに関する思惑で動きやすい
・金融政策は刺激的だが…財政政策は緊縮的…英国は多くの逆風に見舞われている
 <テンレイロ英政策委員>
  ・ブレグジットは英経済見通しへの最大のリスク
  ・英経済にはゆるみがあるが、非常に長く続くものではないだろう
  ・賃金上昇は非常に、非常に弱い
  ・国内要因のインフレ圧力は目標を下回っている
  ・EUとの最終的な貿易交渉の帰結もインフレに影響しそうだ
  ・ポンド安に起因するインフレは10月にピークをむかえるだろう
  ・英国民投票以降のポンド安は強いインフレと弱い需要をもたらした
  ・ポンド相場下落後の純輸出の伸びはおそらく無いだろう
 <ラムスデン英中銀副総裁>:英インフレは10月の3%で頭打ちとなる見込み 
   
 [経済指標]
 *消費者物価指数(9月)*
  >前月比:結果+0.3%=予想+0.3%・前回+0.6%
  >前年比:結果+3.0%=予想+3.0%・前回+2.9%
   >同コア:結果+2.7%=予想+2.7%・前回+2.7%
***************************************   
(7)日銀緩和政策
 >金融政策
  <ETF購入>
  >10月17日
  ・従来型ETF=0億円(10月購入00回・総額0億円)
  ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
   (10月購入11回=計132億円)
  ・J−REIT=0億円(10月購入03回=38億円)

  [経済指標]
  *鉱工業生産・確報値(8月)*
  >前月比:結果+2.0%<前回+2.1%
  >前年比:結果+5.3%<前回+5.4%
  *設備稼働率(8月)*
  >前月比:結果+3.3%>前回▲1.8%
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定

 【インド】
 ◎海外企業からインドへの投資が加速するとの見通し拡がる
  ☆中国企業を始めとする海外企業約600社…計850億米ドル(約9兆5200億円)の資金を
  インドに投入すると予測
***************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
 >2017/10/16 ファンド名/投信会社
  ・コムジェスト新興国成長株ファンド(資産成長型)/ニッセイアセットマネジメント
  ・コムジェスト新興国成長株ファンド(年2回決算型)/ニッセイアセットマネジメント
  ・米国株式LSファンド(SMA専用)/三井住友アセットマネジメント

 >2017/10/17 ファンド名/投信会社
  ・オーストラリア配当株投信(資産成長型)/フィデリティ投信
  ・ニューワールド・ファンドF(米ドル売り円買い)/キャピタルアセットマネジメント
  ・グローバル中期債ファンドF(米ドル売り円買い)/キャピタルアセットマネジメント

 >2017/10/18 ファンド名/投信会社
  ・JP4資産均等バランス/JPモルガンアセットマネジメント

 >2017/10/19 ファンド名/投信会社
  ・ジャナス米国中型グロース株ファンド(為替ヘッジあり)/大和アセットマネジメント
  ・ジャナス米国中型グロース株ファンド(為替ヘッジなし)/大和アセットマネジメント

 >2017/10/20 ファンド名/投信会社

  ・グローバルM&Aフォーカスファンド(為替ヘッジあり)/東京海上アセットマネジメント
  ・グローバルM&Aフォーカスファンド(為替ヘッジなし)/東京海上アセットマネジメント
***************************************
***************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け

 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
************
************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

加藤肇:前向き!!投信ゼミナール 更新情報

加藤肇:前向き!!投信ゼミナールのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済