ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 史跡 > トピック一覧 > 織本東岳の墓

史跡コミュの織本東岳の墓

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 千葉県富津市富津36

 1973年07月06日、富津市が史跡に指定。

 浄土宗普載山大乗寺にあります。
 織本東岳(オリモトトウガク;1833〜92)は女流俳人織本花嬌(オリモトカキョウ;?〜1810)の曽孫で、若くして江戸に遊学し、朝川同斎に儒学、市川一学に兵学、江川太郎左衛門に西洋砲術を学び、当時一流の学者たちと親しく交わりました。慶応3(1867)年に帰郷して、富津陣屋を管轄する前橋藩に仕え、翌年、富津陣屋が飯野藩に委ねられると飯野藩校明新館の校長に招かれました。明治2(1869)年からは飯野藩権大参事(ゴンノダイサンジ)も兼ねています。明治4(1971)年の廃藩置県後は下野して、明治5(1972)年に家塾を開いて地元子弟の教育に尽くし、優れた漢学者として『俗語集成』『武辺秘事』等の多くの著書を遺しました。
 大乗寺には花嬌の墓もあります。

コメント(1)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

史跡 更新情報

史跡のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済