ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 馬<鹿寝『Kabane』 > トピック一覧 > 対戦車ライフルの種類に関するこ...

馬<鹿寝『Kabane』コミュの対戦車ライフルの種類に関すること。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

対戦車ライフル(たいせんしゃライフル)とは戦車の装甲を貫く為の銃のことである。現在では対戦車兵器としては陳腐化したが、対物ライフルと名を変えて使用され続けている。

概要 [編集]対戦車ライフルは徹甲弾を用いて運動エネルギーで敵戦車の装甲を貫き、中の乗員を殺傷したり、内部構造を破壊する。

戦車や装甲車の装甲は小銃で徹甲弾を発射するだけでは貫通が難しいため、より大型の銃が必要となり対戦車ライフルが誕生した。初期の戦車や装甲車程度の装甲板であれば対戦車ライフルの銃弾は貫通できた。しかし人が肩で受けられる反動には限界があるため貫通能力の向上には限界があった。戦車の装甲がどんどん増加するとついていけなくなり、陳腐化した。どうしても戦わないといけない場合は覗き窓などの弱点を狙ったり、履帯を狙って走行を妨害する戦術を用いた。

その後は成型炸薬弾を発射する個人携帯式対戦車兵器(アメリカのバズーカ、イギリスのPIAT、ナチス・ドイツのパンツァーシュレックとパンツァーファウスト)が登場すると完全に対戦車兵器としての地位を明け渡した。

対戦車ライフルは重い弾丸の持つ優れた弾道直進性を生かして、対人狙撃に用いられたり、軽車両などを狙うようになる。第二次世界大戦後はしばらく軍から姿を消すが、フォークランド紛争を機に対物ライフルとして復活した。それ以前にもベトナム戦争でアメリカ軍が使用した例がある(ブローニングM2重機関銃#運用を参照)。

歴史 [編集]第一次世界大戦の後期に戦車に対抗するための歩兵用の火器として開発された。当時は戦車自体のエンジンの出力の関係上装甲を厚くできなかったため小口径な対戦車ライフルでも威力を発揮できた。

第一次世界大戦後に各国で開発が進められたが、軽量で貫通力の低い銃と大型で貫通力の高い銃の二極化が進んだ。日本、フィンランド、スイスは大型化、他は1人でも持ち運べる小型を採用した。

第二次世界大戦の初期においても使用されたが、戦車の装甲が強化され、小口径な対戦車ライフルでは装甲を貫通できなくなった。しかしソ連赤軍ではドイツ戦車の覗き孔の防弾ガラス部分ばかりを狙うよう射撃手を訓練してかなりの戦果をあげ、歩兵用の対戦車ロケットの開発が遅れたこともあり終戦まで現役で使用した。その後、歩兵用の対戦車兵器は対戦車ロケットなど成型炸薬を利用した兵器に引き継がれることとなった。

第二次世界大戦中のドイツ軍装甲車輌が装備したシュルツェンは元来HEAT対策ではなく対戦車ライフル対策の為である。

また、フィンランドの継続戦争においてラティ20mm対戦車ライフルがKV-1重戦車を撃破した事例がある。

現在では、フォークランド紛争でアルゼンチン軍が編み出した戦術である、ブローニングM2重機関銃での遠距離狙撃等の戦訓から、対物ライフルと名を変えて装備が行われている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E6%88%A6%E8%BB%8A%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AB

興味ある方はどうぞ。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

馬<鹿寝『Kabane』 更新情報

馬<鹿寝『Kabane』のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。