mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 岡山県 > 2019年9月 > 2019年9月8日(日)の岡山県のイベント > 暮らしに活かすアドラー心理学  「 勇気づけとアドラー心理...

開催終了暮らしに活かすアドラー心理学  「 勇気づけとアドラー心理学 」

コミュ内全体

詳細

2019年07月23日 18:31 更新

1.日時  2019年 9月 8日(日)10:00〜16:00  <受付:9:45〜>

2.場所 浅口市健康福祉センター 3階 多機能研修室
  (岡山県浅口市鴨方町鴨方2244-26 TEL:0865-44-7007)
   国道2号線 鴨方跨線橋の信号を曲がって北へ約1.2km。
   JR鴨方駅 北口より北へ約800m。

3.プログラム
  10:00〜12:30 午前の部
  12:30〜13:30 昼食
  13:30〜16:00 午後の部

4.参加費  (当日の受付でお支払い下さい。)
  ・午前の部、午後の部は各2,000円
  ・一日参加は3,500円
  ・学生はどの参加形態でも半額
  <今回は学会員割はありません。>

5.定員  30名 (先着順で締め切ります。)
     (8月31日までにお申し込み下さい。)

6.講師 中島 弘徳 氏
   (岡山理科大学教授、公認心理師、日本アドラー心理学会認定 心理療法士)

コメント(2)

  • [1] mixiユーザー

    2019年09月15日 13:40

    あるふぁの会主催中島学習会第7弾、9/8に無事終了しました。

     前回から一日企画に拡大したこの学習会、今回はなんと29人の方が参加して下さるという予想外の展開になりました。近畿地方会と同日開催になってしまったため、遠方からの参加者は少なかったのですが、近隣の町でパセージを開いてらっしゃるKリーダーさんが紹介して下さったり、あるふぁのメンバーさんがお友達のお友達までお声かけ下さったり、まさに「草の根」の活動の成果とも言えるものだったと思いました本当に有り難いことです。

     今回のメインテーマは、「引き続き勇気づけ いろいろな勇気づけの技法を学ぼう」でした。アドラー初心者の方の参加も多かったので、急遽中島先生にお願いして、午前中は「アドラー心理学とは?」と言った入門の講座にしていただき、5つの基本前提も丁寧に学べる時間になりました。

     今回は、参加者を5つのグループに分けて、それぞれの進行役としてリーダーさんをあるふぁのメンバーさんにお願いしました。基本前提のうち中島先生が「個人の主体性」「目的論」の説明をして下さり、みんな楽な気持ちで聞いたりメモを取っていましたが、「では、仮想論、社会統合論、全体論については、各グループで説明と話し合いをお願いしま〜す」という青天の霹靂があせあせ(飛び散る汗) 
    「ええ〜 中島先生、丸投げですかexclamation & question」と悲鳴を上げてみたものの、にっこり笑顔で「はい!」とあっさりお返事されてしまい、リーダーさん達の頭は一瞬真っ白状態にたらーっ(汗)
    しかし、メンバーさん達の協力もあり、各グループなんとかこの課題をクリアした模様でした。あ〜ビックリした!
     このライオンが子供を谷に突き落とすようなスパルタンな対応も、後から目的をお聞きすると、「アドラー心理学を次の世代につなぐため」ということで、一同納得せざるを得ませんでした。

    午後は、具体的な勇気づけの方法として、「最近感情が動いた出来事」を題材に、その出来事の中に見いだされる「私は〇〇でなければならない」「人々は□□であるべきだ」「世界は△△であるべきだ」というその人独自の仮想の世界や価値観を見て行き理解する、というグループワークでした。話し合うことで、各人が持っている多様な仮想の世界が披露されるということになり、グループの力が遺憾なく発揮されるワークだったと思います。…が、初めての方には、技術的にも、その目的をしっかり理解して取り組むという点でも、かなりハードルの高い内容だったのではないかと思いました。提示されたエピソードがマイナス感情のものだったグループでは、初めての方の勇気くじきをしないように、リーダーも頑張ったと思います。

     考えてみれば、このワークは、参加メンバーみなさんへの勇気づけと共に、あるふぁのメンバーさん達に対する、中島先生からの特訓という名の勇気づけだったのかもしれません。

    午前午後とも、活動の最後で質問の時間を20分ほど取っていただき、充実した内容になったと思いました。ただ、グループワークを体験しての感想を話し合う時間が取れなかったのは残念でした。次回への課題としたいと思います。

     中島学習会では、、これまで「勇気づけ」を主に家庭で使えるような形で学んできましたが、この企画も5年目を迎えるにあたり、勇気づけの対象と場を広げて行ければと考えています。次回は、「教育」を大きなテーマに、クラス経営や療育分野などにも踏み込んだ内容を考えています。ご期待下さいませ。<(_ _)>

     どうぞよろしくお願いいたします。
  • [2] mixiユーザー

    2019年09月15日 13:41

    みなさんからいただいた感想です。

    **************

    Aさん:中島先生が楽しく説明してくださり、興味深くわかり易かった。1日があっという間で楽しかった。

    Bさん:リーダーさんが話しやすい雰囲気を作ってくださったことに感謝します。

    Cさん:アドラー心理学の基本をおさらいし、相手に合わせた勇気づけが大切ということはなんとなく学べたけれど、具体的に実践できるところまで落とし込むところまでには、まだまだ練習が必要な気がします。

    Dさん:昨日もたくさん学ばせていただきました。
    中でも、印象に残ったのは基本前提の一部の説明を中島先生からでなくグループでシェアをした時間でした。グループで「自身なりに理解したアドラー心理学を伝える」といったことを行うことで、わかったつもりでわかっていなかったことや「他の人が考えるアドラー心理学の理解」を知るきっかけになりました。自身が理解しているアドラー心理学も結局、「仮想論」にすぎないと確認出来ました。
    そして、みんなでシェアした後の、先生からのフィードバックが理解が深まるきっかけとなりました。そこでの、お話はさすが中島先生だなと思いました。わかりやすく、日常のエピソードからアドラー心理学を学ぶことが出来ました。
     皆で学びあう雰囲気がとても心地よかったです。
    いつまでも教わる立場ではなくて、日常で実践して、「アドラー心理学をそこそこ教えられる立場」にはなりたいなと思いました。そう考えると、自分が理解しているアドラー心理学をグループでシェアする時間は大切なように感じました。少しずつ、アドラー心理学を伝える技術も身につけていきたいと思います。
    これからもアドラー心理学を学んでいきたいと思える素敵な勉強会になりました。ありがとうございました。

    Eさん:「(ワークのために)グループの方々のお話を聞いて、それぞれのご家庭がいい感じに変化している、アドラーはやっぱりいいなーと思いました。
     いつまでも初心者の気持ちでいるので、中島先生から5つの基本前提について「この後の説明は各グループで」となり、新しい方へ説明する場面で、あわてました。本当にわかってないと人に説明できないので、説明できるようになりたいと思いました。
     グループワークでは、前回春の時は、細かくステップを踏んで、
    1、好きな映画、ドラマ、物語を発表
    2、大切にしていること、ものは?  3 ……
    といった具合に進みましたが、私には、その方がやりやすく感じました。
     もし時間があったら、嬉しかったことでやってみて、次に残念だったことでやってみて、2つを合わせてみると、面白そうだなと思いました。
     参加できてよかったです。また心新たにアドラーを実践しようと思いました。学びの時間をありがとうございました。次回も楽しみにしています。(^^) 

    ***********

    参加者のみなさん、感想をまとめて下さり、ありがとうございました。
    次回は、来年2〜3月の土曜日か日曜日を予定しております。
    どうぞご期待下さい。<(_ _)>
mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2019年09月08日 (日) 日曜日
  • 岡山県 浅口市
  • 2019年08月31日 (土) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
1 / 30人