mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > Jane Bowles

Jane Bowles

Jane Bowles

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ふたりの真面目な女性』を読んでド肝を抜かれたそこのアータ。ポールよりジェーンじゃない?

--------------------------------------------------
◎ジェイン・ボウルズ Jane Bowels(1917-1973)
ポール・ボウルズの妻、作家。NYの裕福な家庭に生まれるが、父親の死後、一人娘を溺愛する母親のもとで育てられる。その後、落馬が原因で骨折した膝の治療のためスイスへ渡る。2年間の治療でも完治はせず、足を少しひきずって歩いていたという。1937年、ポールと出会い、翌年結婚。お互い同性愛の傾向が強く、常に別々の部屋で暮らしていたが、お互いの作品や経験について語り合い強い絆を保っていた。48年にモロッコに渡り、タンジールの市場でシェリファと出会う。シェリファの独特な魔術的魅力にとりつかれたジェインは、彼女に宝石や家まで買い与えた。58年、過度の飲酒とマジューンの常用のため、心臓発作で倒れる。そのため、失語症、視力障害、右半身麻痺に陥る。いくつもの精神病院での治療、そしてポールの献身な看護の甲斐もなく、73年スペインのマラガで死去。 ジェイン・ボウルズの才能は、二十代のころから、トルーマン・カポーティや、テネシー・ウィリアムズなどから高く評価されていた。22歳で処女長編『二人の真面目な女性』を着手、41年に脱稿。その後、『グァテマラの牧歌』(1944)『戸外の一日』(1945)『プレイン・プレジャーズ』(1946)を出版。しかし、「ポールは簡単に書くけど、私には難しい」と友人たちにもらしていたように、ジェインにとって、書くことは苦痛に満ちた作業だったようだ。(ポール・ボウルズの告白より)

●関連コミュ

作曲家としてのPaul Bowles
http://mixi.jp/view_community.pl?id=155481

ポール・ボウルズ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=149859

--------------------------------------------------

管理人不在…ってことで、途中から立候補してみることにしました。初代管理人に敬意を表しつつ私なりのサポートをしますね。

マリ・クレール92年1月号の特集で彼女の存在を知ってから、自分と魂の近しさを感じながら、マラガで死なないための人生を歩む努力をしている新管理人であります。

トップの写真は私がupしたわけではありませんが
この写真が私も好きなので変更しないでおきたいと思っています。

-----------------------------------------------

最新情報

トピック

開設日
2004年11月17日
(運営期間4336日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
51人
関連ワード