mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 動物、ペット > 魅惑のポリプテス

魅惑のポリプテス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年11月24日 18:08更新

龍の化身たるポリプテス。
なぜ人間はこの魚にこうも惹き付けられるのか。
ある人はその歴史に想いを寄せ、
ある人はその美しさに魅了され、
ある人は彼らを取り巻く謎の虜となってしまう…。
太古から生きるポリプテスにとって、我々は人間はどのように映っているのだろうか。

現在、地球上に生息している生物の中には、過去の時代に進化を遂げ!元々の形とはかけはなれた形で現在を生き抜いている生物も数知れず見受けられるが!特徴を保ちながら、わずかながらも生き残った原始的な分類群が存在する。いわゆる(生きた化石)であり、これらを遺存類!または残存類!あるいはレニックという。魚類では、シーラカンスが有名なところではあるが。アフリカに生息するポリプテスの仲間もかつて繁栄した分岐鰭類(クラディスティァ)の生き残りである。 日本では1950年代から僅かに輪入がはじまったが。チャドの中新世(2300万年前から500万年前)にはポリプテス・ファラオウ(Polypterus faraou)の全身化石が発見されているのが有名である!が!近代になって初の結合化石が北アフリカのモロッコから、またポリプテス類の全体化石が中央アフリカのチャド湖から産出している!さらに南米の後期〜後期 曉新世の地層からの産出化石がポリプテス目(科を未確定とする2種)両大陸が分断される以前に、この仲間が出現したこと!ゴンドワナ起源であることを証拠付けるものとなっている!
現在は(ポリプテス・ビキール・ビキール)がポリプテス類で最大級のポリプテスとして認められているが!人類が想像できないくらいの時を、形変えることなく遺伝子を前世へ前世へと繋ぎ続けている魚なだけあって、今発見されているポリプテスが全ての種類とは言い難い!もしかするとビキールを遥かに上回る個体がこの世にはいるのかもしれない!ほかにもポリプテスについての謎や歴史は数知れずあるが、このくらいにして!あとは皆さん個々がこのコミュニティを通じ!魅惑のポリプテスについての相談や悩み!自慢や疑問など、ポリプテスに纏わることなら、どんな小さな事でも書き込み!個々にもたれている知識をポリプテスファンに広げ!より良いコミュニティに皆で作りあげていきましょう!!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 19人

もっと見る

開設日
2008年10月27日

3253日間運営

カテゴリ
動物、ペット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!