mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 天志音

天志音

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月14日 01:19更新

伝説のロックバンド「天志音」(テンション)のコミュニティーです!
音楽を極めた匠達の奏でる究極の響…
本物の音楽を求める方!
是非ご参加ください。

■「天志音」(テンション)
日本の70’sを代表するプログレッシブスーパーバンド、4枚のアルバムを残した「コスモスファクトリー」を前身に仲博史、泉 千、水谷ひさし、山下直樹、の四人が結成。
ロック創世記の誇り高き香り漂う奇跡のアンサンブル。
天志音のサウンドは、ブルーズとロックをバックグラウンドに、あらゆる音楽的志向性を、彼ら独自の世界観で完全に消化した後に、日本古来の音楽を髣髴とさせる「間」、4人でしか獲得し得ない時間軸を武器に、特有の質量と質感を持った迫力と説得力に満ちた音像で見る者、聞く者に訴えかけてくる。
水谷ひさしのギター、泉千のキーボードの溢れ出る旋律に呼応する、山下直樹のベース、仲博史(クマ)のドラムの皮膚呼吸に呼応する感覚と、時にどこまでもクロマチックで、ストイックなグルーブとの、縦横無尽な融合により産み出される、強烈なエネルギーは、体感した者にしか表現できない魅力である。
メロディーとリズムが拮抗し、質量ゼロの哲学的な無音状態から始まる、奇跡のアンサンブルは、やがて、鋼がしなるほどの重さと、質感を抱かせる。
天志音というジャンル、天志音というサウンドが絶対的にそこにある。
天志音のライブは、情熱的な内省と、精神世界を100%体験できる絶好の機会である。
他のバンドが妥協を重ねていく中で、ますます意固地に妥協しないバンドとして、メディア幻想や流行発信などという名目に葬られることなく、
普遍の信念を伝えるため、時代の景色の中に謎を見出し、その名が現わす通り、天を志していく音を体現している。  (K’suke氏資料より抜粋)

・メンバー

・ 仲 博史・・クマ (ドラム・ボーカル)
 シンセサイザ−奏者 喜多郎 からも師匠と呼ばれる重鎮。 アメリカ音楽留学中には ザ・バンド の リック・ダンゴ と協演し賞賛される。
 ジャンルを越え国内ミュ-ジシャンとも多く共演し余す事なく感動を与える。アルバム製作にも多数参加。
・ 泉 千 (キーボード・ボーカル)
 コスモスファクトリ−在籍中世界的パ−カッショニスト ツトム・ヤマシタ に見出され
 氏のヨ−ロッパツア−に参加。 映画・テレビへも多くの楽曲を提供する。アルバム4枚発表。
・ 水谷 ひさし (ギター・ボーカル)
 泉 千 の実弟。コスモスファクトリ−に在籍し多数ミュ−ジシャンと共演する。ボブ・マ−レ− 日本公演に帯同し親交を深める。
 ワ−ルド・ロック・フェスティバルでは ジェフ・ベック ともに喝采を浴びる。アルバム5枚発表。
・ 山下 直樹 (ベース)
 松田聖子・杏里 等のサポ−トバンドのリ−ダ−として活躍。アルバム製作にも多数参加。
 ベースにこだわり、他のメンバ−の持ち味を引き出しより高いアンサンブルを演出する。
●Profile
1972年 コスモス・ファクトリー結成東京へ、4枚のアルバム発表。 映画音楽、TVドラマ主題曲やBGMも担当、その間、内田裕也氏をプロデュース。
ワールドロックフエスティバル参加。 各自ツトム・ヤマシタ氏の支持を受け、水谷ひさしソロアルバム発表。
1979年 渡米、あらゆるジャンルの音楽をこなす。
1981年 活動拠点を名古屋に戻し、仲博史(クマ)参加、夢人結成。
その後、山下直樹参加、天志音結成。ボトムライン、ダイヤモンドホール、岡山野外コンサート、クアトロに出演。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 52人

もっと見る

開設日
2008年6月5日

3274日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!