mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > Anyango w/ Nyatiti warembo!

Anyango w/ Nyatiti warembo!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年7月13日 23:14更新

アニャンゴwithニャティティ・ワレンボ!!   

Anyango(アニャンゴ)
アニャンゴこと向山恵理子。2005年ケニア西部ルオー族の村に住み込み、本来は男性しか弾くことができない楽器ニャティティ(8弦のケニア・ルオー族の伝統弦楽器)の習得・演奏を許された世界初の女性。
ボーマス・オブ・ケニア劇場ではケニア建国以来初の外国人によるライブパフォーマンスを行い、1000人を越える観衆の前で演奏をした。
2007年にはケニア国内で一躍有名になり、数々のテレビ・新聞・ラジオに出演。
ケニアと日本の文化親善大使としても活躍。ガイドブック「地球の歩き方」、雑誌「ソトコト」、読売新聞執筆連載など幅広く活動。
2008年5月のTICAD第4回アフリカ開発会議の式典では、アフリカ各国の大統領・首脳陣の前で演奏し大好評を得る。
2008年6月の札幌YOSAKOIソーラン祭りには3000名のダンサーを率いてケニアのニャティティチームとして出演。奨励賞を獲得。2009年7月ニューズウィーク誌(日本語版)に『世界が尊敬する日本人100人』の一人として掲載される。
2009年8月角川出版より『夢をつかむ法則〜アニャンゴのケニア伝統音楽修行紀〜』を発刊。アマゾンの新刊書籍チャート1位を記録。レーベルJOWIミュージックを立ち上げ、9月20日ソロアルバム『Nyatiti Diva』をリリース!
http://jamboanyango.com/
 

Nyatiti Warembo!!(ニャティティ ワレンボ!!)
アニャンゴの音楽と情熱に触発されたワレンボ(スワヒリ語で美人たち)によるダンス&コーラスユニット。2006年7月結成。祭りに参加する者の身体に直接訴えかけるダンスパフォーマンスは正に日本のマホテラクィーンズ!!

カワラこと大河原有佳。ワレンボ結成時からのメンバー。幼少より生き物を愛し、舞台での自己表現に目覚め、現在は「自然と人間との共存」をテーマに、歌い踊る百姓として精進中。モダンバレエ、サックス、アカペラを通して、様々なジャンルのステージを経験。ケニアダンスクラスin福島事務局長。ダンス講師も勤める。『Nyatiti Diva』にはコーラスで参加。
 
カナコこと佐藤可奈子。ワレンボ結成時からのメンバー。高校時代にダンス部の部長を務め、大学入学後はバイト代を貯めては全て旅費に費やし、世界各国をまわる。アフリカ4ヶ国を旅していた時ケニアと出会い、ケニアへスワヒリ語留学。留学中、アニャンゴと出会い、ボーマス・オブ・ケニアの元ダンサーからダンスを習う。スワヒリ語の通訳もこなす。

トモエこと斎賀友恵。ケニアダンスクラスin横浜事務局長。中学時代から約8年間バトントワリングのチームに所属し、バレエ・ジャズダンスの基礎を習う。2008年6月、札幌YOSAKOIソーラン祭りのニャティティチームに参加。2009年3月、横浜初のダンスクラス開始。教員出身と言う経験を活かしダンス指導に於いても高い評価を得ている。

サワコこと米川佐和子。小学6年で劇団に入団。演技、バレエ、日舞、音楽、ダンスのレッスンに打ち込みながらミュージカルを経験しその素晴らしさに魅了される。大学入学後、初めて訪れたウガンダをきっかけに東アフリカに強い関心を持つ。東アフリカへの想いを抱きながら活動していく中で奇跡的にアニャンゴと出会い、2009年7月ワレンボへ入団。


アニャンゴwithニャティティワレンボ!!のブログ開設しました!!
http://ameblo.jp/anyangowarembo/

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 241人

もっと見る

開設日
2007年6月17日

3604日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!