mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 平田オリザ

平田オリザ

平田オリザ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月15日 23:44更新

平成時代の劇作家、演出家。なかったので。

現代演劇の平田オリザ演劇は、現代演劇を探る上で格好の定点観測対象。


熱烈な平田オリザ演劇の大ファンの方から、
なぜあれほどの文化庁助成金を得られるかとか、
疑念を持っている方も御待ちしております。


【リンク】
青年団
http://www.seinendan.org/
こまばアゴラ劇場
http://www.komaba-agora.com/

【平田オリザについて】
昭和37年11月8日生まれ。58年劇団青年団を結成,主宰。韓国に留学後、父と東京駒場のアゴラ劇場を共同経営し、劇作と演出を手がける。対話を通じて他者を理解する過程をえがくとする「しずかな演劇」が支持層をひろげ、平成7年「東京ノート」で岸田国士戯曲賞,10年「月の岬」で読売演劇大賞。東京出身。国際基督教大卒。

【関連文献について】
平田オリザの仕事〈1〉現代口語演劇のために 1995年3月 (晩聲社)
東京ノート・S高原から 1995年5月 (晩聲社)
転校生 1995年5月 (晩聲社)
火宅か修羅か・暗愚小伝?平田オリザ戯曲集〈3〉 1996年4月 (晩聲社)
新版・十六歳のオリザの世界一周自転車旅行の冒険をしるす本 1996年6月 (晩聲社)
平田オリザの仕事〈2〉都市に祝祭はいらない 1997年6月 (晩聲社)
演劇入門 1998年10月 (講談社)
南へ・さよならだけが人生か?平田オリザ戯曲集〈4〉 2000年2月 (晩聲社)
gikyoku‐workshop 2001年3月 (演劇ぶっく社) 共著:山岡徳貴子
バルカン動物園 2001年4月 (ENBU研究所)
冒険王 2001年5月 (ENBU研究所)
対話のレッスン 2001年9月 (小学館)
受験の国エリザ 2001年9月 ()
芸術立国論 2001年10月 (集英社)
話し言葉の日本語 2002年12月 (小学館) 共著:井上ひさし
「リアル」だけが生き延びる 2003年12月 (ウエンツ)
地図を創る旅?青年団と私の履歴書 2004年4月 (白水社)
演技と演出 2004年6月 (講談社)
演劇のことば 2004年11月 (岩波書店)

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 263人

もっと見る

開設日
2007年5月4日

3501日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!