ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > 一期一会 > トピック一覧 > 8月18日(金)

一期一会コミュの8月18日(金)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体




 黒日

前日来高い時は吹き値売り方針良し




ダウ平均   21750.73(-274.14 -1.24%)
S&P500    2430.01(-38.10 -1.54%)
ナスダック   6221.91(-123.20 -1.94%)

CME日経平均先物 19490(大証終比:-190 -0.98%)

コメント(6)

おはようございます♪

爽やかな朝です^^
少しづつ秋ですねもみじ

では、今日も元気に行きましょう^−^
おはようございます。

通り雨で、蒸し暑いですw
「シカゴ日経平均先物(CME)」(17日)
SEP17
O 19705(ドル建て)
H 19725
L 19465
C 19485 大証比-195(イブニング比+5)
Vol 10425


SEP17
O 19695(円建て)
H 19725
L 19460
C 19480 大証比-200(イブニング比+0)
Vol 42953

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、
売り660万株、買い950万株、差し引き290万株の買い越しとの観測。
金額ベース(5社)では、売り(110億円)、買い(166億円)で差し引き買い越し。
米国系証券は買い越し、欧州系証券は売り越しとの観測。

売りは、石油、機械、銀行、建設など
買いは、精密、小売、通信、食品、機械、自動車、自動車部品、REITなど
売り買い交錯はなし
こちらも蒸し暑くなりました。。。

日経は下がっていますが東証リートは上がっていますね。
原田氏に助けられました。

原田氏のコメント

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「アメリカで民主党がトランプ大統領弾劾法案を起草開始」です。


⇒その理由は……:

 ─世界は3つの構造から成っています。
  「表の世界」「裏の世界」「闇の世界」です。

 ―マスメディアが報じるのが「表の世界」です。
  これに対して「裏の世界」とはインターネットの世界です。
 
 ―これらに対して物事を動かす本当の世界。
  これが「闇の世界」であり、さらに突き抜けると「光の世界」になります。

 ―マスメディアが報じていることが全てではないのです。
  むしろ実態はもっと深層にあります。

 ―「このこと」をつかんでこそ、初めて真相が見えて来るのです。
  「ものごとそのもの(Ding an sich)の世界です」

アメリカで民主党がトランプ大統領弾劾に向け動き出しています。
そのための法案を起草し始めていると報じられています。

一層高まりつつあるアンチ・トランプ熱。
米軍高官までもがこれに加わり始めています。

一触即発です。
あるいは絶体絶命です。

本当に弾劾されそうにも思えます。
しかしそうなのでしょうか。

大切なことはただ一つ。
トランプ米大統領は「闇」でも「光」でもないということです。

それでは本当はどこにそれらはあるのか。
アメリカの真実とはどこにあるのか。

分かり・・・ますか?
松藤さんの推薦図書


五木寛之著 『孤独のすすめ』 中公新書ラクレ 740円+税

人生は、青春、朱夏、白秋、玄冬と四つの季節が巡って行くのが自然の摂理である。玄冬なのに青春のような生き方をしろといっても、それは無理だ。後ろを振り返り、ひとり静かに孤独を楽しみ、思い出を咀嚼したほうがいい。回想は誰にも迷惑をかけず、お金もかからない。孤独を楽しむ人生は決して捨てたものではない。それどころか、尽きせぬ喜びを発見する時間でもある。孫たちに囲まれて「おじいちゃん」「おばあちゃん」と大事にされる古典的な老後を夢見る人もいる。しかし現実にはそうもいかない。著者は人と群れるのが苦手で、年をとるにつれ、人間は孤独だからこそ豊かに生きられると実感する気持ちが強くなってきたという。例えば、本。読書とは、著者と一対一で対話するような行為である。体が衰えて外出できなくなっても、誰にも邪魔されず、古今東西あらゆる人と対話ができる。本は際限なく存在するので、孤独な生活の中で、これほど心強い友はない。読書は誰にも邪魔されない。ひとりだけの広大な王国だ。孤独であればあるほど、むしろこの王国は領土を広げ、豊かで自由な風景を見せてくれる。毎日、帰宅すると、まずテレビのスイッチを入れる方々には、わからない幸福感でもある。



岡内幸策著 『銀行員 大失職』 日本経済新聞出版社 1600円+税

著者は1956年生まれ、神戸大から富士銀行を経て、不動産証券化などを行う会社を設立した。彼は伊達に金融の世界で生きてきたわけではない。熱い人たちには、新たな軸の中で活躍できる場が拡大するということに気づいて欲しいとしている。
これからの世の中は、IoTやAIの時代に突入する。ロボット工学の進化で、生身の人間が不要となりつつある分野が増えている。文字や音声、映像に対する情報処理は人間よりも優れている事象が多くなる。AIロボットの双方向コミュニケーションは、銀行に限定するわけではないが、アホな担当者と話すより楽しいかもしれない。
従来の権威や評価が崩壊するなかで、IoT等を上手く活用できる人材が求められていることは事実だが、何よりも重要なのはコミュニケーション能力であり、とりわけ金融の世界では、人との繋がりがこれまで以上に重視される。なぜなら、顧客の多くは人間だからであるとしている。



弘兼憲史著 『古希に乾杯!ヨレヨレ人生も、また楽し』 海竜社 1000円+税

著者はご存知「課長 島耕作」の漫画で一躍有名になった。松下電器で3年働いた後、漫画家になった。しかし彼も70歳になったというから、月日の経つのは早い。
楽しいことも辛いことも、嬉しいことも悲しいことも適度に混ざっているほうが、人生は面白い。その辛いこと悲しいことを考え方ひとつで、“それもまた楽し”の気持ちに変えるのが本書だとしている。ヨレヨレになっても、その現状を受け入れて、いかに楽しく生きるのかを考えるのが、この本のテーマだとしている。
“人生七十古来稀なり”と杜甫が書いた。当時、70歳まで生きる人は稀だった。弘兼氏はこれからも働く気満々で、渋沢栄一が言った有名な言葉“四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ”。著者は七十、八十が今や働き盛りと言っている。そして、幸せの尺度は社会通念が決めるものではなく、自分が決めるものである。そして、幸せの常識も変わった。老後を豊かに暮らすことが本当に楽しいか、一人で老後を過ごすことは不幸なのか、人間にプライドは必要なのか、家族団らんはいいことなのか、頭のいい人は幸せになれるのか、世界トップの長寿国ということは喜んでいいことか、など。
著者は楽しく生きることは人間の特権として、楽しく生きるには人に好かれる人になることだとしている。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

一期一会 更新情報

一期一会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済