mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 東京都 > 2012年2月 > 2012年2月24日(金)の東京都のイベント > 【無料セミナー】世界銀行で働く〜開発の生きた知見を求めて

開催終了【無料セミナー】世界銀行で働く〜開発の生きた知見を求めて

コミュ内全体

詳細

2012年02月17日 10:00 更新

世界銀行で働く〜開発の生きた知見を求めて
西尾昭彦 世界銀行研究所 業務担当局長

http://goo.gl/FBQYZ

世界銀行は、日本とのパートナーシップを重視し、日本人採用を強化しています。本年は、日本の世銀加盟60周年であり、世銀IMF総会が東京オリンピックの年(1964年)以来、48年ぶりに開催されます。そのため、世界の開発課題や世界銀行の活動を改めて紹介するセミナーを積極的に実施しています。

今回のスピーカーである西尾明彦・世界銀行研究所業務担当局長は、インドネシアの農村開発や中国のプログラム・コーディネートを始め、チャド、ハンガリー、ミャンマー、タイなど多彩な背景を持つ国々の開発プログラムに従事してきました。世界銀行研究所は、開発の生きた知見は途上国の現場にあり、ワシントンの会議室にあるわけではないというコンセプトで、世界の開発に資するための知見のオープン化に取り組んでいますが、西尾局長は、その取組みの責任者です。これまで世銀の様々な現場を経験し、今、その知見の発信の司令塔となっている西尾局長から、世銀でのやりがいや若い人への教訓などを紹介します。奮ってご参加ください。

<スピーカー>
西尾 昭彦 世界銀行研究所業務担当局長

<プロフィール> 
2006年9月1日より世界銀行本部(米国ワシントン)資源動員局長。国際開発協会(IDA)15次増資交渉に従事。2009年3月より現職。1983年一橋大学経済学部卒。1986年、英国ケンブリッジ大学より開発経済学の修士号を取得。1983-88年、海外経済協力基金(現国際協力機構)に勤務後、1988年9月、ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)により世界銀行入行。インドネシアの農村開発担当エコノミスト(1989-98年)、中国担当プログラム・コーディネーター(1999-2004年)を歴任した後、2004年3月に資源動員局(FRM)の課長に就任。ほかにも、チャド、ハンガリー、韓国、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、タイ等での開発プロジェクトに従事。「スラウェシ島におけるカカオの増産:小自作農のダイナミズムと不干渉政策の教訓(Sulawesi’s Cocoa Boom: Lessons of Smallholder Dynamism and Hands-Off Policy)」(Bulletin of Indonesian Economic Studies, The Australian National University, 1997)や「土地登記の経済・社会的便益(The Benefits of Land Registration and Titling: Economic and Social Perspectives)」(Land Use Policy, 1999)等の著作がある。日本国籍、埼玉県出身。

日時
2012年2月24日(金) 午後6時30分〜午後8時

場所
世界銀行情報センター(PIC東京)
東京都千代田区内幸町2−2−2 富国生命ビル1階
地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C3出口下車

お問合せ
世界銀行情報センター(PIC東京)
E-mail:ptokyo@worldbank.org
Tel:03-3597-6650

使用言語は日本語。参加費は無料。

申込はこちらのサイトからお願いいたします。
http://goo.gl/FBQYZ


コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2012年02月24日 (金) 金曜日 18時半〜20時
  • 東京都 東京都千代田区内幸町2−2−2 富国生命ビル1階
  • 2012年02月24日 (金) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
1人
mixiチケット決済