mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

mixi > イベント一覧 > 東京都 > 2020年12月 > 2020年12月31日(木)の東京都のイベント > 【特別企画】国道1号線徒歩の旅・復路編

募集中【特別企画】国道1号線徒歩の旅・復路編

コミュ内全体

詳細

2019年02月11日 17:05 更新

【実施日】2017/2/25(土)〜 ※実施日により異なります。
【実施企画】国道1号線徒歩制覇の旅・復路編

【参加者】きまぐれ ※2018年1月時点

【交通】実施時間帯は徒歩のみ
【移動範囲】国道1号線復路(大阪→東京) 全50区間を予定(詳細はコメントにて)
【実施時間】日没まで。日没前にキリのいい所で中断。
       ただし日没より参加者の終電が早い場合、それに間に合う時間に早期中断。

【予算】行き帰りの交通費、食事代、雑費
【備考】荒天時(小雨、前日の雨予報含む)延期(延期時は翌週土曜に振り替え)
    ただしスタート後に降り出した場合は続行(通り雨がひどい場合は中断あり)
    天候が微妙な場合は折り畳み傘を持参で。

【同行者の募集について】
この旅は首都圏以外の地域も含むため、企画者のきまぐれ以外の方の同行は
特に要望があがらない限り、首都圏(1都6県+山梨)の範囲内である
神奈川県・東京都内での実施においてのみ募集いたします。(全10回程度を予定)

なお、終盤になってからの募集となる関係で、本イベントの参加募集については
この概要ではなく、本イベントのスレッド内コメント、あるいは各種トピック内において
随時募集していきますので、あらかじめご了承くださいませ。

コメント(794)

  • [745] mixiユーザー

    2019年02月23日 17:00

    下鳥羽城ノ越町

    左:交差点の北側には横断歩道がないので、螺旋階段で歩道橋上にのぼり、
    下り側へ渡れるようにしています。
    503.8kmの地点標が標識の脇にあるのですが、
    交通量的に撮影が厳しい(危ない)ので、ここでは紹介にとどめておきます。

    中:下鳥羽城ノ越町に入って最初に見えてきた店は、「天下一品」一号線下鳥羽店です。
    天下一品は、上りでは久御山町に入ってすぐの木津川店([606])以来の登場です。
    通った時間帯はまだ開店前(11時開店)ということで、通過します。

    右:大阪方面を撮影、下り側、歩道橋に設置された方面および距離案内。
    大阪から歩いてきた距離は、ついに40kmになりました。
    下鳥羽地区に入っているため、下りでは
    これから向かうことになる「横大路」の案内が登場しております。
  • [746] mixiユーザー

    2019年02月24日 06:00

    下鳥羽城ノ越町 10:10ごろ

    左:伏見下鳥羽郵便局前を通過
    国道1号沿いにありますが、小さな郵便局です。

    中右:下り側に「ヤマダ電機」テックランド京都伏見店の見えるところで、503.7km地点を通過します。
  • [747] mixiユーザー

    2019年02月24日 20:00

    下鳥羽城ノ越町

    左:503.7km地点のすぐ先には、「牛角」京都R1下鳥羽店があります。

    中:牛角の前にはバス用に設けられた停車帯(バスカット)があり、2つのバス停が並びます。
    バス停名はともに、「下鳥羽城ノ越町」です。

    右:京都市営バスは、東寺経由京都駅行き。
    ひとつ手前の国道下鳥羽バス停は別系統の竹田駅行だったこともありわずか数便でしたが、
    こちらには京都駅行きが毎時1本、さらに平日朝は増発もあり、需要があるようです。
  • [748] mixiユーザー

    2019年02月25日 09:00

    下鳥羽城ノ越町

    左中:京阪バス「下鳥羽城ノ越町」バス停と京都南エリア運行経路図
    今この旅で歩いているのは紫のラインの路線上ですね。

    右:右手やや向こうには、一際高いビルが見えてきました。
    京セラの本社ビルです。
    次の赤池交差点で右折すると、行くことができます。
  • [749] mixiユーザー

    2019年02月25日 21:00

    下鳥羽城ノ越町 10:15ごろ

    下鳥羽城ノ越町を抜けると、同時に下鳥羽地区も終了。
    次の中島地区へと入っていきます。

    左:503.6km地点を通過します。
    ここで下りでは、下鳥羽北ノ口町から下鳥羽西芹川町に移っています。

    右:503.5km地点を通過するとまもなく、下鳥羽城ノ越町の区間が終わります。
  • [750] mixiユーザー

    2019年02月26日 09:00

    中島樋ノ上町 10:20ごろ

    中島樋ノ上町に入りました。(下りでは中島外山町に入っています)

    左:503.4km地点のすぐ先には、「スシロー」京都伏見店が見えました。

    中:下りでは、「餃子の王将」城南宮店が見えました。
    同店の本社が京都市にあるというのもあって、やはり関西には店舗が多いですね。

    右:503.3km地点を通過
  • [751] mixiユーザー

    2019年02月26日 21:00

    中島樋ノ上町

    国道1号はまもなく、赤池交差点に入ります。

    左:この先にある城南宮(神社)の案内が見えてきました。
    城南宮の敷地は国道1号沿いにありますが
    入口は1号に面していないため、次の赤池交差点で右折して行くように促されています。

    右:赤池交差点の分岐案内が見えてきました。
    同交差点では、府道202号との交差があります。
    左折先では、鴨川、西高瀬川、桂川と3つの川を渡ります。
    このうち、桂川を渡る橋が標識にも記されている久我橋です。
  • [752] mixiユーザー

    2019年02月27日 13:00

    中島樋ノ上町・赤池交差点

    中島樋ノ上町の区間は、この交差点までです。
    ここで交差するのは、府道202号 伏見向日(ふしみむこう)線です。
    右折先には、阪神高速の城南宮南インターがあります。

    右:交差点の角には503.2kmの地点標がありますが、
    例によって交差点内の地点標は危険度が高く、撮影が難しいです。
    ということで、ここは安全に下り側の防護柵に設置された地点標を撮影しました。
  • [753] mixiユーザー

    2019年02月28日 06:00

    中島前山町・赤池交差点 10:25ごろ

    交差点を渡ります。
    赤池交差点から北は、中島前山町に入ります。

    左:上り大阪方の角に見えるのは、「ケーズデンキ」京都伏見店です。
  • [754] mixiユーザー

    2019年02月28日 23:00

    中島前山町

    赤池交差点から北は、中島前山町に入っていきます。
    (下りでは中島中道町に入ります)

    左:「ABCマート」伏見店前を通過します。

    中:2つのバス停の前を通ります。
    右:京都市営バス「国道赤池」バス停です。
  • [755] mixiユーザー

    2019年03月01日 11:00

    中島前山町

    左:京阪バス「赤池」バス停です。
    内容は、前のバス停と同様です。

    中:続いて見えてきたのは、「マクドナルド」京都南インター店です。
    国道1号沿いの店舗では横大路店([716])以来、
    上りの店舗では1号線八幡店([566])以来の登場です。

    右:マクドナルドの入口前には、503.1km地点がありました。
    4日目はここまでまだ他に開いてる店もなく朝食がとれていなかったので、
    マクドナルドばかりの食事でグルメ感ゼロの旅ですが、ここで朝食休憩をとることにしました。
  • [759] mixiユーザー

    2019年03月03日 01:00

    中島前山町

    引き続き、マクドナルド京都南インター店にて。
    ごらんの通りドライブスルーがあり、そして子供が遊べるプレイランド施設もある店舗でした。
    電源設備は1か所だけ自由に使えるものがあったので、例によって充電していきました。
  • [760] mixiユーザー

    2019年03月03日 02:00

    中島前山町 10:30ごろ

    引き続き、マクドナルド京都南インター店にて。
    時刻は朝の10時半をまわるところで、ちょうど朝マックの終わる時間帯だったので
    今回は通常メニュー(しょうが焼きバーガーとアイスミルクティー)での朝食休憩となりました。
  • [761] mixiユーザー

    2019年03月03日 03:00

    中島前山町 11:20ごろ

    朝食休憩を終え、お店を出る頃には日もすっかり高く昇っていました。

    マクドナルドを過ぎてすぐの所に、503km地点のキロポストがありました。
    キロポストの所在地表示は、「京都市 伏見区 中島」です。
    中島以下の町名については、ここでは例によって省略されています。

    中島前山町はこの先の角で終わり、次の中島御所ノ内町へと入っていきます。
  • [762] mixiユーザー

    2019年03月03日 20:00

    中島御所ノ内町 11:25ごろ

    中島御所ノ内町は、西を千本通、東を京阪国道に挟まれ、
    西の大部分を鳥羽離宮跡公園が占めているエリアです。

    左:502.9km地点を通過

    中右:下りでは、城南宮もある中島鳥羽離宮町に入っています。
    入口前の水車が印象的な三角屋根の和食レストラン「美ね寅」の前を通過。
  • [764] mixiユーザー

    2019年03月04日 09:00

    中島御所ノ内町

    中島御所ノ内町は、城南宮前を通り国道1号と交差する城南宮道の手前まで続きます。

    左:京都市営バス・京阪バスの「城南宮」バス停前を通過

    中右:まもなく、城南宮の前に差し掛かるところです。
    城南宮の先にある次の交差点では、右折すると新城南宮道に入り
    阪神高速京都線や第二京阪方面へ。
    「千本鳥居」で有名な伏見稲荷大社は、ここから右折すると行きやすいようです。
  • [765] mixiユーザー

    2019年03月05日 01:00

    中島御所ノ内町

    まもなく、城南宮道と交差します。
    城南宮道との交差は、上り・下りともに国道1号・城南宮道間では行き来可能ですが、
    城南宮道間で国道1号を横断することはできないようです。

    右:大型車・一部中型車以外とマイクロバスは左折可のようです。
  • [766] mixiユーザー

    2019年03月05日 13:00

    中島御所ノ内町

    下り側には、「城南宮」の敷地が見えてきました。
    神社への入口は、国道沿いとは逆側にあります。
    城南宮は、建築・転居・旅行などの厄除けである「方除(ほうよけ)の大社」として知られています。

    かつては、この近くに城南宮への参詣者のため設置された歩道橋があり
    「とわのかけはし」という名がついていました。
    歩道橋は、近隣交差点の横断歩道設置による利用者の減少と橋の老朽化により
    2010年に撤去され、現在のようになりました。
  • [767] mixiユーザー

    2019年03月06日 01:00

    中島秋ノ山町 11:30ごろ

    城南宮道を渡ると中島御所ノ内町が終わり、中島秋ノ山町に入りました。

    左:「カーチス」京都伏見の前で、502.7km地点を通過します。
    中:下り502.7km地点標

    右:下り、城南宮の案内が見えました。
    上りと違い、左へ入る道のある下りでは城南宮前での左折が指定されているようです。
  • [768] mixiユーザー

    2019年03月06日 13:00

    中島秋ノ山町・出橋交差点

    次の信号交差点に出てきました。

    信号機の方を見ると、交差点名の表示がありません。
    しかしここで、交差点の脇にこのような看板を見つけました。
    歩行者や自転車に向けた通行経路のお知らせのようで、
    ここから先は赤の矢印に従って進むことになりそうです。

    そしてよく見ると、この交差点を示すいちばん下の部分には
    「出橋交差点」と小さく明記されています。
    この看板以外に交差点名を示すものは一切ありませんが、
    京都国道事務所が設置したものということなので、
    この交差点名は出橋交差点ということで問題ないでしょう。
  • [769] mixiユーザー

    2019年03月07日 01:00

    中島秋ノ山町・出橋交差点

    出橋交差点では、新城南宮道との交差があります。
    また下り北側からは、竹田駅前に直結している府道68号南インター竹田線も入線しています。
    出橋交差点は渡ってもなお、中島秋ノ山町の区間はまだ続きます。

    中:交差点を渡り、新城南宮道の北側へ移動します。
  • [770] mixiユーザー

    2019年03月07日 15:00

    中島秋ノ山町 11:35ごろ

    ここから伏見区を抜けるまでの間は、
    上り・下りのいずれか片側の歩道がない区間が目立ちます。
    これより、先ほど見た看板で示されたルートに従い、途中から横断歩道橋を使って
    下り側へ移動し、上り側に歩道が出るまで下り側を移動することになります。

    右:右手前方には、名神高速道路の「京都南インター」が見えてきました。
    久御山町からたびたび案内されていた同インターですが、
    歩き旅ではここまで長い道のりでした。
  • [771] mixiユーザー

    2019年03月08日 12:00

    中島秋ノ山町

    左:502.6km地点を通過
    最近になって整備されたのか、防護柵がむき出しの鉄でなく
    黒塗りに加工されたものになっています。

    右:下り側、伏見稲荷大社の案内。
    上りの案内では「4km」と具体的な距離が記されていましたが、
    下りでは神社までの距離は示されておりません。
  • [772] mixiユーザー

    2019年03月09日 01:00

    中島秋ノ山町

    下り線側を撮影、出橋交差点の案内です。
    こちらについては、上り側の案内と特に大きな違いはなさそうです。

    右折先は進入禁止ではありませんが、名神高速出口からの合流直後ということもあり
    無理に右折しようとすると車両同士の接触を招いて危険なので
    左折と直進のみ可としているのでしょう。

    ここで中島秋ノ山町の区間は一旦終了し、
    下りでは出橋交差点から始まっている竹田西小屋ノ内町に入ります。
  • [773] mixiユーザー

    2019年03月09日 14:00

    竹田西小屋ノ内町

    国道1号上りは一時、中島地区から出て
    東側から延びている竹田西小屋ノ内町に入ります。

    竹田西小屋ノ内町は、北は京都南インターから
    南は新城南宮道までの比較的広い範囲を占めているのですが、
    その西端に当たる国道1号歩道上の区間は非常に短く、
    ここから目前のガード手前までのわずか20mしかありません。

    右:502.5km地点は、名神高速のガード手前にありました。
    交通量が多いので、ここでは下りの地点標を撮影しておきます。
  • [774] mixiユーザー

    2019年03月10日 08:00

    竹田西小屋ノ内町 11:40ごろ

    まもなく国道1号上りは、名神高速道路「京都南インター」の入口に差し掛かります。
    名神高速の栗東〜尼崎間に当たるこの区間は、1963年
    日本初の都市間高速道路として開通した区間だそうです。
    名神高速へのゲートは下り側にあるため、上りからの車両は
    反時計回りで大きく旋回しながら料金所へと向かいます。

    左中:入口の直前では、これから名神高速を利用する方へ向けての案内がありました。
    工事関連と渋滞情報の案内です。
    国道1号は、亀山や四日市の方へもいずれ通るようなので、
    そこで再び名神高速との交差があるかもしれません。
  • [775] mixiユーザー

    2019年03月11日 00:00

    中島秋ノ山町

    国道1号上りは、名神高速道路のガード下をくぐったところで再び中島秋ノ山町に戻ります。
    ガードは2つあり、手前のこの高架上には京都南インター入口から料金所へつなぐ道が通ります。
    ガード下をくぐると、名神高速の京都南インター上りが見えてきました。

    左:上りの歩道は防護柵に遮られて途切れるため、「横断歩道橋をご利用下さい」との案内が。

    中:インターの入口前には、自転車や車椅子などの通行者に配慮されたスロープもある
    大掛かりな横断歩道橋が設置されています。
    スロープは長いので渡るのには少し時間がかかりますが、
    バリアフリーなのでこれなら誰もが安心して渡れますね。

    右:上り歩道の途絶えた地点
    京都市内に入ってからは、初めて上り歩道が途切れるポイントになります。
    以前はここに防護柵はなく、インター前を強引に通って
    先に見える歩道橋まで進むことができたらしいのですが、
    横断歩道橋の設置に伴い、通行を禁じるようになりました。
  • [777] mixiユーザー

    2019年03月11日 12:00

    中島秋ノ山町

    ここからは京都南インターの車道を回避しつつ
    国道1号をまたいで下り側へと移動するため、「伏見横断歩道橋」を渡っていきます。

    左:名神高速京都南インターの案内標識
    向こう側には、滋賀方から名神高速を出て上りに合流する出口の車道も見えます。

    中:まずは階段をのぼり、京都南インター上りを上から撮影。
    右からの道が入口、左へ抜ける道が出口です。

    右:視線を上に向けると、京都南インターの料金所(滋賀方)が見渡せます。
  • [778] mixiユーザー

    2019年03月12日 00:00

    中島秋ノ山町・伏見横断歩道橋

    伏見横断歩道橋は、京都南インターに遮られた
    上下歩道それぞれの通行可能区間を一本につなぐことで、
    歩行者や自転車が安全に通行できるようにした横断歩道橋です。
    汚れがほとんど見られないので、通った際はかなり新しい歩道橋だと思いましたが
    調べたところ、2011年に完成したもののようです。

    左:下り線の方をよく見ると、502.4kmの地点標を発見しました。
    上り側にも地点標はありますが、ここからでは見えない位置にあるようです。

    中:歩道橋の周りには、国道1号と京都南I.C.料金所とをつなぐ道路が旋回しており
    先ほどくぐったガード([774]右写真)の上につながります。

    右:国道1号上を跨いでいきます。
  • [779] mixiユーザー

    2019年03月12日 12:00

    中島秋ノ山町・伏見横断歩道橋 11:45ごろ

    左:向こうには古くなった歩道橋と、さらに奥には名神高速の本線が見えます。

    中:下り側には京都南インターの料金所がある関係で
    上り側ほど余裕ある空間ではありませんが、同様に階段+スロープで構成されております。
    これだけ規模の大きい横断歩道橋なので、総工費は相当かかっているでしょうね。

    右:歩道橋上に、塗装工事に関する詳細を見つけました。
    塗装は、2010年10月に行われたようです。
    歩道橋の完成は翌年2月だったようですが、
    2010年の時点ですでに完成間近という状況だったのでしょうね。
  • [780] mixiユーザー

    2019年03月13日 00:00

    中島秋ノ山町・伏見横断歩道橋

    左:京都南インターと国道1号下りとの連絡道路のようす
    手前の道は、国道1号からインターに入ってきた道路。
    奥の道は、インター出口から国道1号へと出る道路です。

    中:インター出口、一般道との接続案内。
    大阪方面へ向かうなら左の道を、さらに第二京阪に向かうなら出橋交差点で左折を。
    京阪国道口や京都駅方面へ向かうなら直進して国道1号上を通り上り側へ、という案内です。

    右:京都南インター、料金所のようす。
    京都南インターには通し番号「33」が振られていますが、よく見ると「33-2」と書かれており
    このインターの料金所はここ以外にもあることが分かります。
  • [781] mixiユーザー

    2019年03月13日 13:00

    中島秋ノ山町・伏見横断歩道橋 11:50ごろ

    歩道橋上からの景色をおおよそ堪能したところで
    伏見横断歩道橋を降り、国道1号下り側の歩道へ出たいと思います。

    左:京都南インターの名古屋方面へ向かう側には出口が2か所あり、
    手前の第1出口は国道1号上りに直通し、
    奥の第2出口は国道1号下りや第二京阪に行きやすいです。
    第2出口が「33-2」となっているので、どうやら第1出口側が「33-1」のようですね。

    中右:上り側では階段で歩道橋にのぼったので、下り側ではスロープで降りました。
  • [782] mixiユーザー

    2019年03月14日 01:00

    中島秋ノ山町・伏見横断歩道橋

    スロープからは、歩道橋や京都南インター下りがちょうど良い位置で見渡せます。
    下り側も上り側と同様、このインターの出入口に遮られて
    先の歩道を失っており、横断歩道橋の利用を強いられます。

    右:入口では、ETC関連や高速道路を利用可能な車種の条件などを案内しています。
  • [783] mixiユーザー

    2019年03月14日 13:00

    中島秋ノ山町

    伏見横断歩道橋を渡り、下り側に出てきました。
    ここで中島秋ノ山町の区間が終了し、ここから先は下り側の竹田田中殿町に入ります。

    左:スロープは、階段の3倍の距離をかけてなだらかな傾斜で下に降りていきます。
    徒歩で昇り降りするのは大変ですが、段差があると危険な自転車や車椅子の方には安全です。
  • [785] mixiユーザー

    2019年03月15日 02:00

    竹田田中殿町

    国道1号は伏見横断歩道橋から北、
    上り側は上鳥羽地区に入り、上鳥羽火打形町の南端に、
    下り側は竹田地区に入り、竹田田中殿町の西端にそれぞれ入っています。
    ここから伏見区を抜けるまでは、上り側の歩道がつながらないため
    下り側の歩道を進んでいきます。

    左中:目の前には、伏見横断歩道橋からも見えた名神高速道路の高架と、古びた歩道橋が。
    以前は国道1号の上下間の歩道をつなぐために機能していたと思われる
    こちらの「京都南歩道橋」は、伏見横断歩道橋の新設により通行ルートから外れました。
    その名残で、歩道橋を渡った先には上りの歩道が残っていますが
    京都南インターに前後で進路を断たれているため、
    歩道橋で上り側へ渡っても結局は下り側へ戻ることになります。

    右:下り側を進み、名神高速のガード下をくぐっていきます。
    この地点の上り側には502.4kmの地点標が見られるのですが
    気づいてなかったのかスルーしております(苦笑)。
  • [787] mixiユーザー

    2019年03月16日 12:00

    竹田田中殿町 11:55ごろ

    左:名神高速のガード下をくぐった先には、京都南インターの入口案内が見られました。

    中:上り側では、京都南インター「33-1」の出口が見えてきました。
    こちら側には入口がないみたいで、出口専用のようです。
    入る側は皆、33-2の方から入るみたいですね。

    右:よく見ると、502.3kmの地点標が見えました。
    上り側では、ここまでは先ほどの京都南歩道橋から歩道がのびているようです。
  • [788] mixiユーザー

    2019年03月16日 22:00

    竹田青池町

    下り側では竹田田中殿町の区間が終了し、
    京都市伏見区では最後に通過する街区となる竹田青池町へと入っています。

    中:名神高速下を通過した国道1号は、まもなく鴨川に差し掛かります。

    右:上りではごらんの通り京都南インターの出口があるため、歩道が途切れています。
  • [789] mixiユーザー

    2019年03月17日 11:00

    竹田青池町

    鴨川に架かる鳥羽大橋の前までやってきました。
    鳥羽大橋では2017年現在、下り側にのみ歩道を通しています。

    左中:とても立派な親柱が目立ちます。
    親柱に刻まれる橋名板は、南側・大阪方では
    上りに橋名(鳥羽大橋)、下りに橋の下を流れる川の名(鴨川)が、
    いずれも漢字で記されています。

    右:歩行者用の橋が見えてきました。
  • [790] mixiユーザー

    2019年03月18日 00:00

    竹田青池町

    鴨川を渡る歩行者用の橋は、
    車道の橋から数m離れたところに別途設けてあります。
    こちらは厳密に言うと「鳥羽大橋」ではなく、「鳥羽側道橋」の名がついています。
    鴨川を渡ると、いよいよ宇治川の南から続いてきた伏見区を抜けることになります。

    左:鳥羽側道橋は2014年に新設されたそうで、ごらんの通り自転車も通行可能です。
    かつて鳥羽大橋は歩車道が同じ橋を共用しており、上下側それぞれに歩道があったようですが
    京都南I.C.周辺から鳥羽大橋にかけて歩道整備の大規模な工事が行われた際、
    下り側の脇に歩行者・自転車用の専用橋を独立させたため、
    現在元々の橋本体は車道専用になっています。

    中:鴨川は、桂川へと注ぐ淀川水系の一級河川です。
  • [791] mixiユーザー

    2019年03月18日 13:00

    竹田青池町・鳥羽側道橋(鳥羽大橋)

    ということで鳥羽側道橋を渡り、鳥羽大橋を東側から眺めていきます。
    この光景を車両から見るのは無理ですね。
    この旅のメリットが出てきました。

    中:橋の下には鴨川の手前に1本道路が通っていて、
    桁下2.9m高さ制限が設けられています。
    高さオーバーで大橋に接触しようものなら
    大事故につながりかねませんから、重要な情報ですね。

    右:さらに進むと、鴨川が見えてきました。
    これを越えると、京都市は伏見区から南区へと変わります。
  • [792] mixiユーザー

    2019年03月19日 03:00

    竹田青池町・鳥羽側道橋(鳥羽大橋) 12:00ごろ

    鴨川を渡る途中、伏見区と南区の境界で正午を回りました。
    4日目の旅は午後に入り、京都駅へと北上する後半の道のりがこれより続いていきます。

    鴨川の起点は、京都市北区とされています。
    鞍馬川や高野川と合流後、出町柳から七条にかけては京阪本線と並ぶように南へと流れ
    (と言うか京阪が鴨川沿いに線を敷いたのですが)東福寺付近からは進路が南西へと変わり、
    ここ鳥羽大橋下を経由し、西高瀬川と合流後、桂川へと注ぎ、淀川へと続いていきます。

    鴨川の名称は、1964年公布の河川法により、起点から
    桂川へ出るまでの全ての場所において「鴨川」とされていますが、
    高野川と合流する前の出町柳以北の川は「賀茂川」または「加茂川」と称されており、
    これらも総称して鴨川としているようです。
  • [793] mixiユーザー

    2019年03月19日 18:00

    [京都市伏見区→南区]鳥羽側道橋(鳥羽大橋) 復路4日目/2017.4.23(日) 正午すぎ

    鳥羽側道橋を渡り、鴨川の北側である京都市南区に入りました。

    この旅では、鴨川がもう一度国道1号の下を流れますので、
    後日その様子をまたお伝えできればと思います。

    中:橋の下には、河川改修工事が行われていました。
    工期はおととし7月までとなっているので、現在この工事は終了しています。

    右:なお、ここからは上り側に歩道が復活しているため、
    脇にある階段から橋の下を通って上り側へ出ることができます。
    大橋脇の階段を降りて橋の下の鴨川沿いの道を経由すれば上り歩道に出られますが、
    この日は、橋下の道の存在に気づいておらず、
    下り歩道を進んで次の信号交差点を渡って引き返したため、
    時間を要した上、橋の下の撮影もなくてすみません。
    これが予備知識のない初見の怖いところですね。
  • [794] mixiユーザー

    2019年03月20日 06:00

    12:05ごろ 下り側にて撮影

    鳥羽大橋の下を経由せずに国道1号上から上り側に戻った関係で、
    次の信号までは引き続き下り側を歩いています。

    左:上り側502.1kmの地点標を確認

    中:「マクドナルド」1号線上鳥羽店
    ドライブスルーあり、24時間営業の店舗です。

    右:下り側の502kmキロポスト
mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!
  • 2020年12月31日 (木) 実施区間により異なります(全50区間を予定)
  • 東京都 大阪→東京間(同行者募集は神奈川県内以降で予定)
  • 2020年12月31日 (木) 締切
  • イベントに参加する
  • 気になる!
参加者
1人
気になる!してる人
1人
mixiチケット決済