mixiユーザー(id:65930068)

2022年07月01日07:22

99 view

ネバー岐阜" アップ市民目線でつづる人吉球磨旅記

温泉では脱衣場で、やはり聞かれました

どっから来たんですか?

これねー
同じ質問でも、登山では意味が異なるんですよ(^^ゞ

というのは、登山道での「どっから来たんですか?」っていうのは、たいてい、「山道限定」

相手は、自分が歩いてきた道と同じと知ると、「そうですか。じゃあ私と同じですね!あそこの沢、橋が壊れてて大変でしたよね」とか「あそこの急登、長いですよねぇ。大変でしたよ」って語ったり

相手が自分のこれから行く予定のコースを歩いてきたって聞けば、「私、これからそっちに下るんですが、あのガレ場、崩れたって聞いたんで不安なんですがどうでした?」とか「登山口の温泉、やってました?」とか、いわゆる「情報交換」が目的だったりするんです

だから
どっから来たんですか?

はい。私は岐阜県から来ました!って答えると相手は苦笑いします(^^;)


下界を歩く旅先での「どっから来たんですか?」は、自分の住んでる場所でOK

脱衣場で「岐阜県から来ました!」ってお伝えしましたら、次々に脱衣場にいらっしゃった地元の方に「この人、岐阜県からいらっしゃったんですよ!!」って「紹介」していただいて(^^ゞ

「どっから来なったと?」は歓迎の意

そんな風に、先日、多良木駅で手にした人吉球磨のフリーペーパーに書いてあって(*^^*)

フォト

「そこに歓迎してくれる人がいる」

だから旅って、生きる力に変えていけるんだね

人生も全く同じ

必要ない人とか、誰も待ってない人なんて、ぜったいいない!

だから、今日を丁寧に生きようね
出会った人を大切にして
目の前の人を大切にして

今月もよろしくお願いします!(^^)/
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する