mixiユーザー(id:23862502)

2022年06月25日20:04

41 view

可能性は無限

パラレルワールドって知ってる?
直訳すると並行世界。

今、私がいる世界と並んで存在している世界のこと。

今、あなたが何かを選択する、すると、選択しなかった世界からは分かれて、新たな世界に移る。

今、いるところから似ているほど近い。

たとえば、今、私は目の前にあるリンゴを食べるという選択と、億万長者になるという現実。

どちらもあるにはあるんだけど、距離が違う。

リンゴを食べる方が近いというのはわかるよね。

もっと近いのもあるよ、逆にもっと遠いのもある。

ちょっと待って、リンゴを食べるのは簡単だけど、億万長者になるのは難しいよ、そう思われる方もいるでしょう。

だから、距離が違うんです。

正確にいえば、時間かな。これが違う。

そもそも、時間なんてものは、この3次元世界にだけ存在するもの。

人生って選択の連続。

もし、あのとき違う選択をしていたら、などと考えたことはありませんか?

パラレルワールドは無限ですから、全部あるんです、あなたが違う選択をしていた世界も。

時間は、過去、現在、未来。縦軸だと思ってください。

そして横軸には、今、この瞬間にあなたが選択できる無限の選択肢があります。

あなたは間違いなく、瞬間毎に選択をしています。

何もしないのも選択の一つです。

あなたが何か意思を持った時点で選択肢は決まってきます。

たとえば、さきほどの例で、億万長者になると決めれば、自分は何をしなければいけないか、必ず何かを選択します。

時間というのは、ダラダラと一方向に流れているように見えますが、実際はそんなことはなくて、1枚1枚の絵が連続してコマ送りになっているものなんです。

ですから、あなたがこうしたい、思った瞬間に、別のパラレルワールドの絵に移り、また選択してさらに次の新たなパラレルワールドに移り、というのを繰り返しているのです。

そして、ついに夢が現実となる日が訪れるのです。

夢を叶えるのにタイムラグがあるのはそのためです。

今の時点から、遠ければ遠いほど、タイムラグはかかります。

億万長者になるよりも、千円を手に入れるほうが、近いですから、早く辿り着きます。

でも、億万長者になったあなたも存在しているんですよ。
ただ、ゴールが遠すぎて、どうしたらいいのかわからないだけです。

そういうときは、一歩ずつ進むことです。

パラレルワールドをピョンピョンと飛び移っていけばいいんです。

この瞬間、無限にある選択肢の中から何を選ぶか、あなたの自由です。

何もやらないという選択をすれば、ただ惰性で流れていくだけです。

何か目的を持った瞬間、自分が一番いいと思った選択をしていけばいいのです。

簡単でしょ?それだけで夢が叶うんですよ。

だって、パラレルワールドは無限にあるんですから。

もう、あなたはすでに選択してますよ、私のこの日記を読むという選択を。

すべて理解をするのは難しいかもしれませんが、おおよそ、こんな感じかなぁと思っていただけたら嬉しいです。

私も今日仕入れたばかりなので、上手く説明できてないかもしれません。

私も、この情報を皆さんとシェアするという選択をしました。

正直、今の私は惰性で生きてる感じがするのですが、これからは選択することを意識していけたらなと思いました。

ありがとうございました。
5 5

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する