mixiユーザー(id:25251822)

2021年11月29日20:22

42 view

小説「無間人形 新宿鮫検彗臑在昌

フォト


あらすじ
新宿の若者たちの間で、舐めるだけで聞く新型覚せい剤「アイスキャンディ」が流行り出した。
薬(シャブ)を激しく憎む新宿署刑事・鮫島は、執拗に密売ルートを追う。
財閥・香川家の昇・進兄弟の野望、(シャブ)の独占を狙う藤野組・角の策略、麻薬取締官の露骨な妨害、そして、恋人・晶は昇の手に・・・・。


シリーズ4作目!
今作はシャブ等の違法薬物が要である。
シャブは一時的に気分に高揚感をもたらすが、効き目が切れると地獄一直線に陥る。
気軽に購入できるが、肉体的にも精神的にもボロボロになるだけで、何一つ良いことなんかない。
その恐怖感が直に伝わるほどで、綿密に資料等を眺めながら書いたに違いない。

よく芸能人が違法薬物で逮捕され釈放され、芸能界に舞い戻るけれど、処分が甘すぎるんだよなぁ〜。
芸能人が違法薬物に手を出したら、その手の施設で一生働かせるようにすればいいのに、とさえ思う。


恐怖 ☆☆☆☆☆
晶の危機 ☆☆☆☆☆
ハードボイルド ☆☆☆☆☆
おすすめ ☆☆☆☆☆
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する