mixiユーザー(id:30866146)

2021年11月29日18:22

100 view

2021年 秋アニメ 14 他、映画の感想

・暗殺貴族 8話
マーハとは暫くお別れしてルーグはトウアハーデ領へ。
この回はBパートの親子の会話がとても良かったです。
ルーグのお父さんが息子の未来を案じ、暗殺者ではない人生の選択を掲示するところがめちゃ愛情いっぱいで胸がキュンキュンしました。
それに真正面から真摯に答えるルーグも良き!
ディアに惚れていると告げられたお父さんの笑いが話を和ませ、見ているこっちもニコニコになったのだわ★
地味なシーンかもしれないけれど、相手を思いやる気持ちをアニメに上手く落とし込んでいて凄く楽しめました。

・マブラヴ 8話
軍事クーデターの様子を丁寧に描いてはいたけど特に感想らしい感想は…w
政府が国民に寄り添ってるか否かの話は現実でも絶えない話題なので、アニメとはいえ見ていると心苦しくなりますね。

・最果てのパラディン 総集編
期待してたのにどちて…(咽び泣き

・さよならの朝に約束の花をかざろう
BS12で放送。一ヶ月前からワクワクしてたのでリアルタイムで見たのです。
何回か主題歌のウィアートル凄く良いって感想書いてたアニメですね。
個人的にはPAアニメの中で最も綺麗な作品だと思います。
大切な人との別れを悲しみだけでなく、温かい思い出としてそっと…胸に抱いて前に進んでいく物語かなって。
出会いと別れ、生と死を分かりやすく描いていたり、親が子を想うように子もまた親を想う。
人が生きていく上で最も大切なことを優しく描いていてまじまじと見てしまいました。
今回脚本だけでなく監督も務めた岡田麿里さんは巷では賛否両論ぽい方ですけど、うちは凄く好きだったりしますw
綺麗な言葉だけを立て並べるのではなく、人が持つ負の感情もしっかり描こうとするから。
少し視点は違うけど、虚淵さんに近いものを感じますね。
0 4

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する