mixiユーザー(id:10719871)

2021年11月25日00:45

56 view

ウルトラヴォックス!

中三の時、ウルトラヴォックスにハマったのが、自分にとって最初のロック体験。
とはいえ、当初はロックとして聴いてなくて、エレクトロ・ポップとしか思っていなかった。
ミッジ・ユーロがヴォーカル&ギターを務めた第2期ウルトラヴォックスは、そういう音だったのだ。
のぼって第1期ウルトラヴォックスを聴き、ようやくロック・カタルシスを体験したという次第。

ジョン・フォックスがヴォーカルとメイン・ソングライターを務めた第1期ウルトラヴォックスは、パンクとニューウェーヴの両方の要素をもった独自のロックを打ち立てた。
1976年にデビューし、1979年にジョン・フォックスがバンドを脱退するまでに3枚のアルバムを発表。


まさにデビュー・アルバムらしいというか、全体的にすごく荒削りな仕上がりで、曲調もバラバラ、アルバムとしての統一感はあまりない。
けれども、そこに漲る実験性、革新性は、今なお風化しない音楽的可能性を強烈に印象づける。
それでいて、メロディーはすごくポップでキャッチー。
つまりは、最高のロックであるということです。

ちなみにプロデューサーは、ブライアン・イーノ。

では、捨て曲なしのアルバムから、厳選の3曲を紹介。

「ワイド・ボーイズ」
「デンジャラス・リズム」
「ザ・ワイルド、ザ・ビューティフル&ザ。ファムド」

特に3曲目の「ザ・ワイルド〜」は、バイオリンがロックサウンドに見事に溶け込んだ、ウルトラヴォックスの代表的名曲。





2 8

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する