mixiユーザー(id:4186871)

2018年02月12日00:41

2206 view

カセットデッキ TC-K555ESG修理

久しぶりにカセットテープを録音しようとして、カセットデッキを引っ張りだした。

デッキがたくさんあるのでどれにしようと思ったが、安心と信頼のSONY製品、TC-K555ESGを選んだ。

しかし、動作確認したら動かないw。

まあ、20年以上たった機械なので仕方ないか。症状はプレイボタンを押しても再生せず。

どうやらメカの駆動ベルトが伸びてしまったようだ。


早速分解修理。

メカの取り外しは上から二本、下から二本合計四本のネジで固定されているだけなので簡単だった。

メカ駆動ベルトの交換は、キャプスタン軸のDDモーターを抜き取り、メカ駆動のメカニズムが固定されているビスを取り外す。

カセット押さえのネジを取り外し上側の金具を取り外す。
カセット後面のパネルを取り外す。

キャプスタン軸のダイキャストフレームを固定しているビスを緩めてメカ駆動モーターの軸とプーリーの隙間を広げると微妙な隙間ができてかろうじてベルト交換ができる。

ベルトが嵌めにくいがなんとかがんばる。

交換用のベルトはバンコードで自作した。


というわけで、結構苦戦したがなんとか修理完了。

無事音が出るようになった。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する