mixiユーザー(id:4186871)

2017年12月09日20:04

449 view

住宅リフォーム 2

外壁塗装とシール交換を業者に依頼した。

足場を組んで
シール交換
高圧洗浄
塗装

という手順で、3週間ほどかかった。

シーリング材はもともと変性シリコーンと思われるものだが、数年でひび割れ、劣化してしまうようなもので、劣化が気になっていたが放置していた。

塗装面はまあまあ丈夫で18年たっているわりには綺麗な外観を保っているが、直射日光が良くあたる部分はチョーキングがはげしい。

今回のシーリング材はオートンイクシードという高耐久材料を使用してもらった。
30年持つというふれこみだ。
http://autochem.co.jp/jp/%E5%95%86%E5%93%81/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%9D%90/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%89.html

塗装はクリア塗装とした。表面の多少の変色、劣化が気になったのだが、剥がれはほとんど見られないのでなんとかなるか。
塗料はキクスイ化学工業のSPパワーフッ素クリヤーというフッ素塗料を使ってもらった。
15年から20年持つという高耐久塗装だ。今どき水性塗料じゃない二液配合の本格派。
http://www.kikusui-chem.co.jp/products/detail/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A4%20%EF%BC%B3%EF%BC%B0%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%83%E7%B4%A0%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC

まあ、どちらの素材もそれほど昔からあるわけでもなく。あくまでも加速試験の結果だろうが、従来の素材よりは長持ちしそうな雰囲気ではある。

クリアー塗装を選んだのはプライマーが不要で二回塗りで済むし、塗料の食い付きがよく、紫外線カット能力が高く経年劣化が少ない、下地処理の手抜きができない、と思ったからだ。

というわけで昨日塗り終わった。心配していた色あせは目立たず、とても綺麗になった。

クリアー塗装の威力はスゴイ。新築のときより綺麗な気がする。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する