mixiユーザー(id:10857363)

2017年01月16日23:02

799 view

「カピタン」研究(68)

#135 浦壁和彦 225号[74-10]
フォト
ばか詰 55手


66桂、65玉、54桂、同玉、46桂、45玉、54桂!、47桂、同香、54玉、
66桂、65玉、74桂、67桂、同香、74玉、86桂、85玉、94桂、87桂、
同香、94玉、86桂、85玉、74桂、86桂、同香、74玉、66桂、65玉、
54桂、66桂、同香、54玉、46桂、45玉、34桂、46桂、同香、34玉、
26桂、25玉、14桂、26桂、同香、同玉、38桂、37玉、49桂、36玉、
48桂、25玉、37桂、34玉、26桂迄55手。

担当者―7手目54桂と左に跳ねるのか34桂と右に跳ねるかが岐れ目。同じようだが右へ跳ねては駄目。趣向としてはもう一息何かを望みたいが、謎解きとしてはイイ線を行っている様だ。
田中三五郎―最初左に追うのがミソ。右へ追うと持駒桂3にならない。
八尋無段―どう考えても持駒が一枚不足します。助けてくれ〜。

・フェアリー界の大スター、浦壁氏のデビュー作でした。配置がちょっと重い感じがします。#134とは双生児のよう。趣向味で#134、パズル性で#135というところでしょうか。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する