mixiユーザー(id:10857363)

2017年01月12日22:53

629 view

温故知新(522号)

 調べてみたら、最後に温故知新を書いたのは去年の6月25日。約半年ぶりの再開となるが、気分次第でまたすぐに中断するかもしれないので、余り期待しないで下さいな(笑)。

 さて、今日読んでいるのは詰パラ522号(平成11年9月号)。学校で目についた作品を2題紹介しよう。

溝口 博
フォト
(詰パラ 平成11年9月号、半期賞)

16馬、同銀、14角成、同玉、25金、同銀、13龍迄7手詰。

 初手から14角成は34玉で逃れ。まるで玉の遁走を手助けするような16馬!が意表を突く妙手だ。11龍は何とかしたいところだが、初手から45角成の強烈な紛れがあっては致し方ないところか。

市島啓樹
フォト
(詰パラ 平成11年9月号)

33角、イ25玉、29香、ロ26馬、15角成、同香、14銀、34玉、35歩、同馬、
23銀、33玉、34歩、同馬、同銀、同玉、25角、33玉、43角成、同銀、
23と、34玉、24と迄23手詰。

イ同馬は17香以下。
ロ26香は36銀、16玉、27銀以下。

 序における限定遠打と移動捨合を絡めた応酬は、この作者らしく密度の高い攻防。その後は軽く流した感じだが、大駒捨てで収束を手堅くまとめたのは流石だ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを確認・投稿する