mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ハルシステム

ハルシステム

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2018年7月30日 03:32更新

ハルシステムとは相沢晴彦の提唱・開発した文章の形式。
一言で言えば、シナリオと小説の融合体。
世界の主流は横書き。パソコンでもスマホでも。
もう縦書きのシナリオで読む時代は終わり、そこはシナリオみたいなちょっと不思議は世界。
このシステムを使えば、分厚い本を読まなくても、つまらないシナリオを読まなくても済む。また、何人いても会話が成り立つ。3名でも7名でも10名でもで成り立ち。今までとは違ったシナリオ形式でもある。それだけじゃないがメリットのふたつを例示します。簡単なもので恐縮ですが、

ゆき「今日は天気がいいにゃん」
りょう「ああ、そうだな」
そこへ咲がやってきた
咲「歩くと速いね。ふたりとも」
りょう「夏どこ行きたい?」
「山」
「海」

ここでは海と山と言ったのが誰だかか分からない。分かりますか? 分かるわけないんです。記述されてiないから。わざわざ地の文を書かないと(説明しないと)いけませんよね。
咲「山」
りょう「海」
これで無駄な(?)一行減らせます。

次に、

子供がとうりゃんせで遊んでる。
「だーれだ」和美
鬼を役をした美貴「分かんない」
「だれーだ」真由美
美貴「真紀」
「ぶっぶっー」真紀
「だーれだ」和美
「分かった! 美貴」
「ピンポーン」和美と真紀

と言うようにセリフが誰が言ったか分からないようにやや焦らしていく事が出来ます。工夫次第でもっとじらせます。 焦らしのテクニックは「進化するハルシステム2」を後で読んでみてください。

 もうハルシステムは開発されてはいるが、さらにより馴染みやすくなるよう『相沢りょうと夏のゆき1』でひとまず完成しています。

 「みくしぃ物語り」URLを書いておきます。初めて書いたシステムです。ガチガチですね。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1954124949&owner_id=6242362

完成品「相沢りょうと夏のゆき」
https://www.amazon.co.jp/dp/B07CT6NXW7

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2016年7月19日

1100日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!